ゆるす、あきらめる

 

「ゆるす、ゆるす、ゆるす、ゆるす・・・

 

 何回も言っていたら、心が軽くなりました」

 

 

あるお客さまのお話です。

 

 

また別のお客さまはこう仰っていました。

 

 

「あの人はどうやっても変わらない。

 

 だから、もうあきらめました。

 

 しゃあないって。

 

 あきらめた途端、不思議と楽になりました」

 

 

 

 

「ゆるす」

 

 

「あきらめる」

 

 

どちらも心の重りを手放す言葉ですね。

 

 

 

 

「ゆるす」

 

 

ゆるすのは他の誰でもない、今の自分です。

 

 

例え誰かを嫌いでも、家族を嫌いでも、

自分にひどいことをした相手を憎んでいてもいい。

 

 

自分だけはゆるす。

 

 

そういう相手を無理してゆるさなくてもいいけど、

自分だけはゆるす。

 

 

誰かを思いっきり嫌って憎んでいる自分でもゆるす。

 

 

過去に最悪なことをしでかした自分、

無知でバカだった自分や、

失敗した自分をゆるさなくてもいいけど、

そのことを後悔している今の自分はゆるす。

 

 

私はこのままでいい。

 

 

このままで大丈夫。

 

 

ゆるす、ゆるす、ゆるす、ゆるす・・・・。

 

 

 

 

「あきらめる」

 

 

嫌いなあの人の嫌いなところは

あの人が変えようと決断しない限り変わらない。

 

 

だから、しょうがない。

 

 

私が変えようとすることや、

変わることを期待するのをあきらめる。

 

 

あの人はあの人のままで在り続ければいい。

 

 

そのまま在り続けて死んだらいい。

来世にはきっと気がついて変わるだろう(笑)

 

 

私は自分のことにだけ責任を持つ。

 

 

自分の気分を整えることや、

自分を幸せにすることにだけ責任を持つ。

 

 

だから、人のことはあきらめる。

 

 

変えられない過去のこともあきらめる。

 

 

あきらめて手放して楽になる。

 

 

 

 

自分をあきらめなくていいし、

他人をゆるさなくていい。

 

 

自分をゆるして、他人をあきらめる。

 

 

「ゆるす」

 

 

「あきらめる」

 

 

いい言葉だと思います。

 

 

私もこれを書いていて心が楽になりました。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode