生命力 その2

私の場合は、去年に道頓堀のカラオケ大会に出て、
今年はまた別のカラオケ大会にエントリーしました。

 

今までの私だったら出ようとも思いませんでしたし、
カラオケ大会の情報も目に入ってこなかったと思います。

 

ところが、昨年からエイブラハムの教えを実践しはじめて、
「生命力」が上がってきたんですね。

 


「人前で歌いたいなぁ」

 

 

という欲が出はじめたんです。

 


そうすると、私の中から自然にアンテナが立って、
「人前で歌う」を実現するための情報が入ってくるようになる。

 


昨年はよく利用しているカラオケ屋さんからのメールでした。

 

こういうメール、以前なら確実にスルーしいたはずです。

 

「自分には関係ないな・・・」と。

 

 

今年は、カラオケルームで

曲の予約が入っていない時に流れる映像でした。

 

前の世界大会でチャンピオンになった人のインタビューを観て、
「これ、出てみよか」となりました。

 

 

帰ってから PCで会員登録し、

後日カラオケ屋さんで歌って録音。

 

家のPCで録音した歌を確認。

 

イマイチだったので、

また後日カラオケ屋さんに行って再度録音。

 

そして「これが精一杯かな」と思える出来の2曲をエントリー。

 

 

その内の1曲が音源審査を通過して、

次は予選オーディションです。

 

東京、大阪、福岡の3会場に分けて、

約100人が審査されます。

 

 

会場は大阪は梅田にあるビッグエコーさん。

 

受付を済ませて待合室になっているカラオケルームに入ると、

参加者の方が数名。

 

 

 

 

その中には過去に東京の本選に行かれた方や、

別の大会で優勝して賞金100万円を獲った方など。

 

そんな上手な人でも昨年は音源審査に落ちたそうで、

「ここまで来るだけでも大したものですよ」

なんて褒められていい気分になったり、

 

スタッフの方から段取りの説明を受けたりしていると、

やがて時間に。

 

 

 

 

エントリーナンバー順に一人ずつ
審査室である大き目のカラオケルームに呼ばれます。

 

 

私の順番は最後から2番目でした。

 

体操で身体をほぐしながら待っていると、

緊張している自分に気づいて少し驚きました。

 

 

「こういうの初めてやもんね。そら緊張もするか」

 

 

中に入ると、「コの字」に並んだテーブルに
審査員とスタッフの方々が7、8人。

 

昨年の道頓堀の大会は機械の点数審査で落選したので、
機械じゃなく人に審査してもらうのってええなぁと思いました。

 

 

「38番、やまだごろうです。よろしくお願いします」

 

 

イントロが始まると、
審査員の方々はヘッドホンをつけはじめます。

 


(ものまね番組の審査員と一緒や〜)

 


ちょっとニヤニヤ。

 

 

(あ!ニヤニヤすると緊張が緩む)

 

 

これは大きな発見でした。

 

 

歌詞モニターは無いので、

審査員やスタッフさんの背後にある壁を観客席に見立てて歌います。

 


時々大きく頷いてくれる審査員の方も。

 


(え?今のとこ良かった?)

 

 

(あっちゃ〜、ここミスったな。感情入れ過ぎたか)

 

 

(最後はもうちょい余韻を残せば良かったなぁ)

 


そして、あっと言う間に終わりました。

 


「ありがとうございました」

 


自分の歌をプロの人に聴いてもらえるだけで、

これ結構幸せですね。

 

 

「もっと歌えたのになぁ」という後悔もありますが、

あれが精一杯だったんだと思います。

 

 

 

そして結果を待つこと2週間ほど。

 

 

大会の公式ホームページをチェックすると・・・

 

 

決勝に残った12名の中に、

私の名前はありませんでした(涙)

 

 

六本木の会場へ行く気満々で、

何だったら世界大会のフィンランドへも行く気で

新しい曲を練習していましたが・・・残念!

 

 

結果を見てから少し落ちましたが、

落ちるにまかせていたら、

数時間後にはそこそこ復活していました。

 

 

「まぁ、こういう大きな大会の

 音源審査に残っただけでも良しとしよう!」

 

 

今はなんか楽器でも習おうかなぁと考え中です。

 

 

「生命力」、また上がってきました(笑)

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode