職場の人間関係について

今日は、職場の人間関係についての

エイブラハムの言葉をご紹介したいと思います。

 

ただ、最初に言っておくと、

どの人間関係の問題についても

(もっと言えば全てに悩みについても)、

 

エイブラハムの答えは基本的に同じです。

 

 

「ソースと波動を一致させなさい」

 

 

この一言に尽きます。

 

 

それでもエイブラハムたちは手を変え品を変え、

例えを変え表現を変え教えてくれるので、

 

結局は同じ内容なんだけど、

読むとまた心に染み込んでいくと思います。

 

 

興味がある方は読んでみてください。

 

 

今日の引用も『理想のパートナーと引き寄せの法則』から。

 

 

 

(「上司が横暴で威圧的だったら?」という質問に答えて)

 

 

 職場の誰かが横暴だとか威圧的だという

 強力なレッテルを貼るからには、かなりの期間、

 その好ましくない状況を観察し続けていたに違いない。

 

 当然、自分のなかにもある思考パターン、

 あるいは対立する波動パターンが生じていて、

 その引き寄せの作用点が相当強力だということになる。

 

 転職するという行動でその状況から離れたとしても

 ——あるいはその上司のいる部署から別の部署に

 移動させてもらったとしても——どこへ行こうと、

 

 あなたがあなたであることに変わりはない。

 

 

 その状況から離れても波動パターンが変わるわけではない。

 

 元の上司のように感じの悪い人が目の前から消えても、

 普通は以前の経験を思い出したり説明したりして

 転職や転勤の必要性を正当化しようとすることが多く、

 

 そのために自分のなかで同じ波動が活動し続ける。

 

 

 渦中にいるときに気づくことは難しいだろうが、

 横暴で威圧的な相手との関係は

 あなたにとってとても大きな価値があった。

 

 その不愉快な経験によって、

 自分がどう扱われたくないか、どんな仕事が嫌か、

 見下されることがどれほど望ましくないか、

 

 失礼な態度をとられたくないか、

 誤解されたくないかが非常にはっきりとしたわけだ。

 

 そういう経験をしている間、

 

 あなたは自分が望むものは何なのか、

 自分はどう扱われたいのかという

 願望のロケットを発射していた。

 

 言い換えれば、

 その不愉快な経験があなたの拡大・成長、

 もっといい人生への跳躍台になった。

 

 

 何かが起こって願望のロケットを発射するたびに、

 あたなの大きな部分——「源(ソース)あるいは

 「内なる存在」——は、そのロケットを追って拡大・成長し、

 

 あなたのためによりよい経験というポジションを確保する。

 

 

 

 

 そこでただ一つの問題は、あなたは

 その拡大・成長とどんな関係があるか、ということだ。

 

 よりよい経験を想像し、そのきっかけとなった

 コントラストを高く評価しているだろうか?

 

 よりよい職場という人生経験を楽しく予想しているか?

 

 それとも不当な過去の経験について語り続け、

 その経験がきっかけになった新しい拡大・成長との

 調和を乱したままだろうか?

 

 

 ネガティブな気持ちになるのは、

 人生が拡大・成長のきっかけを与えたのに、

 

 自分がその拡大・成長を

 「許容・可能」にしていないことを示している。

 

 いつでも必ずそうだ。

 

 例外はない。

 

 つまり、ネガティブな気持ちの原因が

 どこにあると信じていようとも

 

 (ネガティブな気持ちを正当化したいという思いはよくわかる。

  状況がもっとよければ、いい気分でいられたはずだから)、

 

 ネガティブな感情になるのは

 自分の拡大・成長を「許容・可能」にしていないからなのだ。

 

 

 横暴な上司があなたの願望と

 拡大・成長のきっかけにならなかったら、

 

 拡大・成長を「許容・可能」にしていない

 不快感に苦しむこともなかったはずだ。

 

 そこで、もっといい解決策はこういうことだ。

 

 

 今自分がいる場所と和解しようと心がけなさい。

 

 

 この不愉快な相手のおかげで、

 自分はどう扱われたいか、人をどう扱いたいかが

 とてもよくわかった、と認めるといいのではないか。

 

 その関係の不愉快な部分に抵抗するのではなく、

 長所を探すのだ。

 

 それに頭を冷やせば

 ——さらに、上司だって悪気はないかもしれないと思えば——

 自分が考えているよりも簡単に抵抗が減って、

 

 新たに発見した

 拡大・成長の方向へ向かうことができるだろう。

 

 

 人生の何かがきっかけでもっといい状況を

 ——それがどんな状況であっても——求めるようになり、

 

 慢性的に出ていた願望と対立する思考の波動を止めれば、

 願いはきっとかなうだろう。

 

 だが、望まないことを考える波動パターンを続けていたのでは、

 望みをかなえることはできない。

 

 それは「引き寄せの法則」に反する。

 

 

 

 

 

今回の文章の中にはありませんが、

エイブラハムは「共同創造」という言葉をよく使っていて、

私はこの言葉が好きです。

 

 

「そこに関係する全員が共同で創造する(した)現実」

 

 

それが「共同創造」です。

 

 

この地球を共有する全ての存在はあなたの共同創造者で、

人間関係で起こる全ての出来事は「共同創造」から生まれます。

 

 

共同創造ということは、全ての創造が50対50。

 

 

100対0というのはありえません。

 

 

なぜなら、全ての人が

「自分の現実を自分で創造する力」

必ず持って生まれてきているから。

 

 

「え〜!?あの横暴なクソ上司となんで50対50?

 あいつが全部悪いに決まってるやん!」

 

 

もちろん、その気持ちも十分わかります。

 

でも、100対0で上司が悪いなら、

あなたにはその関係性の中では無力だということになります。

 

 

「現実を創造する力がゼロ」

 

 

そんなことは絶対にないんです。

 

 

あなたも「あの横暴なクソ上司」という

レッテルを上司に貼ることで、

 

「横暴な上司とそれに逆らえな部下」

 

という関係性を創造している、立派な共同創造者なんです。

 

 

そして、趣味も好みも意図も価値観も違う沢山の人と

共同創造をおこなう職場というのは、

創造の「アドバンスコース」と言われています。

 

だから難しい問題が出てきて当たり前で、

その難しい問題があるから「新たな願望」も生まれやすいし、

自分もソースもより「拡大・成長」できる、というわけです。

 

 

 

 

私は会社や組織の中では生きられない人で、

それは10年以上組織の中で働いたからこそわかったことです。

 

 

「自分一人の責任で、自分のやりたいことをしたい!」

 

 

何年も会社員をやって様々なコントラストに出会う度に、

そういう「願望のロケット」が発射されていたんだと思います。

 

 

今思えば、人にものを頼んだり任せるのが下手でした(笑)

 

 

「人に頼まず全部自分でできたら楽なのになぁ」

 

 

とよく思ったものですが、

いかんせん営業職だったので自分で物作りはできません。

 

仕事を取って方針を決めたら、

あとは制作する人や現場で設置する人に任せるしかない。

 

 

「自分一人でできる、

 もっとシンプルな仕事がしたいなぁ」

 

 

この「過去」の苦い経験があったおかげで、

自分一人の責任と裁量で仕事ができる「今」があります。

 

 

 

 

好ましくない経験をしている「今この瞬間」、

「願望のロケット」はあなたの中から勝手に発射されています。

 

日々あなたから発射されている「願望のロケット」。

 

その詳しい内容はわからなくても大丈夫です。

 

 

「今よりももっと『いい気分』になりたい!」

 

 

要約すると必ずこうなるはずですから(笑)

 

 

「見えない世界の私(=ソース)」の

拡大と成長も勝手に起こります。

 

 

あとは「物資世界の私」が気分を整えるだけ。

 

 

これらは昨日の記事に書いたことと同じですね。

 

 

次回も職場の人間関係について書きたいと思います。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode