天使と妖精

 

天使と妖精—ホワイト・イーグルの霊示

グレース・クック 著 桑原啓善 訳

 

 

スピリチュアルヒーラーの山村幸夫さんが勧めておられた本で、

天使・妖精・自然霊の存在について詳しく書かれています。

 

5年ぐらい前に読んだ時にはあまりピンとこなかったのですが、

今読み直してみると心に響くところがいくつもありました。

 

この本の中に書いてある最も大切なことは、

誰一人として一人ぼっちで生きている人はいない、

世界から切り離されている人は一人もいないということ。

 

私たちは神の中にいて、私たちの中にも神がいる。

一人ひとりには守護霊さんも指導霊さんも、

守護天使さんもついてくれている。

 

なんと心強いことでしょう!

 

また、美しい音楽があるところ、祭礼が行われているところ、

治療が行われているところにも天使が存在しているそうです。

 

そして、地・水・火・風の四元素の中には自然霊(妖精)がいます。

地の霊はノーム、水の霊はアンディーン、

火の霊はサラマンダー、空気の霊はシルフ。

 

童話やファンタジーの世界にあるように、

自然の中にこういう存在がいるのだと思うとウキウキしますね。

 

 

 

 毎日の生活の中に美を探しなさい。

 これはこういうものだと物事をきめつけないことです。

 花の中に、陽光の中に、露の中に、得も言えぬ美を探しなさい。

 

 もしできれば、朝早く出掛けてみなさい、露が草に置いていましょう、

 細いくもの糸に露が宝石のように光っていましょう。

 小さなくもが作り出すものの美と綾をしっかり見つめなさい

 ——されば、貴方の中に湧き立つものを感じましょう、

 兄弟というような思い、この美しい物と血がつながっている思い。

 

 —中略—

 

 何か生きるものを目にしたら、その生きものを吟味しなさい、

 またその霊へ注意を向けなさい。

 

 木々の根に、幹に、枝や葉にそれを見なさい。

 樹液が上るにつれ湧き立つ白い光を見なさい。

 この同じ現象が花にも藪にも木々にも、

 あらゆる自然に起こるのを見なさい。

 

 常に、すべての生きるものの背後に、内部に、霊を探しなさい。

 

 万物の中の神の生命と一つになりなさい。

 貴方の吸う空気の中に、貴方が飲み浴びる水の中に、それを見なさい。

 空の中に、風の中に、空気の中にそれを見なさい。

 火の中に、それを見なさい。

 この内的な天賦の才を培いなさい。

 

 これを、もしそう呼びたければ、想像力と呼びなさい。

 しかし、想像力とは橋です。物質からエーテル界へと、

 精妙な世界へと人を導く橋であること、これを記憶願いたい。

 

 この天賦の才を使えば、皆さんは自分のためにもなるし、

 人の役にも立つのです。それは皆さんの中に調和を生み出し、

 生活に美を生み出します。何となれば、皆さんが見たことも

 聞いたこともない世界がそこに現れてくるからです。

 

 ですから、自分の枠から一歩を踏み出しなさい、

 制約と限界の具である我(が)を一歩出るようにしなさい。

 自分自身を越え、脳髄の限界を越え、

 想像の翼に乗ってすべり出しなさい。

 

 皆さんは自由になります、真実の光明の地である黙想の地に立って、

 皆さんには物質世界の背後が見えます。

 そのとき同胞の真正の意味を悟りましょう。

 

 キリストのようなものにならねば、

 心をつくし魂をつくし精神をつくして奉仕することはできない、

 このことを皆さんは知ります。

 

 貴方は生命の大海から寸分たりとも離れてはいない、

 このことを知りましょう。

 

 植物、動物、人間、いずれたりとも貴方が同胞を傷つければ、

 貴方もまた傷つくのです。

 

 もう一度、素朴なイエスの教えに戻りましょう。

 

 「幼子たちよ、互いに愛しなさい・・・互いに愛を」

 

 皆さん、私たちは愛において会いました、また愛において別れます。

 しかし、いつも愛の鎖が私たちの心と心を結び付けています。

 皆さんが互いに愛を持たれるよう、

 生命の大いなる兄弟のつながりを大事にされるよう。

 

 互いの人間的な過ちには目をつぶりましょう。

 寛容でありましょう、それはやがて消えるものです。

 

 その時、皆さんは知るでしょう、

 互いが天にあってそうであるように、

 互いはまさに完璧にして真実の光の兄弟であることを。

 

 

 

目に見えない存在を意識することで、自分の枠が拡がります。

世界が広がります。

 

守護霊や指導霊、天使や妖精の存在を見たり感じたりはできなくても、

そういう存在が身近にいることを意識するだけで生活の質が変わると思います。

 

目には見えませんが、私の仕事も

決して一人でやっているのではないと感じています。

 

これからも愉快に謙虚に

自分の枠を拡げていきたいと思います。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode