心の声に従って生きる

 

「あなたが選ぼうとしている道は良くないですよ」

 

「それはとてもリスクが高いです」

 

「選んだ後で何年も後悔しますよ」

 

「これが世間的に見て安全で正しい道です」

 

「あなたにはこれらの方法がベストです」

 


誰かの基準や、世間的に見てどうとかの基準で

物事を決めようとすると、私の心が

「違和感」というサインを発してくれます。

 

 

「理屈はわかるけど、なんかしっくりこない」というやつです。

 

 

でも人生経験豊富な誰かや、

ある分野の専門的な知識がある誰かから

 

 

「これがあなたにとって最善ですよ」

 

 

なんて言われると、

 

 

「・・・う〜む。経験豊かなあなたが

 そこまで言うのなら、そうなんかもなぁ・・・」

 

 

と、さっきまでの決心が揺らいでしまう。

 

 

そして「違和感」を感じたままブレた思考を続け、

考えれば考えるほどブレていく自分。

 

 

ついには、ブレた思考を正当化して・・・行動する。

 

 

これっておかしいですね。

 

 

 

 

何がおかしいのかっていうと、
物事の「判断基準」が、です。

 

 

全ての「判断基準」は、いつでも「私」にあります。

 

 

そう。

 

 

「私の心・意識・気分・感覚」が、

私が何かを選ぶ時の「判断基準」です。

 

 

これが「全て」です。

 

 

 

 

いつだって私の人生は私のもの。

 

 

私の心が私の人生を創る。

 

 

あるものが私に合っているかどうかは、
いつでも私の気分が教えてくれる。

 

 

いい気分がする方法を選ぶ。

 

 

いい気分がする方向へ動く。

 

 

いい気分がしない時は選ばない。

 

 

動かない。

 


それが専門的に見て、世間的に見て、
一般的に見てどうだろうと関係ない。

 

 

いつだって私の心が基準。

 

 

なぜなら、私の人生は私のものだから。

 

 

私が、僕が、私の基準で、僕の基準で選ぶ。

 

 

決める。

 

 

「私」の人生の創造者はいつでも、
そしてこれからも永遠に「私」です。

 

 

 


このブログを読んでいくださっているみなさまも同じです。

 

 

「あなた」の人生の創造者は、

 

世間や社会や偉い人やテレビの人やネットの情報や

専門家や先生やメンターや社長や上司や

家族や友人やパートナーではありません。

 

 

「あなた」の人生の創造者はいつでも、
そしてこれからも永遠に「あなた」です。

 

 

 

 

今日は過去の自分にも向けて書きました。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode