G.Love & Special Sauce

 

 

大学の時にこのアルバムを聴いて、

衝撃を受けたのを今でも覚えています。

 

ボーカルのG.ラヴは確か私と同じ年で、

当時何もなかった自分と比べて、

この人はなんて自由で凄いんだと感心したものです。

 

ファーストアルバムが良くて、

その中でもこの『The Things That I Used To Do』と

『This Ain't Living』は特に好きでした。

 

 

 

 

 

ブルースとラップを融合させたような

このゆるい音。

 

今聴いても変わらず好きです。

 

 


細胞

その喫茶店へ行くのは約1カ月ぶりで、

なんとなくその日は行こうと思いました。

 

今日が誕生日だと言うママさんの笑顔を見て、

我ながらいい流れに乗っていることを実感しました。

 

 

年を取ることを歓迎しない方は多いと思いますが、

実は「年を取る=老ける・衰える」ではありません。

 

細胞は、そのようにはプログラムされていません。

 

体内に何十兆個もある全ての細胞には意識があって、

それらは常に「健全」へのバランスを保とうとしています。

 

 

その働きを後押しするのが、

笑い、喜び、自信、安心、希望、

情熱、幸せ、感謝、愛などの感情。

 

逆にその働きを妨げるのが、

心配、恐れ、いらだち、怒り、

嫉妬、自己卑下、苦悩、無力感などの感情。

 

 

では、なぜ多くの人が年齢と共に老け込み、

身体機能も低下していくのか。

 

それは、細胞の自然な働きを妨げる感情を、

周りの環境に反応して感じるままに野放しにしていて、

細胞に行くべきエネルギーの流れを

長年に渡って滞らせてしまったから。

 

そして、「人は年齢とともに必ず老け込むものだ」

「身体の機能も衰えていくものだ」と、

周囲のそうなっている沢山の例を見て、

それを自分の信念にしてしまったから。

 

(信念とは、考え続けている思考のこと)

 

 

 

 

例え周りの環境がどうであっても、

それにネガティブな反応をし続けない。

 

思考と感情がネガティブになった時には、

細胞の働きを後押しするポジティブな思考や

感情になることを意識して行う。

 

ホッとしたり、安心すること考えたり行う。

 

そうすれば、身体はずっと元気でいられます。

 

あとは「自分の身体と他人の身体は違う」

ということを知っておくと、

同年代の人が老けていても衰えていても

「大丈夫!」と安心できます。

 

 

「ここのところ悩むことがほとんどない」と言うママさん。

 

どうりで元気なわけです。

 

私も彼女を見習おうと思いました。

 

 


ビブラムファイブフィンガーズの補修

今日は、私がいつも履いている

ビブラムファイブフィンガーズの補修について。

 

昨年の冬、Barefootinc Japanのポップアップショップで、

「SPYRIDON MR」というモデルを買いました。

 

セールの値段に惹かれ、

いつも履いている42インチのサイズを試着してみると、

足指を反らした時に右薬指だけが当たる。

 

「どうしようかなぁ、43インチだとでかいし・・・」

 

(今思えば、大き目の方が正解でした)

 

迷いに迷った挙句、

やはりセールの値段に惹かれて購入。

 

 

しかし、日常生活で使ってみると、

歩く度に右薬指が当たって痛い。

 

「何日か歩いていたら、靴が伸びて馴染むだろう」

 

なんて淡い期待も叶わず。

 

 

これは伸ばすしかない!

 

 

靴の修理屋さんに電話をしてみると、

予想通り「5本指は無理です」との返事。

 

自力で伸ばすことにしました。

 

まずは原始的に。

 

右薬指が入る部分に手頃な棒を突っ込み、

石油ストーブの前で熱しながら伸ばす。

 

これはほとんど伸びませんでした。

 

普通の靴でも1週間ぐらい

器具を入れて伸ばし続けるわけだから、

ストーブで10分やそこら伸ばすだけでは、

そら無理ですわな。

 

と、冷静に考えてみたらわかるのに、

「実際にやってみなけりゃわからん」

という愚かさが私にはあります。

 

要は、長期間伸ばしておく器具があればいい。

 

そうか。

 

5本指型の靴伸ばしの器具なんてないけど、

普通の靴伸ばしならウチにある。

 

試しに、その器具を靴の中に入れてみたら、

指までの範囲に収まる。

 

よし。

 

あとは、指の部分に入る短い棒があればいい。

 

最初は消しゴムを適当にカットして入れてみる。

が、これは柔らかすぎてソールを伸ばす程の力がありません。

 

もうちょっと硬いもので、なんかないかな。

 

文房具が入っている引き出しなどを探していると、

ちょうど良いものが見つかりました。

 

木工ボンドのキャップ。

あの赤いプラスティック製のやつです。

 

よし、これでいこ。

 

靴の右薬指が入る部分にキャップを入れ、

靴伸ばしの器具をはめこんだら、

器具についているハンドルで限界まで伸ばす。

 

 

 

 

日ごとにハンドルを操作して少しずつ伸ばす。

 

 

 

 

 

そんな姿を見ていたウチの奥さん。

 

「新しいの買うたら」

 

・・・確かに(涙)

 

 

そうして1週間。

 

試しに履いてみると薬指の部分が少し伸びていました。

 

 

念押しにもう1週間。

 

更に履きやすくなりました。

 

 

今は少し当たるぐらいで普通に履けています。

 

もうちょっと伸ばそうかなぁと思案中です。

 

 

ただ、この方法は靴全体を伸ばすやり方ではないので、

甲の部分の布地が不均等に伸びます。

見た目にはちょっとシワが増えました。

 

あとは、ソールのゴムも不均等に伸ばされているので、

耐久性に影響があるかも知れません。

 

(試される場合は、あくまでも自己責任でお願いします)

 

 

ちなみに、ソールが磨耗したり、

指と指の間の生地が小石などで傷んだ時には、

シューグー」で補修しています。

 

この商品は本当に便利です。

 

 

 

 

ビブラムファイブフィンガーズを履いたおかげで、

私の足の薬指は「左よりも右の方が長い」ことを知れました。

 

40年以上この身体を使ってきましたが、

まだまだ知らないことがあるでしょうね。

 

 


最近のお二人

 

 

 

 

 

 


望みを叶えるには

 

「望まないものを見たり考えたり誰かに語ったりしながら、

 望むものを引き寄せることはできない」

 

 

というエイブラハムの教えがあります。

 

 

つまり、自分の身体、生活、仕事、

経済状態などについて常に不足や不満を感じながら、

同時にそれらを望む状態へと改善していく、

なんてことは「できない相談」らしい。

 

 

見える世界の宇宙にも

見えない世界の宇宙にも満遍なく働く

『引き寄せの法則』は、

そのようには働かないそうです。

 

 

「自分のここが嫌いだ」と思いながら、

そこを好きな状態に変えていくことは難しい。

 

「この痛みをなんとかしたい」

「この病気を消したい」と思いながら、

痛みや病気を治すのも難しい。

 

 

例え、何かの行動で望みが不足している状態を埋めようとしても、

ネガティブな感情を持ちながらの行動はなんら生産的に働かない。

 

 

『引き寄せの法則』とは、

似た者(波動)が引かれ合うという法則。

 

そのまんま「類は友を呼ぶ」です。

 

望まないもの(=ネガティブな感情)は、

望まないものと引かれ合うし、

望むもの(=ポジティブな感情)は、

望むものと引かれ合う。

 

特に、感情が強い波動を出すので、

仮に望むものを考えていても、

感情がついてきていなければ望むものは引き寄せられない。

 

「こんなの叶いっこない(=不安、不満)」とか。

 

 

実にシビアな法則ですね。

 

 

しかし同時に、

「自分の人生は自分の思い通りに創造できる」という、

嬉しいお知らせでもあります。

 

本当の「人生のルール」をやっと教えてもらえた感じです。

 

 

「あなたは自由ですよ」って。

 

 

 

 人は、自分でそうではないと思っているものに

 なろうとしてもなれない。

 

 まず、自分はそうだと信じなければならない。

 

 最初にそれを引き寄せることに

 成功したと感じなければならないのだ。

 

 お金が欲しかったら、順調にお金を

 引き寄せていると感じなければならない。

 

 健康になりたかったら、どんどん健康に

 なっていると感じなければならない。

 

 自分の求める感情を感じることに

 注意の99パーセントを向け、

 残りの1パーセントを思いついた行動に向ければ、

 絶えず喜びに満ちた幸せな状態にありながら、

 力強く前進できるだろう。

 

 

      ———『引き寄せの法則の本質』より

 

 

 

 

 

私の場合、これからもずっと

「おおむね健康」で「若々しくて元気」で

「老けない」し「太らない」という

身体についての望みを持っています。

 

 

 自分はそうだと信じなければならない。

 

 

というエイブラハムの言葉は

少しハードルが高いですね(汗)

 

私は「信じる」までいきませんが、

そういう期待を持って自分を見ています。

 

鏡などで自分の姿を見る時も、

自分が気に入っているところだけを見て

そこに満足するよう心がけています。

 

 

「50代の中頃から、ぐっと体力落ちるねん。

 なあ、◯◯さん?」

 

「ほんま、私もそうやったわ」

 

「そうそう」

 

 

少し前、60〜80代の

先輩3人の会話が聞こえてきましたが、

ニッコリ耳を塞ぎました。

 

私はそうはならないと思いました。

 

なぜなら、他の人の身体と私の身体は違うからです。

 

 

 

 自分自身の「感情というナビゲーションシステム」を活用して

 現在のエネルギーの調和や乱れを理解しようとする代わりに、

 ほかの人たちの身体に何が起こっているかについての

 情報を集めて処理しようと思うのは、

 

 自分の国を旅行するのに外国の道路地図を使って

 計画を立てるようなものだ。

 

 その情報は、あなたとも

 あなたが今どこにいるかともまったく関係がない。

 

 

      ———『お金と引き寄せの法則』より

 

 

 

エイブラハムのこの地図の例えは秀逸だと思います。

 

他人の身体と自分の身体は違うし、

他人の望みと自分の望みも違う。

 

そういうのは放っておいて、

自分の感情が「源(ソース)」と

調和しているかどうかだけに注力すればいい。

 

望むことを考えた時に、

明るくていい気分になるなら、

望みが叶う方向へ進んでいるということ。

 

例えるなら、

新大阪から東京行きの新幹線に乗っているようなものです。

 

新幹線が東京へ着くのは当たり前ですね。

 

 

「これほんまに東京に着くの?」

 

 

なんて不安になる人はまずいないでしょう。

 

 

それと現実の創造も同じことで、

ソースと一致した明るくていい気分でいつづける限り、

望みの実現へと着実に進んでいるのです。

 

新幹線が東京へ「当たり前に」着くように。

 

 

しかし、現実の創造の場合は不安になる人がほとんどです。

 

 

「これほんまに叶うの?」って。

 

 

なぜなら、そんなルールを教えてもらったことがないから。

 

 

その結果、新幹線を途中で降りてしまうのと同じことが起こる。

 

名古屋や新横浜で降りてしまう。

 

そこで思い直せば、

また次の東京行きの新幹線に乗れるんだけど、

ネガティブな感情のままでいると

新幹線じゃない別の電車に乗ってしまったり、

新大阪行きの新幹線に乗ってしまうことにもなる。

 

 

こんなことを書いている私もまだまだ創造の途上で、

色んな望みはまだ実現していません。

 

ただ「自分はそうなるだろう」

「そうなるといいなぁ」と思いながら、

いい気分で毎日を過ごすようにしているだけです。

 

 

 今どの辺りだろう?

 

 もう名古屋は過ぎたかな?

 

 まぁ、いい気分の時が多いから、

 きっと無事に進んでいるだろう。

 

 進み具合は気にせず、

 いい気分の毎日をただ楽しもう。

 

 

このまま途中下車しないように、

「望み」行きの「のぞみ」に乗り続けたいと思います。

 

 

お後がよろしいようで。

 

 


<< | 2/369PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)
子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
高橋 和巳
ショッキングなタイトルの本ですが、深く心に響く良書です。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

おすすめ

3 ON FREE
3 ON FREE (JUGEMレビュー »)
JAM&COOL
『星のカケラ』『想い夜空』『素敵なメロディー』名曲揃いのアルバムです。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode