コラーゲン

昨年の記事に
「人の身体は、動かし過ぎか、動かなさ過ぎで壊れる」
ということを書きました。

先日の記事に書いた『ボディ・ナビゲーション ムーブメント』という本の中に、
この「動かなさ過ぎで身体が壊れる」メカニズムを
コラーゲンの観点から説明した興味深い文章がありました。


 人体はコラーゲン製造機である
 次に、身体が要求に応える
 そして、動くことで古いものを一掃し、新しいものを取り入れる

 ポイント1:地中からこんこんと湧き出る泉のように、
 人体は絶えずコラーゲンを生み出している
 結合組織の主成分であるコラーゲンは
 腱、靭帯、軟骨、骨、椎間板などに豊富に存在する。
 この奇跡のタンパク質は構造体を隔てるだけでなく、束ねてもいる。

 想像に難くないが、これは絶妙なさじ加減が要求される。
 コラーゲンが多過ぎれば粘性が増して可動域が制限され、
 少な過ぎれば不安定になる。

 さらに厄介なのは、あらゆる部分が同量のコラーゲン物質を
 必要とするわけではないという点である。
 
 腰部(胸腰腱膜によって非常に安定している)には
 多量のコラーゲンが必要だが、
 三角筋(動きが大きい)は比較的少ない量で足りる。

 部位によって可動性が異なるため、状況はさらに複雑になる。
 例えば肘は一日中よく使われるが、
 首や股関節が目一杯に使われることはほとんどない。

 ではどうやって人体はコラーゲン線維を送るべき場所を知るのだろう。
 実は”知る”のではなく、合図 ー 特に人体の動きが出す合図を待っているのだ。


 ポイント2:身体が要求に応える
 「使わなければ駄目になる(Use it or lose it)」
 という諺は単に韻を踏んでいるわけではなく、
 健全な組織と可動域(ROM)に関する紛れもない真実なのである。

 身体を動かすと、体内の組織はその可動性を維持するために適応する。
 動かさなければそれに応じて、組織を変えていく。
 
 ー中略ー

 身体は「おや、首はもう動かさなくていいのか。
 それならコラーゲン線維を厚めに敷いてスタビリティを高めよう」と考える。
 身体はいつもその声に耳を傾けて、適応しているのである。

 ここで疑問が出てくる。もし組織(特に筋膜と筋肉)が
 互いにくっついて自由に動けなくなったとしたら、
 身体の機能はどうなるのだろう。

 答えは・・・うれしいものではない。

 可動域の減少はさておき、固まった組織は関節痛の大きな原因になる。
 先の頚椎の例では、筋膜単位(筋肉と筋膜から成る)が
 望ましくない場所で互いにくっつき合う。
 1つの筋肉が引っ張られて別の筋肉をねじり、
 さらに関節を正しい方向からはずれて引っ張る。
 周囲の筋肉は無関係の仕事に駆り出され、間もなく一連の悪影響が出始める。

 このように身体のある箇所で起きた癒着が、
 別のどこかの関節で機能障害や痛みを引き起こすことになる。


 ここで我々は動きの減少がもたらす恩恵の1つ
 (ポイント3):コラーゲン線維を一掃して新たなコラーゲン線維を生み出す
 という能力に行き着く。

 85歳になってもチャチャチャを踊りたいなら、
 身体を動かすとともに体内にある物質を動かすことが重要である。

 例えば、体液の多くは心血管系の血管以外に存在する。
 これはポンプシステムが備わっていないためで、
 体液は組織の奥深くで淀んでしまうからである。

 その代わり間質液、酵素、微粒子は、
 主に関節の吸引・放出の推進力により、組織が動いて再利用される。
 したがって、関節を動かせば関節だけでなく
 その周辺にある体液を濾過して再生することができる。

 コラーゲン、要求、一掃という3つの概念は、
 筋膜組織、モビリティ、スタビリティの間で絶え間ない動きを意味している。



※モビリティ=可動性 スタビリティ=安定性



専門用語が多くて少し分かりにくかったかも知れませんが、
要は「普段動かさないところはどんどん動かなくなっていきますよ」
ということです。

逆に動かせば、コラーゲン線維の質も変わっていくし、
体液の循環も良くなっていくということ。


年輩の方によく見られる円背(えんぱい)や側弯症は、
身体自身の適応の結果とも言えます。

背中を丸めたままの状態が日常的に続けば、
身体が「ああ、そうですか。ここは動かす必要がないのね」と判断して、
可動性よりも安定性を増すよう組織を変化させてしまうんですね。

これと同じように、
肩を動かさなかったらバンザイもしにくくなるし、
背中が痒くても自分の手で掻けなくなる。

足の指を使わないと踏ん張れなくなるし、
外反母趾の様に足のカタチまで変わってしまう。

肉体労働よりも頭脳労働が主流になった今、
やはり適度な全身運動は必要だと思います。

散歩、ジョギング、体操、ストレッチ。
水泳やヨガもいいですね。

毎日じゃなくても週に3日とか4日とか、
こつこつ続けることで身体は変化していきます。


「人の身体は、動かし過ぎか、動かなさ過ぎで壊れる」


動かしにくくなってからでも遅くはありませんが、
動かしやすい「今」からはじめた方が楽ですよ。

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)
子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
高橋 和巳
ショッキングなタイトルの本ですが、深く心に響く良書です。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

おすすめ

3 ON FREE
3 ON FREE (JUGEMレビュー »)
JAM&COOL
『星のカケラ』『想い夜空』『素敵なメロディー』名曲揃いのアルバムです。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode