「自分」>「お金」

先日の夕方、兵庫県にある実家へ行ってきました。

 

実家へは大抵電車で行くのですが、

今回はレンタカーを借りて行くことにしました。

 

 

費用を計算すると、電車での往復だと約3千円。

 

レンタカーだと、一番安い軽自動車でも、

往復の高速代やガソリン代で1万円を超えます。

 

 

「お金」を基準にしたらいつものように電車を選びますが、

「気分」を基準にしてレンタカーを選ぶことにしました。

 

 

その日の「気分」は、

「音楽を聴きながらドライブしたい!」でした。

 

 

電車に乗ってイヤホンで音楽を聴くよりも、

自分で車を好きなように運転して、

流れる景色を見ながら好きな音楽を聴きたかったんですね。

 

エイブラハム流にいうと、

「ヴォルテックスに入った状態」でいたかった。

 

実家での用件がちょっと重たい内容だったので、

事前にしっかりと気分を整えておきたかったんです。

 

 

 

・・・しかし、

 

前日に格安のレンタカー屋さんに問い合わてみると、

軽自動車の予約は既にいっぱい。

 

軽自動車よりも値段が高い車種は空いていましたが、

これ以上金額が上がると私の中に「抵抗」が生まれます。

 

 

この、「抵抗(=ネガティブな感情)が生まれない道を選ぶ」

ということが重要なんですね。

 

 

今回の場合だと、

 

「音楽を聴きながら楽しいドライブ↑」のポジティブな感情と、

「レンタカーにかかる費用が高い↓」のネガティブな感情とを天秤にかけて、

どちらの感情が勝るのか?

 

を、きちんと身体で感じながらイメージしてみる。

 

 

懐かしい数式にするとこんな感じになります。

 

 

「音楽を聴きながらドライブ」>「レンタカーにかかる費用」

 

 

これだったら文句なしにOK。

 

費用のことはすっかり忘れて、

音楽とドライブだけに没頭できます。

 

 

「音楽を聴きながらドライブ」<「レンタカーにかかる費用」

 

 

これがダメですね。

 

いくら好きな音楽を聴きながら運転していても、

レンタカー代や高速代がしょちゅう頭をよぎって

ドライブを楽しめなくなります。

 

 

「音楽を聴きながらドライブ」≧「レンタカーにかかる費用」

 

 

「ドライブの方がギリギリ勝利!」というこの数式の場合、

頭の中でよくシミュレーションしてから

選択することをおすすめします。

 

道中で後悔の念(=抵抗)が浮かびそうなら、

対抗が生まれない方へ思考を整えておいた方がいいですね。

 

(思考の整え方は、こちらの記事も参考にしてみてください)

 

 

 

さて、本題に戻ります。

 

もう一つ別のレンタカー屋さん(ここも格安)があったので、

空いているかどうかをWEBの予約ページで調べてみました。

 

・・・が、ここも軽自動車の予約はいっぱい。

 

 

「やっぱり、電車にするかぁ・・・」

 

 

いやいや、明日まではまだ時間はたっぷりある。

 

一旦このことは放っといて、しばらく昼寝しよう。

 

 

zzz・・・

 

 

その後仕事をして、時間は夕方に。

 

 

再びレンタカー屋さんの予約ページを見てみると、

なんと、軽自動車が空いているではありませんか!

 

 

やったぁ!

 

 

 

というわけで、当日の夕方。

 

念願のドライブです。

 

最近買ったRobert Glasperの『Black Radio』や、

MONDO GROSSOの『MG4』や、

その他お気に入りのCDをカバンに詰め込んで出発です。

 

 

カーナビでルートを検索。

 

 

高速道路優先で調べると、約1時間半。

 

 

「自分の気分はどうだろう?」

 

 

1時間半ではアルバムが2枚も聴けない。

 

 

一般道優先で調べると、約2時間半。

 

 

夕方の一般道かぁ。

 

大阪を通り抜ける時にかなり混むかもしれないけど、

時間には余裕があるし、たっぷり音楽を聴ける方が楽しい。

 

 

というわけで、「一般道優先」を選択してスタート。

 

 

 

 

安いレンタカーだけあって、

アクセルを踏んでもなかなかスピードが出ないし

音響もそれなりだけど、音楽を聴きながらのドライブは楽しい。

 

先を急ぐでもなく案じるでもなく、

ただ好きな音楽がある「今この時」を楽しんでいたら、

一度も渋滞にあうことなく快適にドライブができました。

 

 

ナビ通り約2時間半で到着。

 

 

実家での用事は3時間ほどで終わりました。

 

 

さあ、帰り道はどうしよう。

 

 

高速道路か一般道か?

 

 

「今の気分は?」

 

 

まだ聴きたいアルバムは何枚かあるけど、

1分でも早く帰ってビールが飲みたい!

 

 

「高速道路優先」でルートを選択。

 

 

料金所以外はほぼノンストップで

兵庫と大阪を通り抜けて奈良へ。

 

「高速代約3千円が高い↓」よりも、

「早く帰りってくつろぎたい↑」の気持ちの方が強かったんですね。

 

ただ、1分でも早く帰りたい気持ちはあるけれど、

スピードが苦手な私は終始80劼阿蕕い琉汰官薪勝

 

そんなゆっくり運転でも、

Black Radio2』と夜の高速道路との相性はバッチリで、

とても気持ちのいい1時間半でした。

 

 

 

 

 

「自分の行動原理は?」

 

「物事の選択基準はどこにあるのか?」

 

 

前置きが長くなりましたが、

今日お伝えしたかったのはそのことです。

 

 

「お金」なのか?

「気分(言い換えるなら私の中の本当の私)」なのか?

 

 

今回の件は3千円とか1万円とか小さい話なんですが、

私の「気分」は車で行くことを明確に望んでいました。

 

でも、それを無視して「お金」を選択基準にしていたら・・・

 

 

「レンタカーはお金がもったいないからやめておこう」

 

 

電車に乗ってそんなに気分が上がらないまま実家に着いて、

気分が上がらない話で更に「ヴォルテックス」から離れて、

その気分のまま電車に乗って帰る。

 

やがてその気分が、

「望まない未来」を創る種になっていく・・・。

 

「お金」や「自分以外の何か」を「自分」よりも大切にすると、

人生がちょっとずつおかしくなります。

 

 

以前の記事で「中心意識」ということを書いたのですが、

それと同じですね。

 

この日の私は、自分の中心にある操縦席に

「お金」ではなくて「自分」をおいたんです。

 

そうすると「どうなったのか?」というと、

すごく気分がよくなりました。

 

 

ただ、それだけです(笑)

 

 

「お金がもったいないから」・・・願望を制限したり、

「お金のために」・・・自分の気持ちを犠牲にしたり、

「持っているお金の多寡」・・・で、自分や他人を評価したり。

 

 

これ、ついつい忘れがちな真実ですが、

「お金」というのは「道具」です。

 

「道具」を自分の人生や世界の主(あるじ)にしないで、

「道具」は自分の気分をよくするために使えばいいんですね。

 

もちろん持っている範囲内で。

自分の懐から余裕を持って使える範囲内で、ですよ。

 

お金がないなら、ないなりの楽しみ方を工夫する。

 

 

そして、いつでも「自分の気持ち」を尊重する。

 

自分の中心に自分をおく。

 

 

いつでも「自分」>「お金」で物事を捉えるようにする。

 

 

そうすると「自分の正直な気持ち」が見えるようになってきます。

 

 

「正直な気持ち」が見えたら、

自分に使えるお金の範囲内でそれを叶えてあげる。

 

この時に、「抵抗が生まれない道を選ぶ」ことが肝心です。

 

 

例えば・・・

 

 

「抵抗」を感じながらお金を使ったり、使わなったり、

「抵抗」を感じながらお金を稼いだり、稼がなかったりするのは、

 

 

ちょっと違いますね。

 

 

こう書いている私も、

この歳になるまでずっとそうやって生きてきました。

 

「自分の正直な気持ち」よりも

「お金」や「自分以外の何か」を基準に色んな選択をしてきました。

 

このことに気づけた貴重なドライブでした。

 

 

 

 

 

最後に、この話のつづきです。

 

 

レンタカーは翌日の夕方までの契約なので、

翌日の朝は車でしか行けないカフェへ行って

モーニングをいただきました。

 

豊かな時間でした。

 

 

そして、その足でリサイクルショップへ。

 

我が家の押し入れに眠っている、

10年前に買って1度しか使っていないタープテントを

車があるこの機会に処分することにしました。

 

自転車で持っていくには重すぎるんですね。

 

「売れても千円程度かなぁ」と思っていたら、

5千円近くで買い取ってもらえました。

 

これはラッキー。

 

 

レンタカー屋さんに車を返し、自転車で家に戻ります。

 

この日が2回目のお客さまと、

その方の知人で新規のお客さまを施術。

 

とてもいい時間を持てました。

 

 

その後、パソコンを開いてメールチェック。

 

 

「!!」

 

 

施術の時間中に届いていたのは、

7月末に応募したカラオケ大会の音源審査に

合格したとのメールでした。

 

去年出たのとはまた別の大会で、

大阪での予選に出られるそうです。

 

 

 

 

やりました!

 

 

 

 

楽しいことの後には楽しいこと、

楽しいこと→楽しいこと→楽しいこと・・・

 

 

「今の感情が未来を創る」ということを実感した午後でした。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode