病気について その2

 

今日も『お金と引き寄せの法則』から、

エイブラハムの言葉をご紹介します。

 

 

が・・・その前に、

 

 

「なんで病気の話なのに『引き寄せの法則』?」

 

 

と、疑問に思われる方もあるかもしれませんので、

少しだけ「引き寄せの法則」について説明をします。

 

 

「引き寄せの法則」とは、

「富や願望を引き寄せる!」というような成功法則ではなく、

シンプルに「似たもの同士が引き合う」という自然法則のこと。

 

エイブラハムによると、

この法則が宇宙全体に働いているそうです。

 

 

「似たもの同士が引き合う」の「似たもの」というのは、

それぞれの存在が発している「波動」のことで、

私はこの「波動」とは、主に「感情」だと理解しています。

 

 

だから、ポジティブなことを考えて

ポジティブなことを言葉にしていても、

感情がネガティブならそれと似たものと引き合うことになるし、

 

ネガティブなことを考えて

ネガティブなことを言葉にしていても、

感情がポジティブならそれと似たものと引き合うことになります。

 

 

それでは、エイブラハムに登場していただきましょう。

 

 

まずは、楽しみにピントを合わせて健康を回復することについて。

 

 

 

 

 

 ジェリー(エイブラハムのチャネルであるエスターさんの夫) 

 

 ノーマン・カズンズという作家は、

 不治の病とされていた病気にかかりました

 (ほかに回復した人はいないと思います)。

 

 だが彼は生き延びました。

 

 そして彼は愉快なテレビ番組を見たから治ったと言いました。

 

 つまり、彼はそういうテレビ番組を見て

 ——笑い——病気が消えたというのです。

 

 これについてのご意見はいかがですか?

 

 

 エイブラハム 

 

 彼は健康に自分の波動を調和させたから回復できたのだ。

 

 彼が波動の調和を見いだせたのには、

 大きく言って二つの要素があった。

 

 第一は、病気のおかげで健康になりたいという願望が

 非常に強くなったこと。

 

 第二は、彼が見たテレビ番組のおかげで

 病気から気分をそらせたことだ。

 

 愉快な番組を見て笑って楽しんでいたのは、

 健康を阻む抵抗が消えたしるしだ。

 

 何を創造するにしてもこの二つの要素が必要になる。

 

 望むこと、そして願望の実現を

 「許容・可能にする」ことだ。

 

 

 普通、人が問題に焦点を定めると、

 それによって健康が否定され、重い病気になる。

 

 そうなると病気に関心が集中し、さらに病気が長引く。

 

 医師が治療法や治療薬があると信じていれば、

 患者の健康への信念を支えることができる。

 

 その場合は病気のせいで願望が増幅され、

 治療法があることで信念が強化される。

 

 だが不治の病の場合でも治るとされる病気でも、

 治癒をもたらす二つの要素が

 願望と信念であることに変わりはない。

 

 

 健康を期待できる人なら、

 どんなときでも健康を実現できる。

 

 肝心なのは健康を期待することで、

 そうすればあなたが挙げた例のように、

 

 望むことが実現していないという面から

 関心を引き離すだけで治癒できる。

 

 

 

 

 

身体が健康な時の心地よさと、

お笑い番組を観て「あっはっはっは!」と

笑っている時の愉快な気分はとても似ていますね。

 

 

「思考」や「行動」が「健康」とイコールじゃなくても、

「感情」が「健康」とイコールなら

「健康」が引き寄せられる。

 

 

そういうわかりやすい例でした。

 

「笑いが免疫力を高める」というのは、

法則から言っても理にかなっていますね。

 

 

次は、病気は無視すれば消えるか?という話題です。

 

 

 

 

 

 ジェリー

 

 わたしは大人になってから、

 その日に予定していた仕事ができないほど

 具合が悪くなったことはいっぺんもありません。

 

 言い換えれば、いつも仕事が大切だと考えていたので、

 仕事をしないなんて考えられませんでした。

 

 しかし、気づいたのですが、なんだか調子が悪いなあと

 思っても——風邪やインフルエンザの症状が出かかっても——

 

 しなければならない仕事に気分を集中すると、

 症状はどこかに消えてしまうのです。

 

 それは、望むことに焦点を定めたからでしょうか?

 

 

 エイブラハム 

 

 あなたには仕事をしようという強い意志が

 あったから——そして仕事を楽しんでいたから——

 健康への大きな勢いが働いたのだ。

 

 それで望まない何かに関心が向いて

 健康が外れたように見えても、

 

 いつもどおりの関心に焦点を定めれば、

 調和はたちまち回復した。

 

 そして不調和の徴候はたちまち消えた。

 

 

 あなたがたは行動を通じて多くのことを達成しようとして、

 その過程で疲れたりもうダメだと感じる。

 

 その感情は立ち止まって

 リフレッシュしなさいというしるしだ。

 

 ところがあなたがたは

 リフレッシュして調和を回復しようとせずに、

 無理やり先に進もうとする。

 

 それが不快な症状が表面に出てくる

 いちばん大きな理由だ。

 

 

 ほとんどの人は病気の症状を感じたとき、

 その症状に関心を向けてますます具合が悪くなり、

 調和が乱れる。

 

 大切なのは早い段階で不調和に気づくことだ。

 

 言い換えれば、ネガティブな気分は、

 違う考え方をして波動のバランスを改善しなさいという

 信号なのだ。

 

 ところがそのままにしておくと、

 信号はますます強くなり、

 ついには身体的な不調として現れてくる。

 

 そうなっても、先ほどあなたが挙げた例のように

 転換して(バランスが崩れた原因から関心をそらして)

 

 望むことに焦点を定め、調和を回復すれば、

 病気の症状は消えるだろう。

 

 どんな状態でも回復できないことはないが、

 早期に軽い段階で気づけば回復はずっと簡単だ。

 

 

 ときには病気が、したくないことをしないで済む

 逃げ道になることがある。

 

 あなたがたの環境では、

 何かをしなくて済むという理由で

 病気を「許容・可能にする」場合がかなりある。

 

 だがそういうゲームを始めてしまうと、

 ますます病気へ病気へと進むドアが開く。

 

 

 

 

 

高熱で寝込んでいたのに、

家族の訃報を聞き実家へ帰ることになると、

 

あっと言う間に熱が下がって

治ってしまったという知人がいました。

 

「寝てる場合じゃない!」という使命感で、

病気への関心がもの凄い勢いで一気に逸れたんでしょう。

 

 

「法則」から言うと当然のことなのかもしれませんが、

人間の目から見ると奇跡ですね。

 

インフルエンザの可能性もあったので、

尚更凄いなぁと思いました。

 

 

家族の訃報は「望まないこと」なので、

もしそこで悲しみに飲み込まれていたら、

更に病状の悪化(=望まないこと)を生んでいたと思います。

 

でも、「帰らなければ!」という強烈な使命感が、

知人の波動を「望むこと」一色に、

それも一気に変えてしまった。

 

そして、波動がかけ離れ過ぎた病気(望まないこと)は、

彼の中に同居できなくなった。

 

 

このように「引き寄せの法則」に照らし合わせて物事を考えると、

「なるほど、そういうことか」と納得いくことがよくあります。

 

 

 

 

「自分が普段よく出している波動ってどんなんかな?」

 

「これを観ていて、これを読んでいて、

 これを考えていて、この話をしていて、

 自分からどんな波動が出ているだろう?」

 

 

もしそれが自分の望まない波動なら、

他の波動に変える努力をしてみてもいいかもしれません。

 

 

「病気について」は、あと2回続く予定です。

 

 


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode