ニュートラルの質

オステオパシーでは、

施術者のニュートラルの質が重要視されます。

 

いかにニュートラルな状態でその場に居続けることができるか?

 

施術者自身の身心の状態を観察しながら、

お客さまの身体の状態を観察し、

自分たちが存在している空間全体も感じる必要があります。

 

施術者のニュートラルの質が、
治療の質を決めると言っても過言ではありません。

 

 

 

昨年に受けたオステオパシーの研修で、

この「ニュートラル」についての実技がありました。

 

術者役と患者役のペアになり、

術者はベッドに仰向けになった患者の身体に触れる。

 

術者は何もしない。

何も探さない。

 

講師の先生のガイダンスを聞きながら、

ただ坐ってニュートラルで居続ける静寂な時間。

 

・・・と、表向きはそうでしたが、

心中はそんなに穏やかではいられません。

 

 

「ニュートラルにならなければ」

「もっと心を静かにしよう」

「ニュートラルって・・・これで合ってるんかなぁ?」

 

 

私の場合、緊張、焦り、不安がしょっちゅう顔を出しました。

 

とはいえ、参加者全員が静寂の中にいるので、

部屋全体の空気感はとても心地よいものでした。

 

 

30分ほどして、先生の終了の合図。

 

 

「終了の合図の後、みなさんは本当にニュートラルになりました」と先生。

 

 

終了の合図の後、なぜニュートラルの質が変化したのか?

 

 

 

このことは、エイブラハムが言う

「感情の22段階」に当てはめるとよくわかります。

 

 

 1 喜び、大いなる気づき、自信、自由、愛、感謝

 2 情熱

 3 熱意、やる気、幸せ

 4 ポジティブな期待、信念

 5 楽観

 6 希望

 7 満足

 8 退屈

 9 悲観

10 ストレス、いらだち、短気

11 戸惑い

12 落胆

13 疑い

14 心配

15 非難

16 失望

17 怒り

18 復讐

19 敵意、激怒

20 嫉妬

21 自信喪失、罪悪感、自己卑下

22 恐れ、苦悩、憂鬱、絶望、無気力

 

 

ニュートラルで居続ける実技の時に私が感じていたのは、

11、13、14あたりの感情です。

 

 

「もっと心を静かにしなければ」

「焦っちゃだめだ」

「いやいや、余計なこと考えたらアカン」

「今のこの感じで合ってんのかなぁ・・・?」

 

 

きっと他の参加者の方々も、

同じような感情を持っていたと思います。

 

それらの感情が、終了の合図とともに解放された。

 

「はぁ〜、終わったぁ」って、

術者役の全員がホッとしたんですね。

 

「ホッとする」=「安心」ですから、

感情は自然に「1」(ソースエネルギーの波動)の方へ近づきます。

 

この感情の22段階に「安心」という表現はありませんが、

みんなの感情は4、5、6、7ぐらいにはなったと思います。

 

そして、全員の感情の変化

(=ソースの波動に近づいたこと)を、

この時の先生は肌で感じていたということです。

 

 

 

施術者がニュートラルの質を上げたいなら、

感情をソースに近づければいい。

 

 

「もっとニュートラルになろう」

「無になろう」「意図をなくそう」ともがくと、

「まだニュートラルになれない」という苦しみが生まれます。

 

 

そうではなく、今ここでホッとする思考を選ぶこと。

 

それが、今の自分と本当の自分とのギャップを埋める近道です。

 

良い施術ができた時というのは、

大抵は気楽に朗らかにやっているものです。

 

 

 

 ソースとつながっているたった一人は、

 そうでない何百万人よりも力強い影響力がある。

 

  ——『エイブラハムに聞いた人生と幸福の真理』より

 

 

 

別の先生が「施術中はHappyでいなさい」

と仰っていたわけが今ならよくわかります。

 

いい仕事をしたければ、

その仕事の前にホッとした状態になっておくこと。

 

 

これは、どんな仕事にも共通する真理だと思います。

 

 


コメント
こんばんは。blog楽しみにしています。ココロの持ち方 考え方を毎日参考にさせてもらってます。
毎日blogとコラムを見ることで歪んでいる気持ちや考え方 身体を施術してもらってます。
ニコちゃんも楽しみにしています✨
  • まみ
  • 2017/05/01 1:04 AM
まみさん
いつも読んでくださって、ありがとうございます。
「blogを読んで、気持ちや身体を施術してもらう」
という感覚は面白いですね。
素晴らしいと思います。
またニコちゃんの写真もアップしますね。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)
子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
高橋 和巳
ショッキングなタイトルの本ですが、深く心に響く良書です。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

おすすめ

3 ON FREE
3 ON FREE (JUGEMレビュー »)
JAM&COOL
『星のカケラ』『想い夜空』『素敵なメロディー』名曲揃いのアルバムです。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode