違和感

 

「なとなく嫌な感じがする」

 

「うまく言えないけど、しっくりこない」

 

「気が乗らない」

 

「なんかおかしい」

 

 

こういう「違和感」って、わかりやすい心の声です。

 

 

違和感を感じたら、

無視しないでちゃんと感じ切る。

 

 

物事の見方や思考の方向が

「自分の本音」とズレているのか?

 

自分に合わないものや、

必要のないものを選ぼうとしているのか?

 

物事や相手がおかしいのか?

 

それとも、おかしな相手に

無理矢理自分を合わせようとしているのか?

 

 

 

 

ちゃんと感じ切るとその理由に辿り着けますが、

こういった「違和感」をほったらかしにすると、

物事がズレたまま進行していくこともあります。

 

 

そして、その「ズレ」にも違和感を感じているのに、

またほったらかしにしたり・・・。

 

もっともっと進行すると、我慢するのが当たり前になる。

 

 

「だって、もう今更言っても・・・」と。

 

 

「違和感」が旬を過ぎると「不快感」になり、

「怒り」にもなり「苦痛」にもなり「無力感」にもなる。

 

 

これ、食べ物がどんどん腐っていくのにも似ていますね。

 

 

違和感がまだ旬な時期に

相手にそのことを素直に表現していると、

問題にならないこともよくあります。

 

 

「あの〜、いいですか?

 

 私はそのやり方、ちょっと違和感あるんですけど・・・。

 

 あなたはどうですか?」

 

 

こんな一言で物事があっさり終わるかもしれないし、

逆にその一言で、物事が思わぬ方向へと

展開していくこともあります。

 

 

「そうでしたか。

 

 実は私も少し違和感を感じていました。

 

 別のこんな方法もあるんですが、いかがですか?」

 

 

「あ、それいいですね!

 

 じゃあ、そうしましょう!」

 

 

でも、違和感が旬を過ぎていると、

こうすんなりとはいかないこともあります。

 

例えば「違和感」を我慢しすぎて、

感情が「怒り」や「憎しみ」や「復讐心」に変わっていると、

表現の仕方にもその感情が乗ってしまいます。

 

我慢している期間が長ければ長いほど、

腹の中で腐敗した感情ごと相手にぶつけたくなる。

 

 

 

 

「ちょっといいですか?

 

 実は私・・・ずっと我慢してあなたに合わせていたんです。

 

 でも、もう限界です。

 

 それやめてもらえません!?」

 

 

「はぁ!?

 

 じゃあ私だって言わせてもらいます。

 

 あなたのこういうところがずっと嫌だったんです!」

 

 

こんな風に、元々違和感を感じていたのとは

違うところで争いがはじまってしまう。

 

この例だと「それやめてもらえません!?」という

相手への「コントロール」も入っているので、

尚更こじれていきますね。

 

夫婦や家族でありがちな構図です。

 

 

違和感が旬が過ぎた時は、

自分の中で(ホッとして気が楽になる方へ)思考を転換したり、

別の何かで気分を変えることで感情を整える。

 

相手に表現するのはその後の方がいいですね。

 

 

 

 

私たちの人生の基盤は「自由」です。

 

だから、誰かからの「コントロール」でその自由を奪われると、

人って苦しくなるんです。

 

苦しくなって、怒って、憎んで、悲しんで・・・。

 

心に元気があるうちは、

自分をコントロールする相手に嘘をついて

その場その場をしのぐようになる。

 

でも、相手の支配が更に強く長期間になると、

支配されていることにも慣れていく。

 

そうやって「違和感」という

心の声を聴く力がどんどん弱くなり、感覚が麻痺していく。

 

それがずっとずっと続くと、人はやがて「無気力」になります。

 

 

「自己否定」や「無気力」から

「喜び」や「幸せ」に戻るには時間がかかります。

 

 

これは身体も同じで、

病気が重くなってから健康を取り戻すよりも、

症状が軽いうちに生活習慣を変えて治す方が簡単で早い。

 

 

心も「違和感」が旬のうちに対処するのがいいと思います。

 

 

そのためには、違和感という心の声をちゃんと聴いてあげること。

 

 

 

 

以前の記事で紹介した「ワクワクの法則」も役に立ちます。

 

お時間がある方は読んでみてください。

 

 

ワクワクの法則、中心意識

 

 


お休みのお知らせ

 

 

本日30日(金)は、整体院の営業をお休みいたします。

 

 

 

 


シンプル

自分の心に正直に生きるようになると、

物事を選択する理由や行動する理由が

どんどんシンプルになっていきます。

 

 

「理由は?」

 

 

「やりたいから」

 

 

ただ、それだけです。

 

 

そこには「やらなきゃいけないから」という

義務も責任もありません。

 

 

そしてそういう人は、

1日のほとんどの時間を自分の心に正直に生きているから、

喜びや充実感、幸福を感じる時間も多くなる。

 

 

 

 

でも普通に生きていたら、

毎日「やらなきゃいけない」ことばかりです。

 

 

生活のために仕事してお金を稼がなきゃいけない。

 

家事も子育てもしなきゃいけない。

 

学校や塾に行って勉強もしなきゃいけない。

 

親として、家族として、大人として、子どもとして、

人として「ちゃんとしなきゃいけない」・・・。

 

 

 

 

「自分の心に正直に生きる」ために、

そういう義務や責任を放棄する必要もないし、

 

今日から全ての選択理由を

「私がやりたいから」に変える必要もありません。

 

 

「やらなきゃいけない」が多い毎日の中に、

「自分の心に正直になる」時間を

少しずつくっていけばいいだけです。

 

 

最初は日に一度でも、二日に一度でもいい。

 

「私がやりたいから」という理由で

何かをする時間をたった5分でもいいので意図的につくる。

 

 

そういう時間を作ることを習慣にすると、

心にくっついていた余計な信念がはがれて、

芯にある「本当の自分」が少しずつあらわれてきます。

 

 

やがて、自分の心の声にも敏感になります。

 

 

選択や行動をする「理由」もシンプルになっていきます。

 

 

 

 

そもそも私たちは、この物質世界に

「生まれたい!」とシンプルに思って生まれてきたんですから、

 

本当の自分に戻れば戻るほど

生き方がシンプルになっていくのは

当然のことなのかもしれません。

 

 

 

私は以前に比べると随分シンプルに生きられるようになりました。

 

 

自分が喜びを感じられる方へと。

 

 

シンプルに。

 

 

 

 


ゆるす、あきらめる

 

「ゆるす、ゆるす、ゆるす、ゆるす・・・

 

 何回も言っていたら、心が軽くなりました」

 

 

あるお客さまのお話です。

 

 

また別のお客さまはこう仰っていました。

 

 

「あの人はどうやっても変わらない。

 

 だから、もうあきらめました。

 

 しゃあないって。

 

 あきらめた途端、不思議と楽になりました」

 

 

 

 

「ゆるす」

 

 

「あきらめる」

 

 

どちらも心の重りを手放す言葉ですね。

 

 

 

 

「ゆるす」

 

 

ゆるすのは他の誰でもない、今の自分です。

 

 

例え誰かを嫌いでも、家族を嫌いでも、

自分にひどいことをした相手を憎んでいてもいい。

 

 

自分だけはゆるす。

 

 

そういう相手を無理してゆるさなくてもいいけど、

自分だけはゆるす。

 

 

誰かを思いっきり嫌って憎んでいる自分でもゆるす。

 

 

過去に最悪なことをしでかした自分、

無知でバカだった自分や、

失敗した自分をゆるさなくてもいいけど、

そのことを後悔している今の自分はゆるす。

 

 

私はこのままでいい。

 

 

このままで大丈夫。

 

 

ゆるす、ゆるす、ゆるす、ゆるす・・・・。

 

 

 

 

「あきらめる」

 

 

嫌いなあの人の嫌いなところは

あの人が変えようと決断しない限り変わらない。

 

 

だから、しょうがない。

 

 

私が変えようとすることや、

変わることを期待するのをあきらめる。

 

 

あの人はあの人のままで在り続ければいい。

 

 

そのまま在り続けて死んだらいい。

来世にはきっと気がついて変わるだろう(笑)

 

 

私は自分のことにだけ責任を持つ。

 

 

自分の気分を整えることや、

自分を幸せにすることにだけ責任を持つ。

 

 

だから、人のことはあきらめる。

 

 

変えられない過去のこともあきらめる。

 

 

あきらめて手放して楽になる。

 

 

 

 

自分をあきらめなくていいし、

他人をゆるさなくていい。

 

 

自分をゆるして、他人をあきらめる。

 

 

「ゆるす」

 

 

「あきらめる」

 

 

いい言葉だと思います。

 

 

私もこれを書いていて心が楽になりました。

 

 


ある日の風景

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/420PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode