自殺

先月の話です。

研修先の東京へ向かうため、
朝の4時半に家を出てJR奈良駅へ向いました。

駅員さんに、
事前に旅行代理店で買っておいた
京都からの新幹線の切符を見せ、

「どこまで買えばいいですか?」と尋ねると、
「京都市内から使えますので、桃山駅まででいいですよ」との答え。


 「ラッキー!

  京都駅までは710円で、
  桃山駅までは580円。

  ちょっと得したなぁ」


少し浮かれながら券売機で切符を買い、
切符を入れて改札を通過したところで、
なんとも言えない違和感。


 「あれ?

  新幹線の切符が!

  ない!!」

 

消えたい 虐待された人の生き方から知る心の幸せ



『消えたい 虐待された人の生き方から知る心の幸せ』 高橋和巳 著


以前にこの日記で紹介した、
子は親を救うために「心の病」なる』の高橋和巳さんの本です。


虐待を受けて育った人が、
この世界をどの様に見て、
どう生きているのか。


前著同様、
この本もとても良い本でした。


興味がある方は手に取ってみてください。

 

真実 新聞が警察に跪いた日



『真実 新聞が警察に跪いた日』 高田昌幸 著


行きつけの喫茶店で、
よく読むのがサンデー毎日。

いつも目を通すいくつかの連載の一つ、
青木理さんの『抵抗の拠点から』で、
この本が紹介されていました。

この手の本は滅多に読むことがない私ですが、
青木さんの紹介が興味深かったので読んでみることにしました。


本の内容は、
​北海道警察の裏金疑惑を
約1年半かけて追求し続けた北海道新聞と、
組織的な裏金づくりが露呈した北海道警察との対立の記録。

しかも著者は、バリバリの当事者。

裏金の取材当時は取材班の代表で、
その後の対立でも渦中にいた人です。


タイトルや内容からすると、
かなり読みにくそうな印象を受けますよね。

私も正直「どうかなぁ」という懸念がありましたが、
実際に読んでみると、
ページをめくる手を止めたくないぐらいに引き込まれました。


著者の文章力の成せる技です。


ノンフィクションだということを忘れるぐらい、
まるで良く出来た小説を読む様に、
一気に読み進められました。

「これが現実か?」というぐらい
本当にえげつない話です。



作中、ある報道マンが著者に語った言葉が印象的でした。


 組織だもの、そりゃ、いろんなことはある。
 悪党もいりゃ、いいやつもいる。
 無駄メシばっかり食うやつもいる。

 騙し騙され、でな。

 おれなんか、そんな世界いっぱい見てきたからな。
 でもさ、大事なことはあきらめないこと、
 それと仲間を増やすこと。

 多勢に無勢では、いくら正しいことであっても通らんぞ。

 逆に言えば、多数が味方になっていれば
 組織的な悪事は簡単、ってことだな。

 ただし、正論が通らん組織は、
 しょせん組織ごっこみたいなもんだ。

 組織が大事なのではなくて、
 組織として何をやるか、
 社会の役に立つように何をやるか、だ。

 組織ごっこしかできない組織は、
 まあ、自分たちはそれでいいわな。

 でも、社会にとっては不幸なことだな。




斉藤和義さんの名曲
『空に星が綺麗』の歌詞を思い出しました。


 口笛吹いて歩こう 肩落としてる友よ
 誰も悪くはないさ きっとそういうもんさ
 口笛吹いて歩こう 空には星が綺麗




組織に染まり過ぎると、
その中にいる自分が一体何をしているのかが見えなくなってしまう。

そして、組織がどこを向いて進んでいるのかも。


そんなことも思いました。


興味を持たれた方は、
手に取ってみてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    6月の整体体操の日程は、こちらをご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

レヴォリューション No.3



『レヴォリューション No.3』 金城一紀 著


金城一紀さん作の痛快青春小説。


漫画を読む様に、
何度も読み返しました。


スカッとしたい方はどうぞ。

 

子は親を救うために「心の病」になる



『子は親を救うために「心の病」になる』 高橋和巳 著


【目次】
第一章 息子は親を救うために引きこもった
1  学童期は親の生き方をまるごと取り入れる
2  反抗期の激しさは、親が教えた「心の矛盾」に比例する
3 「ママの苦しみをとるために僕は不登校になった」
4  親の老後が心配なので、僕は三二歳で引きこもった

第二章 娘の摂食障害が、母親の人生を回復させた
1  拒食症は「我慢が第一」という生き方の結果
2  互いの我慢がとれて、母と娘の人生が回復する

第三章 虐待されて育った子は「善と悪が逆」になっている
1  虐待を受けて育った母が、子供を追いつめる
2  虐待が止まらないのは心理システムが逆転しているから

第四章 親とのつながりを持てなかった子の不思議な訴え
1  親とのつながりを持てないと世界は希薄化する
2  この世での解決は、「親と出会う」前に戻ること

第五章 心の発達段階の最後、「宇宙期」とは何か
1  生きている実感がある、ない、の違い
2  成人期の先、「宇宙期」を推測する
3「この世界」から離れ、「宇宙期」へと至る心のプロセス


とてもショッキングなタイトルの本ですが、
深く心に響く良書です。

カウンセリングの現場での
クライアントとの会話を軸に構成されているので、
とても分かりやすくてサクサク読めます。

読んでいるうちに、
自分の過去を振り返ることもしばしば。


「あぁ、今の自分の心の癖は、
 子供の頃のあんな思いから来ているんだろうなぁ」


静かな気持ちで、
過去の自分と少し向き合えたような気がします。


本の中で心に残った部分が
いくつもあったのでご紹介します。

お時間がある方は続きをお読みください。
 

人体解剖マニュアル



『人体解剖マニュアル DVD 〜 一目でわかる人体の不思議』


ドイツ人解剖学者、
グンター・フォン・ハーゲンス博士による
公開解剖講義シリーズを収録したDVD。


先日、シリーズ1の4枚を購入して観ました。

本物の人体を解剖する機会は、
私たち一般人には多分ないでしょうから、
このシリーズはとても貴重な映像ですね。

特に私の様な仕事をしている人間にとっては
本当にありがたいです。


シリーズ2と3も、
いずれ購入して観てみようと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    3月の整体体操の日程は、こちらをご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

生きがいの創造


『[完全版]生きがいの創造』 飯田史彦 著


今この時代に、この国に、この環境に、
自分は何の目的があって生きているのだろう?

それを知ることが、
「生きがい」につながります。

そして、自分の人生のシナリオは、
生まれる前に自分が決めてきたことだと知れば、
身の回りに起こる波乱万丈は「苦しみ」ではなく、
魂を向上させるための「学び」に変わります。


この本は、科学者や医師の著書や論文を引用して、
死後の生命や生まれ変わりについて論理的に説明してくれます。


人生がたったの1回限りだと考えるよりも、
何回も生まれ変わるんだと知って生きる方が、
自分の世界が大きく豊かに広がりますよ。


生きる意味に疑問が湧いたら、
ぜひ読んでみてください。




おまえうまそうだな


『おまえうまそうだな』 作・絵 宮西達也


じっくり読んでも5分もあれば読み終わる、
とてもシンプルなお話です。

それでも何度も読み返してしまう。

特に最後のページで、
何とも言えず心を動かされました。


シンプルに人を感動させる絵本って、
本当に凄いなぁと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  8月の整体体操の日程は、こちらをご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「体を温める」とすべての痛みが消える


『「体を温める」とすべての痛みが消える』 坂井学 著


【目次】
第1章 痛みは湿布ではなくカイロで治す!
当院には痛み止めの薬も湿布もありません

「痛み解消」に必要なのは「体を温める」こと

使い捨てカイロが痛みの解消に著効

痛みは「かたち」の異常で起こる?

痛みは体の修復工事

湿布は体の修復工事を遅らせてしまう

「かたち」よりも痛みから自由になることが重要

温めることで修復工事のスピードを速める

簡単、安価、著効のカイロ療法

夏こそカイロを貼ろう

カイロを貼る際の注意点

ねんざやギックリ腰の「急性期の痛み」も温めてよい

頭痛やめまい、脳の活性化にも効くカイロの活用法

血液循環の「質」を高めることも非常に重要

第2章 痛みの本当の原因を求めて
血液循環の質と量を高めて細胞にエネルギーを与える

このままの整形外科では痛みは治せない?

筋力低下と痛みは関係ない

「かたち」にとらわれている現代の整形外科

痛みの本当の原因はどこにあるのか?

「痛みと漢方」外来の誕生

まったくの一人旅が始まった

痛みの本当の姿が見えかけてきた

どちらの治療法が得か損か?

第3章 痛みが二度と出ない体を作る生活習慣
「はたらき」の鍵はミトコンドリアにあった!

ミトコンドリアにダメージを与える原因と生活習慣

「かたち」の異常までもが元に戻る可能性がある

痛みが出ない体を作る生活習慣 飲食物は温かくする

40℃以下のものは口にしない

生野菜も果物も温める

体温よりも低い「常温」もだめ

痛みが出ない体を作る生活習慣「鼻呼吸」を心がける

寒冷エネルギーを口の中に入れないようにする

痛みが出ない体を作る生活習慣 骨休め」の勧め

重力エネルギーから解放される姿勢を多く取る

痛みが出ない体を作る生活習慣「あお向け」に寝る

寝ているときの姿勢は非常に重要

痛みが出ない体を作る生活習慣「両側で噛む」ようにする

全身を健康に導く「いいことずくめ」の習慣

痛みが出ない体を作る生活習慣「日光浴」をする

日光はあらゆる生命活動の根源

痛みが出ない体を作る生活習慣「暮らしの中で温める」方法

寒冷エネルギーの脅威にさらされている日本人

「冷やす」文化から「温める」文化へ

痛みを二度と起こさないために

第4章 ひざ、腰、股関節の痛みが消えた! 6人の体験談
【体験談1】

母は変形性股関節症の痛みが消えて歩けるようになり、
私も腰痛が改善 他


余計な説明は不要ですね。

目次を読めば、
おおよその内容を理解していただけると思います。

冷たい湿布より、
温かいカイロの方が気持ち良いです。


おまけに値段も安い!


是非貼ってみてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  1月の体操教室の日程は、こちらをご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

いつもありがとうございます。

  

イエスの成年時代


『霊界通信 イエスの成年時代ー神と人間のはざまで』
G・カミンズ 著 山本貞彰 訳


今年のお正月から、
『イエスの少年時代』と
『イエスの成年時代』の2冊を
3年ぶりに読み返しました。


この物語の中のイエスは、
不完全さや苦悩を持った人間です。

聖書の中のイエスの様に、
完璧な「神の子」ではありません。

人間イエスが
苦しみながらも自らの歩む道を切り開いていく姿は、
何度読み返しても清々しい感動を与えてくれます。


聖書などでイエスについての知識がある方、
シルバーバーチやホワイトイーグルが好きな方なら、
間違いなく感銘を受ける作品だと思います。

また、クリスチャンの方でも、
本当のイエスの姿を知ることによって、
もっとイエスのことを好きになると思います。


私も今まで以上にイエスのことが
大好きになりました。


このような素晴らしい作品を世に送り出してくださった、
G・カミンズさんと山本貞彰さん、
そして十字架の使者に、
心より御礼申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       1月の新月会は13日です。

  1月の体操教室の日程は、こちらをご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

いつもありがとうございます。

  

<< | 2/5PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode