呼吸を使ったエクササイズ

今日も呼吸について。

 

昨日は「自然な呼吸」について書きましたが、

今日は呼吸を使ってマインドを変える

エクササイズをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 エクササイズ1

 

 

 楽な姿勢で座り、目を閉じてください。

 

 あなたの意識の焦点を、

 言い換えればあなたの意識の錬金術的容器を

 骨盤底においてください。

 

 これは骨盤の中の腹部の一番下あたりです。

 

 快適なリズムで深く呼吸をし(力を入れず)、

 腹部に空気を吸い込みます。

 

 息を吸うときに下腹部をふくらませ、

 吐くときに下腹部を引っ込ませます。

 

 これは腹式呼吸と呼ばれるものです。

 

 最初は違和感を覚えるかもしれませんが、

 しばらくするとそれは自然で快適に感じるようになります。

 

 すべてのエクササイズをとおして、

 穏やかで快適な呼吸をすることが重要です。

 

 これらのエクササイズの中に

 決して無理があってはなりません。

 

 

 息を吸うとき、呼吸のエネルギーが

 あなたの骨盤の隅々にまでいき渡ることを想像してください。

 

 これによってセケム(すなわちあなたの生命力)を動かし、

 セケムが骨盤のあたりに集まります。

 

 息を吐くとき、骨盤に集中します。

 

 これによって骨盤の周辺で

 セケムのエネルギーが築かれ強化されます。

 

 数分間これを続けてください。

 

 

 次に会陰部から頭頂(クラウン)へと続く

 微細なエネルギーの経路を想像してください。

 

 会陰部は胴の一番下の生殖器と肛門の中間にあります。

 

 次に、ごくわずかでありながらも

 重要な意識の変化があります。

 

 息を吸うときは、これまでと同じように

 意識を骨盤に集中します。

 

 しかし息を吐くときは、あなたの注意、

 あなたの意識の錬金術的容器をこの経路へと移します。

 

 これによってセケムのエネルギーが経路に入り、

 上昇を始めます。

 

 息を吐き続けるあいだ、意識をこの経路に沿って

 頭の中へと移動させます。

 

 そしてこの呼吸のパターンを最初から繰り返します。

 

 言い換えると、

 息を吸うごとに意識を骨盤に向け、

 吸っているあいだ中そこにとどめます。

 

 息を吐くときには経路に意識を移し、

 焦点を頭へ向けて上昇させていきます。

 

 第二のジェドを上昇して

 頭へと入るエネルギーの動きをはっきりと感じるまで、

 この呼吸を何度でも繰り返してください。

 

 

        ————『マグダラの書』より

 

 

 

「ジェド」についての補足です。

 

「第一のジェド」とは、

背骨を通って頭へと上昇する経路のこと。

 

このエクササイズ1で使う「第二のジェド」は、

会陰部から頭頂(クラウン・チャクラ)へと

上昇する経路のことです。

 

 

 

私はこのエクササイズをおこなうと、

まず骨盤の中があたたかくなります。

 

このあたたかさを感じるだけでも充分だなぁ

と思うぐらい、心地よいあたたかさです。

 

しばらく骨盤の中にあたたかいエネルギーが

溜まっていくのを感じます。

 

エネルギーが骨盤の中に満タンになった感じがしたら、

呼気とともに「第二のジェド」を通って

エネルギーが上昇していきます。

 

エネルギーの上昇は割と自然に起こります。

 

 

新・ハトホルの書』によると、

「第二のジェド(プラーナ菅)」の太さは、

人差し指と親指で作った輪っかと同じぐらい。

 

私の場合「第二のジェド」がイメージしにくい時は、

身体の前に指で作った輪っかを水平におきます。

 

 

「これぐらいの太さの透明で長いパイプ」

 

 

 

 

それが身体の中にあるのをメージすると、

「第二のジェド」の存在や、

エネルギーの上昇を感じやすくなります。

 

 

 吸気→骨盤にエネルギーが溜まり→

 呼気→「第二のジェド」を通って頭にエネルギーが上昇する

 

 吸気→骨盤→呼気→頭

 

 骨盤→頭

 

 骨盤→頭

 

 

骨盤からエネルギーが届く度に、

頭の中の霧やモヤモヤが晴れて、

頭の中に少しずつスペースができていく感じ。

 

 

・・・以上は、あくまでも私の体感です。

 

 

 

「第二のジェド」の経路を実感しておくことは、

以前の記事『ヒーラーとヒーリング』にも書いたように、

治療家やセラピストにとっては

とても重要なことだと感じています。

 

 

 

発生学では、「頭蓋骨の底部」と

骨盤の真ん中にある「仙骨」は

元々一つのもの(胚盤葉上層)だと言われています。

 

それが成長とともに、

頭と骨盤へと離れていきました。

 

オステオパシーや様々な手技療法で、

「頭蓋骨」と「仙骨」とのつながりが

重要視されるのもそのためですね。

 

こういうエクササイズで、

骨盤と頭蓋骨とのエネルギー的なつながりを作ることは、

身体にとっても精神にとっても有意義なことだと思います。

 

 

「骨盤と頭をつなぐ」というこの種のエクササイズが、

古代の錬金術で実践されていたというのは

大変興味深いですね。

 

 

 

本の中ではこの後もエクササイズは続きます。

 

エクササイズ2では、

吸気で骨盤に集めたエネルギーを、

呼気で「第一のジェド(背骨)」を通って上昇させる。

 

エクササイズ3では、

背骨を通って上昇したエネルギーが

脳の中枢へと流れこんだ後、

自ら脳の中を動きまわる様を感じるとか・・・。

 

 

エクササイズ1をやってみて興味が湧いた方は、

本書を手に取ってみてください。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode