ページをめくる

 

お客さまの身体に触れて、

情報がやってくるのをしばらく待ちます。

 

 

私の場合はいつも足から。

 

 

足首のあたりに触れて、ボケ〜っと待ちます。

 

 

待っていると、

相手の身体の中の動きや流れのようなものが、

自分の手と身体で感じられるようになる。

 

 

例えば、左半身の流れが脚の方に下がってきて、

足首のあたりで止まる。

 

 

「これは左足首やな」

 

 

そう判断して、左足首を感じ続ける。

 

 

「左足の甲のここ、この関節やな」

 

 

・・・と、そのまま施術をはじめることもできますが、

 

 

「ほんまに左足首か?」と疑ってみるんです。

 

 

なぜなら、施術者が「ここだ」と決めてしまうと、

「そうとしか見えなくなってしまう」ことがあるから。

 

実際に、施術者の強すぎる意図が、

それまでニュートラルに感じられていた全身の流れを、

別のものに錯覚させてしまうこともあります。

 

 

こういう時は、目の前の景色のページをめくってみる。

 

 

 

 

「左半身の流れが脚の方にぐーっと下がってきて、

 左足首で止まった」

 

 

という情報が描かれているページをめくって、

何も情報が描かれていない真っさらのページにする。

 

 

 

 

そこでどんな景色が見えるのか、感じられるのかを、

もう1回ボケ〜っと待ってみる。

 

 

「左半身の流れが脚の方にぐーっと下がってきて、

 左足首で止まった。

 

 ・・・じゃなくて、

 そこで左半身の流れが終わったのか。

 

 ・・・あぁ今度は、右の胸になんかあるなぁ」

 

 

そこから何を見せてくれるのか?

 

 

またページをめくってみる。

 

 

「右の胸になんかあるなぁ」

 

 

またページをめくる。

 

 

「今度は何を見せてくれるのか?」

 

 

今まで見せてくれたものも、待っている時間も、

例え何も見せてくれなくて迷子のようになったとしても、

そこに「価値判断」を入れず、ただ静かに待ち続ける。

 

 

「ここだ」

 

 

と、自然に思えるまで。

 

 

 

 

「今は何をやっているんですか?」

 

 

施術に興味がある方から時々聞かれるので、

今日は書いてみました。

 

 

いつもだいたいこんな感じで、

「ページをめくりながら」待っています。

 

 

 

「ページをめくる」

 

 

これは、日常生活の中でも使えます。

 

 

例えば、人や物事に対する見方や判断が偏っていると感じたら、

目の前の景色に透明なノートを置いて、

ページを1枚めくってみるんです。

 

 

「ページをめくった先に、どんな景色が見えるか?」

 

 

 

 

興味がある方はお試しください。

 

 


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode