自由、喜び、成長 その2

私はずっと「自由」を求めて来ました。

 

今年に入って、エイブラハムの本を

何度も繰り返し読み込んでいくうちに、

そのことに気がつきました。

 

そして、私はかなり自由になりました。

 

 

なんで自由になったのかというと、

 

 

「今抱いている思考と感情が未来の現実を創造する。

 特に、思考よりも感情が現実創造の力を持っている」

 

 

ということ知って、

自分の感情の責任だけを負うことにしたからです。

 

 

 

家族でも友人でも知り合いでも、

道や電車で出会った見知らぬ人でも、

テレビのニュースや情報番組に出ている人でも、

新聞やネットの記事を書いている人でも、

その人の思考と感情の選択権は当人にあります。

 

だから、その人が何かを見てどんな思考や感情を抱こうと、

それらをどう表現していようと、

それは当人にまかせておくという自由があります。

 

その表現を見てどう感じるかも私の自由ですし、

その表現に注目するかどうかも私の自由です。

 

 

誰かが特定の人をどう思おうと、

日本や世界をどう見ようと、

政治や経済をどう見ようと、

ニュースを見てどう思おうと、

人生そのものをどう思おうと、

 

どんな人生哲学を持っていても、

何を信仰していても全ては自由。

 

 

みんな同じ選択をしなくてもいいという自由。

 

 

同じものを見て、

ある人は満足する。

 

ある人は不満に感じる。

 

ある人は何も思わないし興味もない。

 

 

その選択を「ただそうなんだ」と許容できる自由。

 

 

自分の見たいものは、

自分の好きなように選択できる。

 

自分の感じ方は、

自分の好きなように選択できる。

 

 

その自由が誰にでもある。

 

 

つまり、「人生は自分で選択できる(=創造できる)」という自由。

 

 

そのことを理解できたら自由になれました。

 

 

 

 

毎日自由で、平和で、そこそこの喜びがあります。

 

 

しかし、そうやって平和に生活をしていても、

「もっと成長を!」「もっと何かをしなくては!」と、

行動を求める気持ちがムクムクと顔を出します。

 

 

これは私の癖で、

「ちゃんとしなければ」みたいなのがあるんですね。

 

 

例えば、空いた時間ができたら、

なんか意味のある行動でそれを埋めようとする。

 

 

「遊んでいないで勉強しなければ」とか、

「今のうちにブログを書いておこう」とか、

「次の整体院新聞やハガキのネタを考えよう」とか。

 

 

旅の目的地(=成長した自分)へ

早く到着することばかりを考えて、

道中の景色を楽しむのをないがしろにしてしまう感じ。

 

 

人生って、ずっと「道中」なのに。

 

 

おかしいですね。

 

 

そして、図鑑を開いたり解剖のDVDを観たりするも、

途中で眠くなって全然頭に入って来ない。

 

書きたいことが浮かんでいないのだから、

ブログも原稿もろくに書けない・・・。

 

 

だからその行動は、

「ただ行動しているだけ」に終わる。

 

「不足や不安を埋めるため」という場所から出発した行動は、

喜びにも成長にもつながらない。

 

 

それどころか、そんな行動を繰り返していて、

焦りや我慢、苦しみ、不安なんかの

感情が顔を出したらもう本末転倒です。

 

 

(まぁ、だいたいそういう感情が顔を出します)

 

 

そんな思考と行動を繰り返していると、

人生の基盤である自由さえも失われてしまいます。

 

 

そういうわけで、なるべく自分が

「今やりたい」と感じることや、

その時の旬な感覚を大切にしたいので、

自分をよく観察するようにしています。

 

 

「これ、やりたいからやっているのか?」

 

「やらなければいけないからやっているのか?」

 

「喜びから行動しているのか?」

 

「不安や怖れから行動しているのか?」

 

「権威のある誰かに言われたから選ぼうとしているのか?」

 

 

 

 

成果を求める行為をする気が起きない時は、

 

好きな場所で本も読むし、

景色を楽しみにブラブラ散歩もするし、

文鳥のニコちゃん・ふくちゃんとも遊ぶし、

一人でカラオケにも行きます。

 

何もする気が起きない時は、昼寝もします。

 

 

こういう一見すると意味のない行為を

何のためにやっているのかというと、

「喜び」のエネルギーを出すためにやっているのです。

 

もちろん、今を楽しむために。

 

そして、未来に来る「今」のチャンネルを

「喜び」のチャンネルに合わせ続けるために。

 

 

 

 

「勤めていたらそんなことはできない」

 

 

そういう意見もあるかもしれませんが、

思考や感情の方向を変えることは

どんな場所にいても可能です。

 

まず大切なのが、先日の記事にも書いたように、

自分が今いるところをオッケーにすること。

 

 

不満を感じている自分も、

焦っている自分も、

怖れている自分も、

後悔している自分も、

不安になっている自分も、

むかついている自分も、

誰かを批判している自分も、

体調が悪い自分も、

 

とりあえず「そのままでオッケー」にしてみる。

 

 

「今いるところが、今いるところ、それでオッケー」です。

 

 

自分が今いるところを否定し出したら

自己嫌悪や自己否定が始まり、

感情はどんどん悪い気分へと落ちていきます。

 

また、今いるところから

「早く抜け出そう」とすればするほど、

焦り、不安、怖れが大きくなります。

 

でも、「そのままでオッケー」にし続けたら、

安心の感情が生まれます。

 

 

「ネガティブなままでええわ〜」って、

 

 

思い続けて、思っている自分を

肯定し続けるとホッとするんです。

 

(これにはびっくりしますよ。ぜひやってみてください)

 

 

悪い気分になっている自分を

「そのままでオッケー」にし続けたら安心できる。

 

一見すると不思議だけど、

実は論理に筋が通っていて面白いです。

 

 

※ただし、暴力などの被害を受けている場合は別です。

 そこからすぐに抜け出しましょう。

 思考の転換や「そのままでオッケー」はその後に。

 

 

 

 

「ホッ」と安心ができたら、

自然に感情の段階が上がっていきます。

 

「まぁ、このままでなんとかなるやろ」と心から思えたら、

その通り「なんとかなる」現実が未来に現れはじめます。

 

 

ちなみに、「誰も信じられへん」と思って仕事をしていたら、

周りのみんながちゃんとミスをしてくれます。

 

(これは10年以上前の私の実体験です)

 

 

 

今いるところで否定の感情を出していると、

「否定したくなる未来」にチャンネル合わせることになる。

 

今いるところで肯定の感情を出していると、

「肯定したくなる未来」にチャンネルを合わせることになる。

 

 

全ては「今ここ」の感情のチャンネル合わせ。

 

 

それだけなんだと思うと、

毎日を気楽に生きられるようになりました。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode