病気について その5

 

病気についての5回目。

 

 

ラストの今日は『お金と引き寄せの法則』から、

 

 

「身体的な幸福についての『新しい』ストーリーを語る」

 

 

という部分をご紹介したいと思います。

 

 

まずは、「身体的な幸福についての『古い』ストーリー」の例から。

 

 

 

 

 

 身体の調子が悪くて、心配だ。

 

 年をとると、体力もなくなるし、不安定になるし、

 不健康になるし、安心できなくなる。

 

 これから自分の健康がどうなるのか不安だ。

 

 健康には気をつけてきたつもりだが、

 それほどの効果があったとは思えない。

 

 時がたつにつれて具合が悪くなるのは普通かもしれない。

 

 両親もそうだった。

 

 それで健康状態がとても心配だ。

 

 

 

続いて、「身体的な幸福についての『新しい』ストーリー」の例です。

 

 

 

 

 

 わたしの身体は、身体についての思考と

 すべてについての思考に反応している。

 

 明るくていい気分になることを考えていれば、

 それだけ「幸福」を「許容・可能にする」ことになる。

 

 

 うれしいことに、自分がどう感じるかは

 いつもどんな思考をしているかによって決まり、

 思考と感情には絶対的な関係があることがわかっている。

 

 感情を指標にして、

 もっと明るくていい気分になる思考を選べば、

 その思考が明るくて気分のいい波動を生み出し、

 

 それによって心地よい身体ができることもわかっている。

 

 わたしの身体はわたしの思考に反応するし、

 それを知っているのはとてもいいことだ。

 

 

 わたしはだんだん思考を選ぶのが上手になっている。

 

 どんな状況にあっても

 わたしにはそれを変えるパワーがある。

 

 わたしの身体的な健康状態は

 恒常的な思考の状態を表す指標にすぎない。

 

 わたしは健康状態も思考の状態もコントロールできる。

 

 

 ひとかたまりの胎児細胞から始まって

 こんな一人前の身体になるとは、

 身体ってなんてすごいのだろう。

 

 意識しなくても身体がたくさんの

 重要な機能を果たしていることに気づき、

 人間の身体がどれほど安定しているかを考え、

 

 その身体を作り上げている細胞の知性を思うと、

 本当に感動する。

 

 

 意識してそうしなくても血液が血管を流れ、

 空気が肺を出たり入ったりするなんて、

 本当に素晴らしい。

 

 どうすべきかは身体が知っていて

 きちんと機能していると思うとうれしい。

 

 人間の身体ってなんと素晴らしいのだろう。

 

 知的で、柔軟性があって、耐久力があって、

 しなやかで、見たり、聞いたり、嗅いだり、

 味わったり、触れたりできるのだ。

 

 

 わたしの身体はとても役に立ってくれている。

 

 この体に宿って人生を探索していくのは

 素晴らしいことだ。

 

 わたしは自分のスタミナと柔軟性を楽しんでいる。

 

 この身体で生きていることを喜んでいる。

 

 

 

 

 目を通じてこの世界の遠くや近くを見ること、

 奥行きと距離の鮮やかな感覚とともに

 形や色をはっきりと見分けられることがうれしい。

 

 それから、聞いたり、嗅いだり、味わったり、

 感じたりする身体の能力も楽しんでいる。

 

 この世界や自分が宿っている

 この素晴らしい身体の手触りや感覚を愛している。

 

 

 傷口が新しい皮膚で覆われ、

 身体に受けた傷が治ってしなやかさを取り戻すのを見ると、

 身体に自己修復能力があって本当によかったと感謝する。

 

 身体の柔軟性、指の器用さ、

 仕事をするときの筋肉の反応の機敏さをありありと感じる。

 

 

 どうすれば元気になれるかは身体が知っていて、

 いつもそちらに向かっている。

 

 そのことを理解し、

 ネガティブな思考でじゃましなければ、

 万全な体調でいられることがうれしい。

 

 わたしは自分の感情の重要性を理解しているし、

 自分には幸せな思考を見つける能力があり、

 

 それによって身体的な幸福を実現し

 維持する能力があることもわかっている。

 

 たとえ体調がベストとはいえない日でも、

 本当にたくさんのことが

 きちんと機能していることをよく知っているし、

 

 身体の「よいあり方(ウェル・ビーイング)」の側面が

 支配的であることもわかっている。

 

 

 そしてなによりも、わたしは身体が

 わたしの関心と意図に敏速に反応することがうれしい。

 

 心 ー 身体 ー 魂 のつながりを理解しているし、

 意図的に波動を調和させることがどれほど力強くて

 生産的であるかもわかっているのがうれしい。

 

 

 わたしはこの身体で生きることを愛している。

 

 

 この経験に限りない感謝を感じる。

 

 

 そしてとても気分がいい。

 

 

 

 

 いいストーリーを語るのに、

 正しい方法も間違った方法もない。

 

 過去についてでも、現在についてでも、

 将来の経験についてでもかまわない。

 

 重要な基準は一つ、

 もっと明るい気分になるもっといいストーリーを語ろう

 という意思をはっきりと持つことだ。

 

 一日中、明るくて気分のいいショートストーリーを

 たくさん語っていれば、引き寄せの作用点が変化する。

 

 

 あなたが語るストーリーが

 人生のベースであることを忘れないように。

 

 だから自分が望む人生のストーリーを語りなさい。

 

 

 

 

 

いつの時にも、望まないストーリーは

色んなところから聞こえてきますが、

私はそれらのストーリーを自分の人生には適用しません。

 

 

私が自分の人生に取り入れるのは、

私自身が望むストーリーです。

 

 

 

 私の身体の中には、

 常に健全性を維持する素晴らしい知性が存在している。

 

 その知性は、私が安心や穏やかさや心地よさを感じている時、

 私が私自身でいる時に最大の力を発揮してくれる。

 

 

 自分に合う食事、自分に合う運動、快適な睡眠。

 

 それらをできるだけつくったら、

 あとは身体の知性を信頼して任せればいい。

 

 

 私の人生は私の思考と感情が創造する。

 

 私の人生をくだらなくするのも素晴らしくするのも私次第。

 

 私の身体を弱くするのも強くするのも私次第。

 

 つまり、私の人生は私のものだ。

 

 だから私は、私が望むストーリーを語る。

 

 私はいつまでも若々しい身体で、

 軽やかに自由に喜びを感じながら生きていく。

 

 

 私の人生は自由だ。

 

 私の人生は喜びだ。

 

 私の人生は無限だ。

 

 

 

みなさまもどうか、

自分が望むストーリーを好きに妄想して、語ってください。

 

そして、そのストーリーを自分の人生に採用してください。

 

 

そうすれば、病気を怖れることよりも、

身体の強さや回復力を信頼する方へと

思考と感情が向かいはじめます。

 

 

そういう思考と感情が、

自分のマインドを本当の自分に戻してくれるはずです。

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode