弾き語り

先週末はウクレレを持って大阪へ。

 

とあるバーでおこなわれた『弾き語り会』に

初めて参加してきました。

 

 

 

 

開始時間の少し前に着くと、

参加者はまだ誰も来ていない様子。

 

 

「ひとりで始めちゃってもいいですか?」

 

 

「どうぞどうぞ」とお店のマスター。

 

 

しばらくビールで喉を潤してからチューニング。

 

 

1曲目は、最近練習しているサザンの

『ラチエン通りのシスター』にしました。

 

 

 

 

イントロを弾き始めると、我ながらいい感じ。

そのまま大きなミスもなく最後まで歌えて大満足です。

 

 

その勢いで何曲か歌っていると、

参加者が1人来られましたが、

今日は喉が枯れていて歌えないとのこと。

 

 

「じゃあ、遠慮なく歌ってていいですか?」

 

 

「どうぞどうぞ」と私の横に座る男性。

 

 

また調子に乗って何曲か歌っていると、ガヤガヤと沢山の声。

今度は大人3名と子供3名の参加者です。

 

 

「え?子供も弾き語りするの?」と思っていたら、

彼らはただ親について来ただけの様で、

ピザやポテトを食べながらゲームを楽しんでいました。

 

 

さて、大人は大人でウクレレを弾きながら、

順番に好きな曲を弾いて歌います。

 

私はもう十分に歌ったので(数えてみたら8曲でした)、

聴き役に回りました。

 

 

しばらくすると、

一通り料理を作り終えたマスターもギターで参加。

 

 

「なんか弾きましょうか?」

 

 

「じゃあ、ミスチルの『サイン』をお願いします」と、

新しく入って来られた男性。

 

 

マスターのギターをバックにその男性が何曲か歌います。

 

 

「めっちゃ贅沢なカラオケですね(笑)」

 

 

・・・なんて話していたら、

「声が合いそうだから」とすすめられた私も、

マッキーの『どんなときも』と『遠く遠く』を歌いました。

 

 

2曲とも普段はまず歌わない曲ですが、

「みんなが知っている曲」って、盛り上がりますね。

 

 

「こういう誰でも知っている曲もレパートリーに入れよう」

 

 

歌いながらそう思いました。

 

 

あと、ウクレレを弾きながら何曲も歌った後だったので、

歌だけに集中できる時の「歌いやすさ」も改めて感じました。

 

 

 

お酒を飲める場所で弾き語りをするというのも私の理想で、

ちょうどいいデビュー戦でした。

 

 

「人前で弾き語りをする」

 

 

夢がひとつ叶った、いい夜でした。

 

 


才能の種

 

自分が持っている才能を知る方法は、

 

 

 

 

理由もなくただ「やりたい」と思うことや、

純粋に「好きだ」と感じるものに気づくことです。

 


それらの中に、あなたの「才能の種」が必ずあります。

 

 

 

 

自分の才能の種に気づいていれば、

それを伸ばすチャンスも

活かすチャンスも必ずやって来ます。

 

 

 

 


意識の軽さ

 

「奈良駅を降りたら空気が軽い」

 

「呼吸がしやすい」

 

 

先日、大阪から来られたお客さまが仰っていました。

 

 

 

 

 

奈良に来る人は、観光で

「今を楽しむために行動している人」が大半なので、

都市に比べると人々の意識が軽いんですね。

 

 

もちろん、低い山がすぐそこに見えたり、

自然が近いこともありますが、

 

ここにいる人々が発している「意識」の軽さが、

「空気の軽さ」や「呼吸のしやすさ」に

大きく影響しているのだと思います。

 

 

 

 

都市にいて「空気が重い」とか「息がしずらい」と感じた時は、

近くにある公園などで自然に触れてみてください。

 

 

自然は「ただ在るだけ」です。

 

 

そことつながれば、

自分本来のバランスを取り戻しやすくなります。

 

 

 

 

お時間がある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

社会意識と超意識

 

社会意識と超意識 その2

 

社会意識と超意識 その3

 

 


コラムのページ

白樺整体院のホームページに、

コラムのページをつくりました。

 

 

 

過去のブログの中で、自分が気に入っている内容や、

皆様のお役に立ちそうなものをピックアップしました。

 

 

「からだ」は、そのまんま身体のことを書いた記事です。

 

 

不思議な話が好きなお客さまに私がよく話していることは、

「こころ」にまとめました。

 

 

体操などのセルフケアを紹介した記事も、

今度どんどん追加していく予定です。

 

 

興味がある方は一度のぞいてみてください。

 

 

 

 白樺整体院 コラム

 

 

 

 

 

実はこのコラムのページ。

 

 

以前のホームページにはあったのですが、

今年の4月にホームページをリニューアルした際、

シンプルなものにするために無くしたんですね。

 

でも、お客さまからのリクエストもあって、

今回復活させることにしました。

 

 

どのページからでも読める

本の目次のように使っていただければ幸いです。

 

 


手首を捻る時の軸

私たちは普段の生活の中で、

手首を内と外に捻る動きをよくおこないます。

 

ほとんどの方が、

内に捻っている(手のひらを下に向ける)

時間の方が多いかもしれませんね。

 

ちょっと紙面から目を離して、

手首を内と外に捻る動きを何度かやってみてください。

 

 

手のひらを上に、下に。

 

 

 

 

今の感覚をなんとなく覚えておいてくださいね。

 

 

今回は、この手首を内と外に捻る動きの「軸」について

考えてみたいと思います。

 

 

 

解剖学では、肘から手首までを前腕といいます。

 

前腕には2本の骨があって、手のひらを上に向けた時、

親指側にあるのが「橈骨(とうこつ)」という骨で、

小指側にあるのが「尺骨(しゃっこつ)」という骨です。

 

この状態では、2本の骨は手首から肘まで平行に並んでいます。

 

 

では、手のひらを下に向けた時、

2本の骨の位置関係はどうなるでしょう?

 

 

 

 

2本の骨の位置は、手のひらを上に向けていた時と変わらず、

橈骨は親指側で尺骨は小指側のままです。

 

 

ただしこの時、2本の骨は平行ではなく交差しています。

 

この交差する時の「動きの軸」は、小指側にある尺骨です。

 

尺骨を軸にそれをまたいで橈骨が交差し、手首が内に捻れます。

 

 

片方の手で前腕を軽く握りながら、手首を内と外に捻ってみてください。

 

尺骨を軸に橈骨が動く様子をなんとなくイメージできると思います。

 

 

 

前腕に触れていた手を離して、

小指の延長線上にある「尺骨の軸」を意識しながら、

手のひらを上に下にと繰り返し動かしてみましょう。

 

 

冒頭で動かした時との違いを感じられますか?

 

 

よくわからない場合は、

運動の軸を親指側に変えて動かしてみてください。

 

 

尺骨を軸にした時との違いを感じられると思います。

 

 

 

 

私の体感だと、小指側を軸にして動かした時は、

前腕の筋肉に負担が少なく楽に何度でも動かせました。

 

逆に、親指側を軸に動かした時は、

すぐに前腕の筋肉に疲れを感じました。

 

 


さて、ここまで読まれて気づかれた方もあるかもしれません。

 

 

そうなんです。

 

 

手首を捻る動きは、手首ではなく前腕で起こっているんですね。

 

 

 

 手首を捻る動きは前腕で起こっている。

 

 そして、その運動軸は小指側にある尺骨である。

 

 

 

たったこれだけのことを意識するだけで、

様々な不調を防ぐことができます。

 

 

例えばパソコンを操作する時。

 

 

まず手のひらを上に向け、

「尺骨の軸」を意識しながら手のひらを下に向ける。

 

それからキーボードやマウスを操作すると、首や肩が疲れにくくなります。

 

 

「前腕を意識するっていうのが、イマイチわからない」

 

 

こういう方は、「小指を意識する」だけでも効果があります。

 

 

「でも、そもそも意識するっていうのがよくわからない」

 

 

はい。

 

 

そういう場合は、パソコン操作する前に

小指を5回ぐらい曲げ伸ばししてみてください。

 

自然に小指に意識がいくと思います。

 

 

また、操作中に「ちょっと身体が力んできたなぁ」と思ったら、

手を止めて小指を5回ぐらい曲げ伸ばししてみてください。

 

 

この方法は、日常生活や運動など様々な場面で使えます。

 

 

更に、手や腕と連動して動く肩甲骨や鎖骨にまで意識を広げると、

部分だけに負担をかける動きから、

全身を効率よく使う動きへと「動きの質」が変化します。

 

 

まずは、一番よく使う手と腕の構造を

意識することからはじめてみてください。

 

 

きっと、今よりも身体を使うことが楽になりますよ。

 

 


<< | 2/454PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode