気の話

世の中には「気」を使った療法が数多くあります。

インターネットでも街中でも、気功やヒーリングなどの文字をよく見かけます。

整体の世界では、野口整体の「愉気」が有名です。
野口整体以外でも、施術に「気」を取り入れておられる方は多い。

直接患部に手を当てたり、
触れずに少し離れた位置から手をかざしたりなど、その方法は様々です。
遠隔地から送るという方法もあります。

それだけで、凝りや痛みが緩和されたり、
場合によっては病気が治ったりすることもあります。

「気」を感じた事が無い人にとっては、信じがたい話です。
目に見えないエネルギーを使うのですから、
本当に効くのかどうか怪しいと感じられるのも当然だと思います。

でも、目には見えませんが、「気」は誰のからだにも流れていますし、
宇宙のあらゆるところに存在しています。


富士山

「手当て」と言う言葉があるように、
手を当てて痛みを取り除こうとする行為は、昔から自然に行われていました。

親しい人のからだのどこかがこっていたり痛みがある場合、
そこにしばらく手を当ててみてください。
無闇に揉んだり叩いたりするよりも、こりや痛みが和らぐかも知れません。

ただし注意点が2つあります。

1.事前に、両手を擦り合わせるなどして、なるべく手を温めること。

2.「治そう」「治れ」などとは考えないこと。

1の理由は、手が温かい方が、皮下組織の緊張が緩みやすいからです。
そして何より、温かい手の方が気持ちが良いです。

2の理由は、「治そう」とか「治れ」と思って手を当てると、
知らず知らずに自分の「気」を相手に与えてしまうからです。
「他人に気を使う」と疲れるのと同じことです。
自分の元気が無くなってしまいます。

野口整体の創始者、野口晴哉さんによれば「天心」で行うのが良いそうです。
天心とは、天のように無私無欲で何も考えない心の状態です。




彼の著書『整体入門』にはこう書いてあります。

 天心で欲のない、相手に何ら求めることなくもなく、恩を着せようとせず、
 ただ自然の動きに動く、そういう心の状態でやらなくてはならない。
 親切にしてやろうとか、やってやる、受けてやるというような心があったり、
 自分の技術を誇るとかいう心でしてはならない。

そんな風に何も考えないのが難しければ、
相手に対する愛情の念を抱いて手を当てていれば良いと思います。
「好きですよ」とか「愛していますよ」とか。
それが照れくさいなら「ありがとう」でも。

時間は、5分でも30分でも自由です。
手を当てている人が疲れないようにしてください。
何の害もありませんから、1週間に1度でも毎日でも、回数も自由です。
ただし、テレビを観ながらするのはお薦めしません。

手を当てるだけですから、力は要りません。
当然、揉んだり叩いたりするよりも疲れません。

こんな楽な方法で、症状が緩和されたらラッキーですよね。
そう思われた方は是非お試しください。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)
子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
高橋 和巳
ショッキングなタイトルの本ですが、深く心に響く良書です。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

おすすめ

3 ON FREE
3 ON FREE (JUGEMレビュー »)
JAM&COOL
『星のカケラ』『想い夜空』『素敵なメロディー』名曲揃いのアルバムです。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode