私の仕事

 

私の仕事について。

 

 

私の仕事は、縁あって来られたお客さまの

心や身体が元気になっていくための

「お手伝い」をすることだと思っています。

 

エゴや干渉ではない「いいお手伝い」をするためには、

私が「本当の自分」とつながっている必要があります。

 

 

「本当の自分」とつながる方法は、

「今この瞬間」を「いい気分」で生きることです。

 

 

お客さまに施術をしている時も、そうでない時も。

 

 

このブログで何度もご紹介している、

感情の22段階の1〜5ぐらいには存在していたいと思います。

 

(感情の22段階についてはこちらの記事をご覧ください)

 

 

 

 

誰かの「悪いところ」を見ても「いい気分」にはならないので、

施術中はあまりそういう部分は見ません。

 

悪いところは最初に少し確認する程度で、

後の時間は、身体やその人自身の良いところを感じたり、

自分の存在状態やお客さまの身体全体、

空間全体を感じたりしています。

 

 

お話が好きな方やお悩みがある方とは沢山会話をするし、

ただ静かに居たい方とは静かな時間を共有します。

 

いずれの場合にも、自分の中の心地よさを感じながら

今に存在するようにしています。

 

 

どんなに重い症状の方が来られても、

自分が責任を持って「治そう」とは思いません。

 

 

「自分の存在状態がベストであれば、

 相手の身体にも最善の影響が生まれる」

 

 

そのことを信じて、

私はただ「いい状態」で存在するだけです。

 

 

「治そう」

 

「治したい」

 

「治さなければ」

 

 

施術中にこういう思考をすると、

私の場合は心が苦しくなるし、

その場にいて楽しくないんですね。

 

そういう時にいい仕事はできない。

 

これは学びからも経験からも知りました。

 

 

 

 

もう7年も前のことです。

 

エドガーケイシー療法で有名な

福田高規先生の指圧講座に出たことがありました。

 

以下は過去の記事からの転載です。

 

 

 

 講座では、施術をする上で大切なことを教わりました。


 それは「自分を感じ続けること」でした。
 考えるのではなく感じること。

 

 では、何をどう感じるのか?

 

 自分のからだの「うれしい」や「かわいい」を感じるのだそうです。
 感じるのは「いい感じ」でもいいし、「光」や「愛」でもいい。
 色々考えずに、ただ自分のからだの感じを観じ続ける。


 そのように観じ続ければ、癒しは自動的に行われるのだそうです。

 

 福田先生は、指圧をする時も体操をする時も、
 「うれしいね〜」「かわいいね〜」を言い続けておられました。

 特に体操をする時は「うれしい!うれしい!」を連発しておられました。

 

 そうやって、自分の感じを観じ続けることによって、
 世界中の人々の心身を健康にしているのだそうです。

 

 

 

あと、指圧をする時には、

相手の身体を通り越して、地球の裏側の空に輝いている

「アルゼンチンの星」を押すように指圧をする、

とも仰っていました。

 

・・・と言っても、

決して強く押すわけじゃないですよ。

 

 

目の前の病変にとらわれず、大いなるものを意識する。

 

 

そのための方便に、

「アルゼンチンの星」はちょうどいいんでしょうね。

 

 

 

 

この講座を受けてから2年後に

私はオステオパシーに出合い今に至りますが、

この福田先生から教わった感覚が

今やっていることにとても近くて驚きました。

 

自分の身体にも相手の身体にも、

「うれしい」「かわいい」「いい感じ」「愛」「光」を

感じるというのは、「健全」を感じるということです。

 

オステオパシーの創始者 A.T.スティルの

「健全を探せ」という言葉ともつながります。

 

「アルゼンチンの星」も、局所にとらわれずに

身体や空間の全体性を感じる時の感覚に近いものがあります。

 

 

そして、エイブラハムの教えともつながります。

 

 

自分にも相手にも「健全を感じる」ということは、

「ソース(本当の自分、内なる自分)の目」で

自分と相手を見るということ。

 

 

 

 誰かのために役に立つのは、

 その人のことを考えて明るくていい気分になれるときだけだ。

 

 不安なく相手を愛しているなら、

 あなたは相手の役に立っている。

 

 いっしょにいて楽しいなら、

 相手の力になっている。

 

 相手は成功すると予想しているなら、

 相手の力になっている。

 

 言い換えれば、あなたの「内なる存在」と

 同じ見方で相手を見られるなら、そのときにのみ、

 あなたは相手の役に立てるわけだ。

 

 

 

「自分の存在状態を高める」

 

「問題や悪いところにフォーカスしない」

 

 

そういう意識で生きていると、

仕事でも人間関係でもきっとうまくいくと思います。

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode