「願望」と「思考・感情・信念」の綱引き

 

過去に書いたブログの記事を整理していたら、

公開せずに下書きのまま保存していた記事がいくつかありました。

 

今日はその中から、2年前に書いた

『「願望」と「思考・感情・信念」の綱引き』

という記事をご紹介したいと思います。

 

 

今の自分が書く文章とは感じが少し違いますが、

表現したいことは基本的に変わらないです。

 

 

興味がある方は読んでみてください。

 

 

 

 

「いつまでも健康で若々しくいたい」←→「年齢には逆らえない」

 

「病気を治したい」←→「私の身体に回復する力があるなんて信じられない」

 

「ガンになりたくない」←→「今は二人に一人の割合でガンになるらしい」

 

「魅力的になりたい」←→「自分の容姿が嫌いだ」

 

「幸せになりたい」←→「結婚できない私には無理」

 

「自分の意思を持った子に育って欲しい」←→
「私が監督しないとこの子は道を踏み外してしまうだろう」

 

「楽しく仕事がしたい」←→「上司が私を正当に評価してくれない」

 

「今よりもいい職場に転職したい」←→
「自分の学歴、年齢、キャリアだと、行ける所は限られている」

 

「好きな仕事がしたい」←→「好きなことをやって生活はできない」

 

「もっとお金が欲しい」←→
「お金に困らない生活ができるのは限られた成功者だけだ」

 

 

こういう「願望」vs「思考・感情・信念」の綱引き。

 


この綱引きの引っ張り合う力を止めたり和らげたりするのが、

エイブラハムの教えの内容です。

 

 

もちろん止めたり和らげたりするのは「願望」の方ではなくて、
「思考・感情・信念」の方です。

 


「願望が叶う前に、
 願望と同じ波動(=いい気分)でいれば、
 願望に対する抵抗がなくなる」

 


このことを信じて任せておけば、
宇宙が「願望」という目的地まで連れて行ってくれる。

 

私たちが「願望」に対する純粋な期待を持ち続けて、

「願望」が叶うことを疑いさえしなければ、

綱引きにはならないんです。

 

 


・・・とは言っても、

私たちはついつい疑ってしまいます。

 


「いくらなんでも、
私のこの状況では無理でしょ?」

 

「このひどい現実からはきっと逃れらない」

 

「こんなの叶いっこないでしょ?」

 

「私にそんな力があるわけない!」

 


私たちがこうやって引っ張りはじめると、
願望さんは目的地へ連れて行こうにも連れて行けません。

 

 

 

 

でも、安心してください。

 

 

願望さんは引っ張る力を決して弱めません。

 

むしろ、年月を経る毎にその力は強くなっていきます。

 

 


エイブラハムはこのことを川の流れに例えていて、

 

 

「願望の流れに任せて『下流』へ流されていけば、
 あなたが望んでいた目的地に着くよ」

 

 

と言っています。

 

 

「でも、みんな一生懸命漕ぐんだよね。
 何も無い『上流』へ向かって・・・」

 

 

(この辺の詳しい話は『実践 引き寄せの法則』をお読みください)

 

 


小さなものでも大きなものでも
自分の願望が現実になっていない時は、
無意識にこの「綱引き」をやっていることが原因です。

 

もし「やってるかも!」と気づいたら、
「思考」を少しずつ変えましょう。

 

ポイントは「ホッとして気分が楽になる」感覚です。

 

ホッとして気分が楽になれば、

自分の波動がソースの波動に近づいて、
綱を引っ張る力が勝手に弱まります。

 

そのままホッとする思考について考え続ければ、
「願望」に綱がどんどん引っ張られて、
自然に思考の転換も楽になっていきます。

 

 

 

 

「願望」の対戦相手としては、
「信念(ずっと考え続けている思考)」が一番の強敵です。

 


例えば、毎年必ず花粉症で苦しんでいる人が、

 

 

「そうか、思考と感情を変えれば治るんだな。
よし!今年は大丈夫だ!」

 

 

とは、すぐに思えないですものね。

 

 

 

「願望」vs「信念」

 


「ちょっとこの対戦は止められないなぁ・・・」

 

 

と思ったら、素直に
対戦場所から逃げることをおすすめします。

 

一旦そこから逃げて、
他の場所で楽しいことをして元気になる。

 

もしくは、勝てそうな対戦から手をつける。

 

私たちが生み出した願望は無数にありますから、
綱引きをしている対戦場所も無数にあります。

 

 

数日後の未来日記を書いてみてもいいし、

 

プラス面を記すノートを書いてみてもいいし、

 

フォーカスの輪をやってみてもいいし、

 

1日の節目毎に意図を明確にしてもいいし、

 

とりあえず何かで自分を「いい気分」にするだけでもいい。

 

 

 

 

簡単に勝てそうな(現実化できそうな)ものから手をつけて、
「自分が創造した!(かも?)」という感覚を味わってみる。


そうやって小さな成功体験を積み重ねていると、

少しずつ自信がついてきます。

 

立ち止まって今の自分を感じてみた時、

前よりも「いい気分」になっている瞬間が
増えていることにも気がつくようになります。

 

 

 

ただし、この「綱引き」は形を変えて一生続きます。

 


なぜなら、私たちの人生に完成はないからです。

 

 

私たちの願望がなくなることもないし、
私たちが完璧になることもない。

 

 

 

最後にエイブラハムの言葉を。

 

 

 人生の基盤は絶対的な自由、

 

 人生の目的は絶対的な喜び、

 

 人生の結果は絶対的な成長である。

 

 

 

 


80文字 その2

 

『マイ奈良』の「ショップ情報」のページ。

 

 

 

 

このページには、1枠約80文字で

色んなお店の情報が紹介されています。

 

 

ただ、私の場合は、

 

 

「どこがショップ情報やねん」

 

 

ということを毎月書いています。

 

 

 

今日は、私が書いた1年間分の文章をご紹介したいと思います。

 

 

お時間がある方は読んでみてください。

 

 

 

 

 

 自分の心を基準に生きる。

 

 今好きだからそれを選ぶ。

 

 今気分が乗るから行動する。

 

 あなたが日々の中で物事を選択するかしないかの理由は、

 それだけで十分。

 

 それだけが全てです。

 

 

 

 この世界には常に「望まないもの」「望むもの」とがあります。

 

 病気の反対には健康があります。

 

 病気を見ず、元気で楽しいものを見て、

 楽しい想像をし、それに心を踊らせる。

 

 それが健康になる方法です。

 

 

 

 あなたについて誰が何と思おうがどうでもいい。

 

 「あなたがどう考えるか」

 

 それだけが重要なことです。

 

 他者の価値観の多様性を許容できた時、

 あなたの心が自由になります。

 

 

 

 自分の暮らしの「いいところ」をノートに書きましょう。

 

 自分、家族、人、家、街、仕事など。

 

 あなたが問題点を無視して「良い面」だけに注目すると、

 現実は更にそれを見せてくれますよ

 

 

 

 

 誰かに何かをやめさせようと努力するよりも、
 その行動に対する自分の心の持ち方を変える方に

 パワーを使いましょう。

 

 あなたが完璧にコントロールできるのは、

 あなたの心だけです。

 

 

 

 今喜びを感じられるかどうかは

 

 「今何に対して注意を向けるか?」

 

 という、あなたの選択だけにかかっています。

 

 このことを日々実践し続ければ、

 本当の自由が手に入りますよ。

 

 

 

 正しさ」とは、

 その人にとっての「心地よさ」でしかありません。

 

 心地よさは人それぞれ。

 

 食の好みが違うのと同じだと思えば、

 正しさの違いで迷うことも争う必要もなくなります。

 

 

 

 ネガティブな感情が湧いたら、

 それを否定せずに受け入れる。

 

 腹が立っても、悔しくても、

 嫌いでも、不安で怖くても、

 

 その感情を受け入れ続けたら、

 不思議と心が楽になりますよ。

 

 

 

 

 人間関係における怒りやイライラの多くは、

 自分の期待が裏切られた時に生じます。

 

 「人は自分の期待通りにはならない」

 

 この当たり前のことを意識しておくと、

 日々のストレスがぐんと減りますよ。

 

 

 

 自分が持っている才能を知る方法は、

 

 理由もなくただ「やりたい」と思うことや、

 純粋に「好きだ」と感じるものに気づくことです。

 

 それらの中に、あなたの才能の種が必ずあります。

 

 

 

 不安と安心は、ほんの僅かな思考の差でしかありません。

 

 「今見ているもの、聞いていること、

  考えていることは、私をどんな気分にさせている?」

 

 そう自分に問うだけで、思考の方向転換は始まります。

 

 

 

 お金や健康や人間関係など、

 人生の悩みや心配が全部なくなったら私は何をするだろう?

 

 そんな想像をしながら5分過ごしてみてください。

 

 その時のあなたが本当のあなたです。

 

 

 

 

これよりも前に書いた文章は、

80文字』という記事にまとめました。

 

 

興味がある方は読んでみてください。

 

 


自分の幸せのため

自分の行動原理が全て

「自分の幸せのため」だと知っておくと、

思考も言葉もとてもシンプルになります。

 

 

例えば、私が誰かに施術をするのは、

自分の幸せのためです。

 

もちろん、施術を受けた方が元気を取り戻せば、

私がおこなった仕事は「その人の幸せのため」にもなりますが、

そういう仕事ができて嬉しいのは私自身です。

 

だから、私の幸せのため。

 

私が何らかの勉強をして知識を増やせば、

施術を受ける「誰かの幸せのため」にもなりますが、

仕事の質が向上して満足するのは私自身です。

 

だから、これも私の幸せのため。

 

 

全てが「自分の幸せのため」だと言うと、

「それは利己主義だ」と感じられるかもしれません。

 

 

でも、自分が欲しいものの理由を、

 

 

「なぜそれが欲しいの?」

 

「なんでそうなって欲しいの?」

 

「なぜそれを求めるの?」

 

「なぜそれを願うの?」

 

「なぜ?」

 

「なぜ?」

 

 

と、突き詰めていくと・・・

 

 

「自分の幸せのため」

 

 

という答えに行き着くはずです。

 

 

 

 

家族にいい暮らしをさせてあげたいと仕事を頑張るのも、

自分の幸せのため。

 

子どもにいい教育を受けさせたいと思うのも、

ゲームばかりせずにちゃんと勉強をしてもらいたいのも、

いい子でいてもらいたいのも、夢を実現して欲しいと願うのも、

親である私の幸せのため。

 

引きこもりの子どもが早く自立して欲しいと思うのも、

子どもに幸せな結婚をしてもらいたいと願うのも、

親である私の幸せのため。

 

親が健康で幸せであって欲しいと願うのも、

子である私の幸せのため。

 

困っている人を助けてあげたいと思うのも、

誰かの病気の快復を願うのも、自分の幸せのため。

 

国や世界の平和を願うのも、自分の幸せのため。

 

おいしいごはんを作るのも、歌や作品を作るのも、

お客さんに喜んでもらえる商品やサービスを作るのも、

自分の幸せのため。

 

 

「世のため人のため」「誰かのため」と言った方が、

言葉は綺麗に聞こえますが、

 

「私が幸せであるためです」と正直に言う方が、

話がシンプルでわかりやすくなると私は思います。

 

 

 

 

次は、自分の行動原理が全て

「自分の幸せのため」だということがわかったら、

「それを知ってどうなるんですか?」という話。

 

 

「何か欲しいものを得る」→「私は幸せを感じる」

 

 

という図式が普通なんですが、それを一旦脇に置いて、

 

 

「今自分が発しているエネルギーはどうですか?」

 

 

に注目しましょう、という話です。

 

 

 

 

つまり、こういうことです。

 

 

「今幸せのエネルギーを発していたら」=「幸せ」

 

 

未来に何かを得たらという「 → 」ではなく、

今の「 = 」です。

 

 

「今いい気分」=「幸せ」

 

「今美味しい」=「幸せ」

 

「今おもしろい」=「幸せ」

 

「今リラックス」=「幸せ」

 

「今静寂」=「幸せ」

 

「今全力疾走」=「幸せ」

 

「今集中」=「幸せ」

 

 

条件付きの「 → 」に比べると、

「 = 」はどちらかと言えば無条件に近いイメージです。

 

 

「条件付きの幸せ」は、

誰かに(時には自分にも)その厳しい条件を求めて、

お互いの「今」がしんどくなることがよくありますね。

 

また、「条件付きの幸せ」は、

「条件が満たされないと幸せになれない」と言い換えることもできます。

 

その条件が自分以外(子ども、親、パートナーなど)にある時、

「私の幸せはその人次第」ということになってしまうので、

自分のパワーを明け渡してしまうことにもつながります。

 

 

自分の行動原理を知って頭の中をシンプルにすると、

そういうことは確実に減ります。

 

 

プラス、今できる「自分の幸せのためって、何かな?」を、

考えること、感じること、現実におこなうことを自分に許してあげる。

 

 

 

 

私は「今幸せ」の時間が長いのが「幸せな人生」だと思うので、

そういう「今」を生きるようにしています。

 

 


Light

 

マイ奈良2月号の原稿が大晦日の今日仕上がり、

これで今年の仕事が全て終わりました。

 

 

 

 

2019年、白樺整体院をご利用してくださったみなさまに、

心より感謝いたします。

 

このブログをいつも読んでくださっている

まだお会いしたことのないみなさまにも、

心より感謝いたします。

 

 

今年も沢山のお客さまと出会えました。

 

奈良や京都や大阪ばかりでなく、

車や新幹線で何時間もかけて来てくださった方もあり、

本当にありがたい10年目でした。

 

 

 

2017年から、

「今の気分」を大切に生きることを続けてきて、

もうすぐ3年が経ちます。

 

 

見えている現実が好みじゃなかったら、

現実の捉え方を変えたり、現実を見ずに好みの他のものを見る。

 

思考が気分を曇らせるなら、

気分が良くなる思考に変えたり、他のことで気を紛らせる。

 

問題ごとに取り組んで苦しいなら、

問題に取り組まずに気分が良くなることをする。

 

人や物事の悪い面を見ず、良い面だけを見る。

 

不幸の種よりも笑いの種を探す・・・。

 

 

「自分のいい気分をいかにつくるか?」

 

 

そういうことを日々、瞬間瞬間、

ただひたすらやり続けていたら、

 

おかげさまで心配も悩みもほとんどなく、

毎日を平和に暮らせるようになりました。

 

 

おまけに今年の7月には、

私が20年抱えていた重たい荷物も無くなりました。

 

 

年初に引いた、このエンジェルカードの通り。

 

 

Light 「 光、灯り、光明、朗らか、軽やか」

 

 

すっかり身軽になりました。

 

 

これからも変わらず、

自分の光を曇らせないように生きていきたいと思います。

 

 

 

 

明日からはじまる2020年が、

みなさまにとって素晴らしい1年となりますように。

 

 


マントラ

 

 「私が関わるのは、

  私の存在を愛し感謝してくれる人のみです」

 

 

喜びから人生を生きる!

もしここが天国だったら?』の著者、

アニータ・ムアジャーニさんのマントラです。

 

 

私もこの言葉をマントラにしようと思いました。

 

 

彼女の言葉が心に響いた方は、この動画もご覧ください。

 

 

 

 


ライト

 

「自分を充電式のライトボールのようにイメージして、

 そのライトをいかに輝かせるかを考える」

 

 

アニータ・ムアジャーニさんが仰っていた言葉です。

 

 

 

あなたが苦しんでいる時、

心配したり自己否定をしている時、

ライトは暗くなっています。

 

暗い未来を想像している時、

誰かや何かを批判している時、

誰かや何かのために自分を犠牲にしている時、

 

バッテリーはどんどん減っていきます。

 

 

それとは反対に、喜んでいる時、

安心して落ち着いている時、

自分の中に愛や力強さを感じている時、

 

子どもや動物に愛情を感じている時、

(どうやって実現するかは脇に置いて)

明るい未来を想像してワクワクしている時、

 

好きな服を着ている時、

好きなことをしている時、

自分を受け容れている時、

 

ライトは明るく光っていて、

同時に充電もされています。

 

 

今、自分のライトは光っているか?

 

バッテリーはちゃんと充電できているか?

 

 

外出する前には必ずスマホを充電するように、

仕事に行く前や人と会う前、何かの行動をする前には、

自分自身のバッテリーもしっかり充電しておく。

 

例えば、家や仕事を探す前にも

(それがネットの検索であっても)、

事前に充電しておくことをおすすめします。

 

 

なぜなら、自分のライトが輝いているかどうかが、

これから出会う人や現実に大きな影響を及ぼすからです。

 

 

 

 

ちょうど今日は満月。

 

 

2019年の残り19日も、

自分のライトを輝かせながら生きていきたいと思います。

 

 

 

興味がある方は、アニータさんのこちらの動画もご覧ください。

 

 

 

 


最高の組み合わせ

 

 

 十分な収入が得られる仕事を見つけ、

 得たお金で好きなことをして幸せになろうとするよりも、

 幸せに生きることを「キャリア」にしなさい。

 

 幸せな気分でいることがなによりも重要だと考えれば

 ——そして「生活のために」することが幸せであれば——

 あなたは最高の組み合わせを発見したことになる。

 

 

      —————『お金と引き寄せの法則』より

 

 

 

昨日、10年間を振り返った長い記事を書きましたが、

私が伝えたかったのはこのことです。

 

 

誰もが自分独自の「最高の組み合わせ」を発見して、

その体験を味わい尽くすために、

この物質世界に生まれて来たのだと思います。

 

 

「最高の組み合わせ」は、私にもありました。

 

 

 

 

そして、どんな人にも必ずあります。

 

 

 

 

これを読んでくださっているあなたにも。

 

 


才能の種

 

自分が持っている才能を知る方法は、

 

 

 

 

理由もなくただ「やりたい」と思うことや、

純粋に「好きだ」と感じるものに気づくことです。

 


それらの中に、あなたの「才能の種」が必ずあります。

 

 

 

 

自分の才能の種に気づいていれば、

それを伸ばすチャンスも

活かすチャンスも必ずやって来ます。

 

 

 

 


意識の軽さ

 

「奈良駅を降りたら空気が軽い」

 

「呼吸がしやすい」

 

 

先日、大阪から来られたお客さまが仰っていました。

 

 

 

 

 

奈良に来る人は、観光で

「今を楽しむために行動している人」が大半なので、

都市に比べると人々の意識が軽いんですね。

 

 

もちろん、低い山がすぐそこに見えたり、

自然が近いこともありますが、

 

ここにいる人々が発している「意識」の軽さが、

「空気の軽さ」や「呼吸のしやすさ」に

大きく影響しているのだと思います。

 

 

 

 

都市にいて「空気が重い」とか「息がしずらい」と感じた時は、

近くにある公園などで自然に触れてみてください。

 

 

自然は「ただ在るだけ」です。

 

 

そことつながれば、

自分本来のバランスを取り戻しやすくなります。

 

 

 

 

お時間がある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

社会意識と超意識

 

社会意識と超意識 その2

 

社会意識と超意識 その3

 

 


喜び

 

 

 喜びとは何なのか?

 

 

 喜びとは、何の邪魔も入らない動きの自由のことだ。

 

 それは、何の審判もなく表現する自由だ。

 

 恐れや罪悪感なしに存在する自由のことだ。

 

 喜びとは、あなたが自分自身の視点から

 人生を創造していることを知っている状態である。

 

 それは自己の崇高な動きが許されている状態だ。

 

 

 それが喜びである。

 

 

 

 

 なぜ喜びが、最も偉大な在り方なのだろうか?

 

 

 それは、あなたが喜びの状態にあるとき、

 あなたは神そのものである流れの中にいるからだ。

 

 その流れの中では、嫉妬や怒りや苦渋、

 あるいは戦いといったものが存在する余地はない。

 

 あなたが喜びの状態にあるとき、

 誰かを憎んだり、責めたてたり、傷つけたりするのは難しい。

 

 

 あなたが幸せで喜びあふれる状態にあるとき、

 あなたはあらゆるものの中に見える神を愛しているのである。

 

 

 

 

 喜びという高揚した状態にあるとき、

 あなたは自分のまわりにあるあらゆるものと調和している。

 

 

 あなたが生命とともに喜びの状態にあるとき、

 後悔したり、不安や恐れや怒りを感じたり、

 不足を感じたりすることはない。

 

 喜びの状態にあるとき、あなたは満たされ、

 完全な状態となり、生命と叡智と創造性が、

 まるで巨大な河のようにあなたの内面から流れ出してくる。

 

 

 喜びの状態にあるとき、あなたは内側から鼓舞され、

 最大の偉大さ、そしてさまざまなフィーリングの深みへと

 達することができるのだ。

 

 

 

 

 喜びの状態にあるとき、人生は、

 壮大な夜明けのように情熱的で、強烈なものとなる。

 

 

 すなわち人生は、この上なく美しいバラ色の空と、

 燃えるような赤に染まった雲とともに、

 鳥たちが木々の上で歌うすばらしい夜明けのような状態となる。

 

 喜びとともにあれば、

 あなたは年老いることをやめ、永遠に生きるようになる。

 

 というのも、人生はもはや単調でつらいものではなく、

 さらに多くを求めたくなるような驚くべき冒険となるからだ。

 

 喜びが目に見えるとき、

 あなたは内面にある自己の王国とひとつになっている。

 

 

 そのような状態にあるとき、

 あなたはユートピアを見つけたことになるのだ。

 

 

 

 

 喜びにあふれた状態になるためには、

 どうすればいいのだろうか?

 

 

 もし自分が望むのであれば、自分の人生のあらゆる瞬間が、

 喜びを表現するための自由と機会を

 自分に与えてくれているのだと知ることによってである。

 

 そして、幸せや喜びや神から自分を切り離すに値するものなど、

 何ひとつないのだと知ることによってである。

 

 実際にそんなものは何もないのだ。

 

 そして、自分自身を完璧に愛しつくすことによってである。

 

 

 自分を愛するとき、

 あなたは神を愛していることになるからだ。

 

 

     ———————『ラムサ ホワイトブック』より

 

 

 

 

 

「喜び」とは、

特別な状態ではなく、当たり前の在り方です。

 

 

なぜなら、私たちの本質が「神」だから。

 

 

日常に埋もれて自分の本質を忘れそうになったら、

時々立ち止まって、このことを思い出してみてください。

 

 

 

 

私たち一人ひとりが「神」です。

 

 


| 1/58PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode