チベット体操 8週目

3月4日(月)からはじめたチベット体操も、

今週でもう8週目に入りました。

 

 

前回の記事を書いたのが4週目の時で、

5つの儀式(体操)を9回ずつおこなっていました。

 

正直なところ、このまま回数を増やしていくのは

ちょっとしんどいなぁ(汗)と感じていたのですが、

いつの間にかそのしんどさにも慣れてきたようで。

 

この調子なら、10週目(21回ずつ)を

越えた後も続けられそうです。

 

 

 

 

さて、肝心の「身体の変化」はというと、

まず第一は姿勢を保ちやすくなったことです。

 

家では畳の上で座布団に座ることがほとんどなのですが、

長く座っていても背中があまり疲れなくなりました。

 

 

施術中もそうですね。

 

イスに座ったままお客さまの身体に触れ、

しばらくじっと変化を待つ時。

 

こういう時に姿勢を保つのが楽になりました。

 

そのおかげなのか、手の感覚も更によくなっている気がします。

 

 

あと、6週目ぐらいから、

5つ目の儀式でかかとが床に着くようになりました。

 

 

 

 

体型については、

元々太っていないので見た目に大きな変化はありませんが、

胴回りが更に引き締まってきました。

 

このまま続けていたら、腹筋が割れそうだなぁという感じです。

 

 

 

ちなみに、8週目の今は

5つの儀式(体操)を各17回やっています。

 

時間を計ってみたら、体操だけで約11分。

 

体操の後は仰向けで5〜10分休むので、

チベット体操を全て終えるのに早くても16分ぐらい。

 

 

「忙しい朝に、これだけの時間をかける意味は?」

 

 

私の場合は目に見える身体の変化どうこうよりも、

「意識」を体操だけに集中できることと、

その後の「身体感覚」の心地よさを味わえること。

 

 

そこに大きな意味を感じています。

 

 

 

 

チベット体操を知ったおかげで、

「いい気分」で1日をスタートさせることが日常になりました。

 

 

このまま飽きるまで続けてみようと思います。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode