病気について その3

 

病気についての3回目も

『お金と引き寄せの法則』という本の中から、

エイブラハムの言葉をご紹介したいと思います。

 

 

3回目は、病気とメディアの関係について。

 

 

今日エイブラハムの言葉をご紹介するのは、

メディアを批判するためではありません。

 

 

情報を受け取る側の私たちが、

メディアからの情報を観て、聴いて、読んで、考えて、

 

 

「自分の気分が今どうなっているかに注目してみませんか?」

 

 

という提案のためです。

 

 

なぜなら、このブログに何度も書いているように、

「今の気分(=波動)」「自分の現実を創造する」と、

私が信じているからです。

 

 

興味がある方はこのまま読み進めてください。

 

 

それではいつものように、

ジェリー・ヒックスさんの質問ではじまります。

 

 

 

 

 

 ジェリー

 

 先日、希望する者に無料で

 インフルエンザの予防注射をするという報道がありました。

 

 そのニュースはインフルエンザ・ウィルスの蔓延に

 影響するでしょうか?

 

 

 エイブラハム

 

 そのとおり、インフルエンザ・ウィルスの蔓延に

 大きな影響を与えるだろう。

 

 現在のあなたがたの環境では、

 テレビほどネガティブな影響が大きいものはない。

 

 もちろん、環境のどこを見ても

 望むものと望まないものとがあり、

 

 あなたがたはテレビでもほかのメディアでも

 自分に役立つことにピントを合わせることができる。

 

 だが、メディアはとんでもなく歪んだ

 アンバランスな見方を送ってくる。

 

 メディアは世の中のトラブルを探しては、

 そこに華々しいスポットライトを当てて拡大し、

 

 効果音までつけて強調して、

 それをリビングに送り込んで、

 

 あなたがたに地球上の

 「よいあり方(ウェル・ビーイング)」ではなく、

 とんでもなく歪んだトラブルを印象づける。

 

 

 大量に流し続けられる医学関係のコマーシャルは、

 非常に強力なネガティブな影響を及ぼす。

 

 「五人に一人はこの病気を抱えている、

  あなたもその一人かもしれない」

 

 などと言うからだ。

 

 そうやって病気という考えを押し付けてから、

 さらに「医師の診断を受けましょう」と言う。

 

 それであなたが医師のところに行くと

 (医師の「意図」は「具合が悪い」ところを見つけることにあるから)

 ネガティブな期待が生まれたり強調されたりする。

 

 そうやって影響されて、

 社会に広がった思考の証拠があなたの身体に現れ始める。

 

 今ほど医学が進歩したことはないのに、

 今ほど病気が多かったこともないではないか。

 

 

 

 

 何かを創造するには、それに思考を向ければ

 ——そして期待すれば——実現することを思い出そう。

 

 彼らは統計数字を示す。

 恐ろしいストーリーを聞かせる。

 

 あなたの思考を刺激し、

 思考を刺激されたあなたには感情がわき起こる。

 

 

 「恐怖、不安……そんなことにはなりたくない!」

 

 

 これで方程式の半分は完成した。

 

 次に彼らは診断を受けなさいとか、

 無料の予防注射を受けなさいと促す。

 

 「病気が広がることがわかっている。

  そうでなければ無料で予防注射なんかしません」

 

 これで「期待」あるいは

 「許容・可能」の部分も完成する。

 

 あなたはインフルエンザにかかったり、

 彼らが語るエッセンスを引き寄せるのに

 完璧な場所に立ったわけだ。

 

 

 望むことでも望まないことでも、

 あなたが考えたことが実現する。

 

 だから、まず自分の

 「よいあり方(ウェル・ビーイング)」の

 ストーリーを語る練習をして、

 

 テレビが(あなたが望まない)

 恐ろしいストーリーを送ってきても、

 不安になるより笑ってしまえるようにすることが大切だ。

 

 

 

 

 

「これを観ていて、聴いていて、

 私は今どんな気分だろう?」

 

「これは私が望んでいることだろうか?

 それとも望んでいないことだろうか?」

 

 

私はテレビでもネットの情報でも何でも、

思考と感情がネガティブに傾き始めたら

早い段階で別のものに変えます。

 

もちろん、知っておいた方がいいと思う情報は

最低限入れるようにはしていますが、

 

自分の中がネガティブになり続けているのに、

そのまま放っておくようなことはしなくなりました。

 

 

何年もそういう癖をつけていたら、

自分の気分を感じるセンサーもより精密になったと思います。

 

 

チャンネルを変える、ページを変える、電源を切る、

見るものを変える、思考を変える、話題を変える。

 

同席している人が私と逆のものを望む場合は、

「これ、別のものに変えませんか?」と提案する、

ダメならそっと席を外す・・・などなど。

 

 

センサーが働いたらそれに従って行動に移すという、

「自分に対する優しさ」も増しました。

 

 

「病気(=望まないもの)」をつくる材料は、

「望まない思考と感情」です。

 

 

人間の身体はとても賢くて復元力があるので、

材料が少しだけの時は健康を維持できます。

 

でも、家が建つほど材料が積み上げられたら、

いくら賢い身体でも病気になってしまいます。

 

 

このことを理解すれば、

「自分の今の思考と感情に注目する」ことの価値は、

計り知れないと思います。

 

 

 

 

 

 身体的な幸福に自分が抵抗している最初の徴候は、

 ネガティブな感情として現れる。

 

 ネガティブな感情が現れた瞬間に

 身体の具合が悪くなるわけではないだろうが、

 

 ネガティブな感情を長引かせることにピントを合わせていれば、

 やがては病気(dis-ease:楽でない状態)になるだろう。

 

 

 ネガティブな感情は

 「よいあり方(ウェル・ビーイング)」をじゃまする

 波動の不調和のしるしだと気づかないと、

 

 あなたもほとんどの人たちのように

 あるレベルのネガティブな感情を受け入れてしまい、

 それをなんとかしなくてはいけないと

 思わなくなるかもしれない。

 

 ほとんどの人は自分の感情が

 コントロールできない条件・状況への反応だと信じているから、

 

 ネガティブな感情やストレスが警告を発しているのを感じても

 どうすればいいのかわからない。

 

 嫌な条件はコントロールできないから

 自分の感情を変える力もないと思う。

 

 

 あなたの感情は

 あなたが何にピントを合わせているかで決まること、

 

 どんな状況でもあなたには

 今より少し明るくていい気分になるか思考か

 

 少し暗くて嫌な気分になる思考を

 選ぶ力があることを理解してほしい。

 

 そして、いつも少し明るい気分になる思考を選んでいれば、

 「引き寄せの法則」によってあなたの経験は

 着実に明るくていいものになっていく。

 

 身体的に幸福な状態を達成し維持する鍵は、

 早い段階で不快というしるしに気づくことだ。

 

 早い微妙な段階なら、

 慢性的なネガティヴ思考に「引き寄せの法則」が働いて

 ネガティヴな大きな結果が引き寄せられたあとよりも、

 思考の転換はずっと簡単だから。

 

 

 「自分のなかのネガティブな感情を絶対に放っておかない」

 

 

 と決心できれば——同時に、誰かの行動や

 なんらかの状況を変化させて

 もっといい気分にしてくれと要求するよりも、

 

 もっと明るくていい気分になるほうへ

 自分で関心を転換すればいいと気づけば——

 

 とても健康になれるだけでなく、楽しい人間になれる。

 

 

 喜び、評価、愛、健康、どれも同義語だ。

 

 恨み、嫉妬、落ち込み、怒り、病気、どれも同義語である。

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 

 

次回に続きます。

 

 


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode