自分クイズ

 

「五郎さんにクイズです!」

 

 

「え?クイズ?」

 

 

「ボクの好きなアニメは?」

 

 

「アニメ?最近のやつ知らんしなぁ。

 え〜っと・・・プリキュア!」

 

 

「ブ〜〜〜!それ女の子が観るやつやん!」

 

 

「じゃあ、機関車トーマス!」

 

 

「ブ〜〜〜!それはもっと小さい子どもが観るやつ!」

 

 

「え〜、なんやろなぁ」

 

 

先日の施術中のひとコマです。

 

6才のAくんからどんどん出題される「自分クイズ」。

 

それに答えながら、施術は続きます。

 

 

 

 

「ボクの好きな食べ物は?」

 

 

「また『ボク』?ほんで食べ物?そんなんめちゃくちゃあるやん。

 なんかヒントちょうだいよ」

 

 

「ヒントはありません!自分で考えてください!」

 

 

「え〜〜〜!(笑)」

 

 

「じゃあヒント!昨日食べたやつ」

 

 

「わかるか!」

 

 

「じゃあ大ヒント!『お』がつく食べ物!」

 

 

「『お』?お、お、お、お好み焼き!」

 

 

「ピンポン!」

 

 

「他は?」

 

 

「え?まだ言うの?」

 

 

「ヒントは、ラーメンに似たやつ」

 

 

「ん〜っと、そば!うどん!ソーメン!」

 

 

「ブッブ〜!答えは焼きそばでした!次は?」

 

 

「焼きそば?ラーメンと全然違うやん。汁無いし。

 よし、スパゲティ!」

 

 

「ブッブ〜!答えはラーメンでした!」

 

 

「おいおい。ヒントで出したん答えにするか(笑)」

 

 

「じゃあ、この前ボクが旅行に行ったところは?」

 

 

「わかるか!」

 

 

 

 

・・・と、こんな感じで、Aくんの「自分クイズ」は施術中ずっと続きました。

 

 

きっと、Aくんには「自己否定」の感情がないか、

あったとしてもとても少ないんですね。

 

 

「自分が自分のままで在る」ことが

当たり前に受容できているこういう感覚。

 

 

自分が6才の時はこうだったかなぁ・・・。

 

 

今ではよく覚えていませんが、

ここ数年で私もその感覚を少しずつ取り戻せています。

 

 

Aくんとの時間で、そのことにも気づけました。

 

 

 

 

Aくん、ありがとう。

 

 

また会いましょう。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode