細く、長く、静かに

 

軽い呼吸は正しい呼吸エクササイズ

呼吸で大切なのは酸素ではなく二酸化炭素』という記事で、

呼吸を浅くすることの利点をご紹介しました。

 

 

「浅い呼吸」の利点を簡単に説明すると以下のようになります。

 

 

・血液中にあって全身に酸素を届ける「ヘモグロビン」は、

 「二酸化炭素」が血液中にある時にだけ、

 筋肉や内臓などの組織に酸素を手放す。

 

・『人生が変わる最高の呼吸法』によると、

 ほとんどの人の血中酸素飽和度は95〜99%もある。

 

・だから、息を深く吸っても、血中の酸素は増えようがない。

 

・また、深く吐くことにより、

 血中の二酸化炭素が体外により多く放出されるので、

 ヘモグロビンは酸素を手放さなくなる。

 

・だから、深い呼吸をすればするほど、

 ヘモグロビンが持っている酸素が全身の組織へと行き渡らない。

 

 

他にも、二酸化炭素が血中のpH値を調整してくれたり、

二酸化炭素が増えると気道が広くなる、

呼吸過多が血流の減少や喘息の悪化につながるなどなど・・・

 

 

「深い呼吸」よりも「浅い呼吸」の方が、

身体が本来持っている機能を生かせるようです。

 

 

 

 

この『人生が変わる最高の呼吸法』を1年以上前に読んで、

「なるほど!」と納得した私。

 

本の中で紹介されているエクササイズを

気が向いた時に実践するようになりました。

 

 

しかし、昨年の3月から、

これとは矛盾する「深い呼吸」を伴う体操を

毎日欠かさずおこなうようになりました。

 

 

そう、『チベット体操』です。

 

 

体操中は鼻から大きく長く「す〜」っと息を吸って、

主に口から大きく長く「ふ〜」っと吐き出します。

 

 

「す〜〜〜、ふ〜〜〜」

 

 

チベット体操の本にも「呼吸は深く」と書かれているし、

DVDを観ても大きな呼吸音が聞こえます。

 

 

「す〜〜〜、ふ〜〜〜」

 

 

 

 

「呼吸は浅い方がいいという理屈は大いに納得がいく。

 でも、チべット体操は気持ちがいい。

 

 ・・・この矛盾はどうしたものか?」

 

 

と思いながらも、本やDVDの教えのままに、

チべット体操の時だけ深い呼吸をしていました。

 

 

「す〜〜〜、ふ〜〜〜」

 

 

「これはこれ、あれはあれ」という、

ダブルスタンダードというやつです。

 

もうかれこれ300日以上、

チべット体操の時だけ「深い呼吸」をやっていました。

 

 

ただ、自分の中にこういう矛盾があると、

「浅い呼吸がいいですよ」とはブログに書けないんですね。

 

 

「浅い呼吸がええんやったら、

 チべット体操の時の呼吸はどない説明すんねん?

 

 いや、あれはあれ、これはこれと、

 分けて考えたらえんとちがいますか?

 

 なんてことは書けんしなぁ・・・」

 

 

 

 

そうやって、ずっと放ったらかしていましたが、

300日をこえた最近、「そうや!」と思いつきました。

 

 

「体操のテンポに合わせて、

 細く長く呼吸したらええだけやん!」

 

 

チべット体操はゆっくりとしたテンポでおこなうので、

呼吸は長くするしかない。

 

 

「呼吸が長い」=「呼吸が深い」

 

 

と、勝手に決めつけていたんですね。

 

 

試しに、鼻から吸う息を「細く長く」してみると、

「す〜」がとても静か。

 

吐く息は、口から「ふ〜」と出すと太くなるので、

これも鼻から細く「す〜」と出します。

 

 

これで、「細く長く、ついでに静かな呼吸」をしながら

チべット体操をおこなえるようになり、

私の中の矛盾が見事に消えました。

 

 

体操中の呼吸は「細く長く静かに」おこない、

終わった後は『軽い呼吸は正しい呼吸エクササイズ』。

 

胸と下腹に当てた手のひらに感じる呼吸の動きが、

どんどん小さく静かになっていくのを感じながら5、6分。

 

 

毎朝の至福の時間です。

 

 

 

 

「細く、長く、静かな呼吸」

 

 

体操やストレッチをやられている方はぜひ一度お試しください。

 

 


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode