恋愛について

恋愛の最初の頃は

お互いに「好き」だけでいられるけど、

時が経つにつれて不満が出てきたり、

気持ちが冷めていくのはなぜだろう?

 

結婚して何十年も経っている両親を見ていると、

お互いといて楽しそうにも見えない。

 

むしろ、お互いに対して不満を持ちながらも、

仕方なく一緒に暮らしている感じ。

 

周りの夫婦を見ていてもそんな風に感じる。

 

私もいずれは結婚したいけど、

両親のようになるのなら希望が持てない。

 

 

20代前半のあるお客さまとそんな話になりました。

 

 

 

 

多くの場合、恋愛の最初の頃は、

相手の「良いところ」しか見えていないから、

相手といるだけでお互いが幸せになれる。

 

実は、「相手の良いところだけを見る」というのは、

私たちの本質の部分(ソースエネルギー、愛、神性、ハイヤーセルフ)が

自分自身や人や物事を見るのと同じ見方なんです。

 

だから、相手をそういう風に見て喜んでいるだけで、

勝手に自分の波動がソースの波動と一致して、

幸せを感じてしまう。

 

要は、恋愛の相手を介してソースとつながっている状態。

 

言い方を換えると、

お互いがお互いの電気のコンセントになったようなもので、

その人と会うだけで自分の元気が充電される。

 

他の現実がどんなに不満だらけでも、

その人と会うだけで不思議と幸せになっちゃう

(ような気になる)。

 

ソースとチャンネルが合って幸せを感じると、

自分の人生そのものも良く思えてくるし、

相手に何かをしてあげたくもなる。

 

 

見ず知らずの赤ちゃんでも、

彼ら彼女らを見ると自然と笑顔になったり、

胸が温かくなったり、

喜ばせてあげたくなるのと同じです。

 

なぜなら、赤ちゃんはソースの波動そのものだから。

 

赤ちゃんを見て悪いところなんか探しませんものね。

 

 

 

 

しかし、恋愛関係を続けて時が経つと、

次第に相手の「悪いところ」が目につくようになる。

 

最初は「あれ?」ぐらいの違和感。

 

その違和感を深く掘り下げようとするのが私たちの悪い癖で、

掘り下げれば掘り下げるほど、

他の悪いところやアラまで目につくようになってくる。

 

そういう目で相手を見続けている内に、

「悪いところ探し」の思考は雪だるま式に大きくなる。

 

おまけに、自分が相手の悪いところを見るようになると、

相手もなぜか自分の悪いところを見るようになる。

 

そうすると、二人で一緒にいることで、

お互いがソースの波動とズレるようになる。

 

最初の頃のように元気を充電できなくなるばかりか、

二人でいると逆に元気が消耗されていく感じ。

 

でも、「以前は喜ばせてくれた」「元気になれた」

という記憶があるから、相手にそういう行動を

求めて期待する思考だけが相変わらず続いてしまう。

 

 

「相手が変わってくれたら、自分も気分良くいられるはず」

 

「あの人が気に入らないところを直してくれたら・・・」と。

 

 

しかし、相手からは期待通りのものは返ってこない。

 

 

 不満、苛立ち、失望、疑い、落胆、怒り、嫌悪・・・

 

 

その相手からすると、一緒にいて

こういうネガティブな感情になる相手に、

「喜ばせよう」とか「何かをしてげよう」なんて思えませんもの。

 

もちろん、自分もそうですね。

 

ソースと波動がズレて存在状態が低下したら、

人に何もあげられなくなるのは当然です。

 

 

でも、大抵の人は他に解決策を知らないから、

 

そういう相手にまた期待をする→期待通りのものが返ってこない

→更に相手の悪いところが目につく→相手に変われと求める、期待する

→相手は変わらない→更に悪いところが目につく・・・

 

 

こういう負の連鎖が続くと、やがて二人は別れてしまう。

 

あるいは、お互いに「自分の機嫌を取ってくれ」

「期待通りの行動をしてくれ」という要求を持ちつつも、

それをあきらめて「ただ一緒にいる」だけの関係になる。

 

あるいは、片方のネガティブパワーや依存心が強すぎると、

言葉の暴力や物理的な暴力をもう一方が受けることにもなる。

 

 

 

 

エイブラハムの教えを実践する前。

 

こういう恋愛や結婚相手についての相談を受けた場合、

 

 

「相手を変えようとするのをあきらめて、

 自分が幸せになることをしてください」

 

 

という風に答えていました。

 

 

斎藤一人さんの影響が大きかったですね。

 

 

 相手に期待しない。

 

 相手を変えようとするのをあきらめる。

 

 自分の機嫌は自分で取る。

 

 結婚相手は人間磨きをする一番の修行相手。

 

 

という考え方です。

 

 

要は、相手に「充電させてくれ」なんて思わないこと。

 

相手がどんな状態であったとしても、

自分自身が電気のコンセントになって、

いい気分や元気や幸せを「自給自足」することです。

 

 

その方法は何でもいい。

 

相手のことは放っといて、

自分の好きなことをしたり、

趣味をつくったり、

美味しいものを食べたり、

散歩したり、温泉に入ったり。

 

 

そういう風に自分で自分を楽しませることをして、

今度は相手を介さずに幸せになる。

 

 

このコンセプトは今でもあまり変わらなくて、

エイブラハムの教えを知ってこれに付け加えたのが、

 

 

「相手の良いところを探して、

 良いところだけを見てください」

 

 

ということです。

 

 

素敵ですね。

 

 

恋愛が始まった頃のように、「ソースの目」で相手を見るんです。

 

 

悪いところや問題は一切見ません。

 

違和感を深堀りしたり、アラ探しもしません。

 

 

それを続けていたら、

徐々にソースの波動とチャンネルが合ってきます。

 

 

そうすると、自然に相手の

良いところばかりが見えるようになって、

悪いところが気にならなくなります。

 

 

そこまでいったら、

「あれ?私、幸せかも?」となれます。

 

 

結婚などの長く続く人間関係で

何が不自由になるのかというと、

「心」なんです。

 

エイブラハムの教えを実践しているおかげで、

私の心は随分「自由」になりました。

 

 

プラス面を記すノート

 

という記事でもご紹介したように、

自分と関わる人や物事、世間の良い面だけを

ピックアップして書くといいですね。

 

 

 

ただし、無理はしないでください。

 

相手のことを既に嫌いになっている場合、

そんな人の良い面を探すのは難しいですから。

 

そういう時は、恋愛の相手や結婚した相手ではなく、

良い面を見つけやすい別の人から始めたり、

全然別の楽しいことをしてみてください。

 

そうやって「いい気分」になって、更に気が向いたら、

問題を感じている相手について取り組んでみるといいですよ。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode