ふくちゃんの出産

我が家の桜文鳥、ふくちゃん(♀)。

 

今一緒に暮らしている白文鳥のニコちゃん(♀)や、

2016年に天国へ行ったはなちゃん(♀)とも違う、

なんか不思議な子です。

 

だから「この子は産まないだろう」と、

勝手にたかをくくっていました。

 

 

ところが、4月に入ってから体重が日に日に増加。

 

夜もケージの中で落ち着かない様子です。

 

 

「これは産むかも?」

 

 

そして、4月14日の朝にケージを開けると、

すでに脚がフラフラ。

 

立っているのがやっと、という感じ。

 

このまま放っておいたら、

はなちゃんのように卵詰まりになります。

 

 

急いでスウェットのネックウォーマーで巣を作り、

フラフラのふくちゃんを中へ入れる。

 

下からオイルヒーターでガンガンに温める。

 

 

しばらくして中を覗くと、

白に少し黄色味がかった可愛らしい卵が

ふくちゃんのお腹の下にありました。

 

産後も脚がフラフラでちょっと泣きそうになりましたが、

数時間もすればいつもの元気なふくちゃんに復活。

 

 

その後もほぼ毎日1個ずつ産み続けて、

最終的に卵は7個になりました。

 

最初の3個には少し血がついていたので、

しんどかっただろうなぁと思います。

 

 

写真は抱卵中のふくちゃんです。

 

 

 

 

 

誰も教えないのに、

動物は本能でやるべきことを知っているんですね。

 

 

 

 

ニコちゃんの時と同様、

ふくちゃんが産んだのも無精卵です。

 

これを温めていても腐るだけなので、

出産の度に偽卵(ぎらん)に差し替えました。

 

これ以上産まないようにと、8個に増量。

 

 

そのせいか、たまに覗くと、

ふくちゃんの身体の外に卵がいくつもはみ出している。

 

 

「ふくちゃん、温めきれてないやん(笑)」

 

 

 

 

ちなみに、このネックウォーマーは

ニコちゃんが出産と抱卵に使ったのと同じもの。

 

私のお気に入りなのですが、

この冬私が使う機会はほぼありませんでした(涙)

 

 

最後の卵を産んでからもうすぐ2週間。

 

そろそろ抱卵に飽きるころかなぁと、

ふくちゃんの様子を見守り中です。

 

 

 

そして、白文鳥のはなちゃんはと言うと、

現在換羽中です。

 

 

 

 

毎日たくさんの羽が抜けては新しい羽が生えてきます。

 

あまり触って欲しくないのでしょう。

この時期になるとケージからほとんど出てきません。

 

 

 

 

私にとってはちょっと寂しい時期でもあります。

 

 

 

 

以上、なにかと忙しいおふたりの近況でした。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode