国褒め

最近、斎藤一人さんの講演CDを聴いています。

講演の中で特に心に残ったのが、
「国褒め(くにほめ)」という言葉。


国褒めとは、
自分が住んでいるところを褒めること。

日本を「素晴らしい国だ」と褒める。
自分が住んでいる地域や土地を、
「いいところだなぁ」と褒める。

例えば、
「東京は○○で最悪だ」とか、
「奈良は○○で嫌だ」とか、
自分が住んでいる土地をけなす言葉を聞くと、
あまりいい気分はしませんよね。
そんな私達人間と同じように、
そこに住んでいる神様やご先祖様も
嫌な気がするんだそうです。

そういう人には
「良いことは起こらないよ」と、
一人さんは言います。


そして、物もけなさずに、
褒めると良いそうです。

自分の車を「安物だ」とか
「ポンコツだ」とか言わずに、
「乗り心地最高」とか、
「いつもよく走ってくれてありがとね」とか、
ちゃんと褒めてあげると、
故障せずに機嫌良く走ってくれます。
(もちろんメンテンスは必要ですよ!)

自分が住んでいる家も褒めましょう。
「いい家だなぁ」
「居心地がいいなぁ」
「安らぐなぁ」

自分のお店や、
勤めている会社も褒める。

人が出している思いは、
物にもちゃんと伝わります。
だから、褒めるとどんどん良くなります。


あと、神様は汚いところが嫌いなので、
国褒めと一緒に、
家やお店を掃除してキレイにしましょう。

一人さんが言うには、
「掃除が最高の神事(かみごと)」
「ホコリだらけの汚いところに神様は来ないよ」
だそうです。

また、家の中がゴチャゴチャして汚いと、
心やからだの不調にも繋がるそうです。


この日記を読んでくださっているみなさんも、
国褒めと掃除をしてみてください。

前向きな言葉とキレイな環境の中にいれば、
毎日を気持ち良く、
機嫌良く過ごせますよ。

そして、
機嫌が良い人には、
良いことが必ず起こります。



コメント
はじめまして。
ときどき、拝見させていただき、とても勉強させていただいています。
ちょっと違うかもしれませんが、私も今はマスコミが先頭となり、誰が総理大臣になっても叩いて、日本をだめにしている気がします。
人や物の良いところを見て、楽しい気持ち、前向きな気持ちで暮らしていけたら嬉しいです。

またブログ、楽しみにしています。
  • まつ
  • 2011/04/14 7:48 AM
まつさん
コメントありがとうございます。

確かに、新聞もテレビもラジオも、
人や物事を批判する情報の方が目に付きますね。
間違ったことに対して「それは間違っていますよ!」
という指摘をするのもマスコミの役目なのですが、
その言葉の奥に「善意」や「愛情」があれば、
もっと世の中が良くなるだろうと思います。

逆を言えば、まだまだこの世は
良くなる可能性があるということですね。
それを楽しみに生きていきましょう。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)
子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
高橋 和巳
ショッキングなタイトルの本ですが、深く心に響く良書です。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

おすすめ

3 ON FREE
3 ON FREE (JUGEMレビュー »)
JAM&COOL
『星のカケラ』『想い夜空』『素敵なメロディー』名曲揃いのアルバムです。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode