動的な発生学

先日、一緒にオステオパシーを学んでいた仲間と

久しぶりに電話をしました。

 

内容は、2014年のセミナーで

レイモンド・ガッサー博士から学んだ発生学について。

 

当時はチンプンカンプンだった内容も、

今では随分と理解できるようになりました。

 

「よくがんばった、成長したもんだ」と

お互いに自画自賛です(笑)

 

 

オステオパシーでは「動的な発生学」が重要視されます。

 

動的な発生学とは、

拡大・成長しながら全身の各器官がつくられていく、

その動きを知ることです。

 

なぜそれが重要なのかというと、

大人の体内にもそういう「発生の力」が残っているから。

 

そして、施術中の術者の手に感じられる身体の動きは、

拡大・成長していく発生の動きとよく似ているから。

 

私が師事した先生の多くは、

ご自身のそういう感覚をもとに

理論と技術を教えてくださいました。

 

 

今の私が日々の施術で感じているのは、

全身の液の流れや動きのようなもの。

 

もしかしたら発生の動きを感じているのかもしれませんが、

まだ私の中で両者は明確につながっていません。

 

まぁ、いつかどこかのタイミングで、

つながってくるのだろうと思います。

 

 

私の場合、発生学にしても解剖学にしても

動画で観る方が分かりやすくて好きなので、

DVDやYouTubeを活用しています。

 

こういう動画はイメージの助けになりますね。

 

興味がある方はご覧になってみてください。

 

 

 

 

 

こういう分かりやすい動画があるのは、

本当にありがたいですね。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode