今の自分を受け容れる

今日は早朝からちょっと腹立つことがありました。

 

 

「ムカつく!」

 

「このヤロー!」

 

「アホ!」

 

「ボケ!」

 

「でも、こんなことが続いたらどうしよう」

 

 

この気分をなんとかする方法は、

いつもこのブログで書いている通り、

そんな自分を受け容れることから始めます。

 

怒って、苛立って、不安になっている自分と、

今感じている「正直な感情」をオッケーにし続ける。

 

 

「大丈夫、正直に感じるままに感じていい」

 

「ネガティブな気分になって当たり前」

 

「何も問題なし!」

 

 

そう自分に伝え続ける。

 

 

自分の感情(=波動)が変われば、

現実の方もそれに見合ったものに変わるはずだから、

問題に対処するような行動は何もしない。

 

 

モヤモヤしつつも、いつも通りの朝を過ごす。

 

トイレに行ったり、ウチの奥さんとココアを飲んだり、

ニコちゃん・ふくちゃんのお家を掃除したり・・・。

 

 

そうして、自分の気分が

ニュートラルにまで戻ってきたらしめたもの。

 

 

しばらくすると、

現実の方が勝手に解決していました。

 

 

「めでたし、めでたし」です。

 

 

 

 よくなった自分の波動に対する

 宇宙の反応を観察しなさい。

 

 

 

現実を「行動」で変えることよりも、

自分の気分や感情を整えることに注力する。

 

 

今日も、エイブラハムのこの言葉に救われました。

 

 

 

Happyさんのこの動画もかなり良かったです。

 

 

 

 

観測問題、ゼノン効果、自己受容、自己肯定、

思考パターン、フィールドの話、などなど。

 

松丸政道さんの説明はわかりやすいですね。

 

特に「観測問題」と「ゼノン効果」についての解説は、

自分が日々仕事で感じていることを

より論理的に理解するための助けになりました。

 

 

あと、人間の「三つの評価基準」についての話も。

 

1. Doing(行動)

 

2. Having(結果)

 

3. Being(存在)

 

「1・2」と「3」を切り離すことが

「自己受容」だという説明も良かったですね。

 

 

お時間がある方は是非ご覧ください。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode