喜びから人生を生きる!

 

 

喜びから人生を生きる! 臨死体験が教えてくれたこと

 アニータ・ムアジャーニ 著 奥野節子 訳

 

 

癌で余命1年と宣告されたお客さまを施術した翌日、

ふらっと入った本屋さんで目にとまったのがこの本でした。

 

この本と巡り会えたのは、「癌は治る病気だ」という確信を、

他の誰でもない私自身が得るためだったのだと思います。

 

 

末期癌で多臓器不全の状態から、

臨死体験を経て回復したアニータさんの言葉です。

 

 

 

 身体の機能が止まった時、私がいた向こう側の世界は、

 恐れでゆがんでいない私自身のすばらしさを見せてくれました。

 

 私は、自分が利用できる

 偉大なパワーに気づくようになったのです。

 

 

 私が身体にしがみつくのをやめた時、

 向こう側の世界に行くために何もする必要はないのだと感じました。

 

 祈りも、詠唱も、マントラも、許しも、何もいらなかったのです。

 その移行は、まったく何もしないことに等しいものでした。

 

 特に誰に対してというわけではありませんが、

 

 「私には与えられるものがもうありません。

  もうお手上げです。どうぞ連れて行ってください。

  もうどうにでもしてください。あなたのお好きなように」

 

 と言った気がしました。

 

 

 向こう側の世界で私は明晰でした。

 

 そして、自分が抱いていた恐れのために死んでいくのだと、

 直感的に理解しました。

 

 私は、いつも心配ばかりして、

 本当の自分を表現できずに生きてきました。

 

 癌は決して罰のようなものではなく、

 自分自身のエネルギーが癌として現れたのだとわかったのです。

 

 そうなったのは、私の恐れのせいで、

 本来の姿であるすばらしい存在としての自分を

 表現できなかったからでした。

 

 

 そのような拡大した意識の状態で、

 私は、いかに自分自身につらくあたり、

 批判ばかりしていたかを理解しました。

 

 そこでは、私を罰する人は誰もいませんでした。

 

 私が許さなかったのは他人ではなく、

 自分だったのだと、やっとわかりました。

 

 私を非難したのも、私が見捨てたのも、

 私が十分愛さなかったのも私自身だったのです。

 

 ほかの誰でもありませんでした。

 

 私はその時、

 宇宙の美しい子どもとして自分のことを見ていました。

 

 私は存在するだけで、

 無条件の愛を受ける価値があったのです。

 

 そのために何もする必要はないとわかりました。

 

 祈ることも、お願いすることも、何一ついらないのです。

 

 これまで、自分自身を愛したことも、尊重したことも、

 自分の魂の美しさを目にしたこともなかったと悟りました。

 

 絶対的なすばらしさが私のためにいつも存在していたのに、

 まるで、物質的な生活がそれを奪って、

 少しずつ破壊してしまったような感じがしました。

 

 

 

 

 このことを理解した時、

 もう自分には恐れるものがないとわかったのです。

 

 私は、誰もが手に入れられるパワーについて知り、

 この世に戻るという大きな選択をしました。

 

 その覚醒した状態での選択は、

 私がこの世に戻るための非常に強い原動力でした。

 

 再び自分の身体で目覚めた時、

 この世に戻ってくるという私の決断に、

 身体の全ての細胞が応じるだろうと知っていました。

 

 ですから、自分の病気は必ず良くなるとわかっていたのです。

 

 

 

アニータさんの体験と「気づき」を

現実のものとして「受け容れる」と、

それがに自分にとっての「真実」となります。

 

 

興味を持たれた方は、本書を手に取ってみてください。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode