ライト

 

「自分を充電式のライトボールのようにイメージして、

 そのライトをいかに輝かせるかを考える」

 

 

アニータ・ムアジャーニさんが仰っていた言葉です。

 

 

 

あなたが苦しんでいる時、

心配したり自己否定をしている時、

ライトは暗くなっています。

 

暗い未来を想像している時、

誰かや何かを批判している時、

誰かや何かのために自分を犠牲にしている時、

 

バッテリーはどんどん減っていきます。

 

 

それとは反対に、喜んでいる時、

安心して落ち着いている時、

自分の中に愛や力強さを感じている時、

 

子どもや動物に愛情を感じている時、

(どうやって実現するかは脇に置いて)

明るい未来を想像してワクワクしている時、

 

好きな服を着ている時、

好きなことをしている時、

自分を受け容れている時、

 

ライトは明るく光っていて、

同時に充電もされています。

 

 

今、自分のライトは光っているか?

 

バッテリーはちゃんと充電できているか?

 

 

外出する前には必ずスマホを充電するように、

仕事に行く前や人と会う前、何かの行動をする前には、

自分自身のバッテリーもしっかり充電しておく。

 

例えば、家や仕事を探す前にも

(それがネットの検索であっても)、

事前に充電しておくことをおすすめします。

 

 

なぜなら、自分のライトが輝いているかどうかが、

これから出会う人や現実に大きな影響を及ぼすからです。

 

 

 

 

ちょうど今日は満月。

 

 

2019年の残り19日も、

自分のライトを輝かせながら生きていきたいと思います。

 

 

 

興味がある方は、アニータさんのこちらの動画もご覧ください。

 

 

 

 


最高の組み合わせ

 

 

 十分な収入が得られる仕事を見つけ、

 得たお金で好きなことをして幸せになろうとするよりも、

 幸せに生きることを「キャリア」にしなさい。

 

 幸せな気分でいることがなによりも重要だと考えれば

 ——そして「生活のために」することが幸せであれば——

 あなたは最高の組み合わせを発見したことになる。

 

 

      —————『お金と引き寄せの法則』より

 

 

 

昨日、10年間を振り返った長い記事を書きましたが、

私が伝えたかったのはこのことです。

 

 

誰もが自分独自の「最高の組み合わせ」を発見して、

その体験を味わい尽くすために、

この物質世界に生まれて来たのだと思います。

 

 

「最高の組み合わせ」は、私にもありました。

 

 

 

 

そして、どんな人にも必ずあります。

 

 

 

 

これを読んでくださっているあなたにも。

 

 


才能の種

 

自分が持っている才能を知る方法は、

 

 

 

 

理由もなくただ「やりたい」と思うことや、

純粋に「好きだ」と感じるものに気づくことです。

 


それらの中に、あなたの「才能の種」が必ずあります。

 

 

 

 

自分の才能の種に気づいていれば、

それを伸ばすチャンスも

活かすチャンスも必ずやって来ます。

 

 

 

 


意識の軽さ

 

「奈良駅を降りたら空気が軽い」

 

「呼吸がしやすい」

 

 

先日、大阪から来られたお客さまが仰っていました。

 

 

 

 

 

奈良に来る人は、観光で

「今を楽しむために行動している人」が大半なので、

都市に比べると人々の意識が軽いんですね。

 

 

もちろん、低い山がすぐそこに見えたり、

自然が近いこともありますが、

 

ここにいる人々が発している「意識」の軽さが、

「空気の軽さ」や「呼吸のしやすさ」に

大きく影響しているのだと思います。

 

 

 

 

都市にいて「空気が重い」とか「息がしずらい」と感じた時は、

近くにある公園などで自然に触れてみてください。

 

 

自然は「ただ在るだけ」です。

 

 

そことつながれば、

自分本来のバランスを取り戻しやすくなります。

 

 

 

 

お時間がある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

社会意識と超意識

 

社会意識と超意識 その2

 

社会意識と超意識 その3

 

 


喜び

 

 

 喜びとは何なのか?

 

 

 喜びとは、何の邪魔も入らない動きの自由のことだ。

 

 それは、何の審判もなく表現する自由だ。

 

 恐れや罪悪感なしに存在する自由のことだ。

 

 喜びとは、あなたが自分自身の視点から

 人生を創造していることを知っている状態である。

 

 それは自己の崇高な動きが許されている状態だ。

 

 

 それが喜びである。

 

 

 

 

 なぜ喜びが、最も偉大な在り方なのだろうか?

 

 

 それは、あなたが喜びの状態にあるとき、

 あなたは神そのものである流れの中にいるからだ。

 

 その流れの中では、嫉妬や怒りや苦渋、

 あるいは戦いといったものが存在する余地はない。

 

 あなたが喜びの状態にあるとき、

 誰かを憎んだり、責めたてたり、傷つけたりするのは難しい。

 

 

 あなたが幸せで喜びあふれる状態にあるとき、

 あなたはあらゆるものの中に見える神を愛しているのである。

 

 

 

 

 喜びという高揚した状態にあるとき、

 あなたは自分のまわりにあるあらゆるものと調和している。

 

 

 あなたが生命とともに喜びの状態にあるとき、

 後悔したり、不安や恐れや怒りを感じたり、

 不足を感じたりすることはない。

 

 喜びの状態にあるとき、あなたは満たされ、

 完全な状態となり、生命と叡智と創造性が、

 まるで巨大な河のようにあなたの内面から流れ出してくる。

 

 

 喜びの状態にあるとき、あなたは内側から鼓舞され、

 最大の偉大さ、そしてさまざまなフィーリングの深みへと

 達することができるのだ。

 

 

 

 

 喜びの状態にあるとき、人生は、

 壮大な夜明けのように情熱的で、強烈なものとなる。

 

 

 すなわち人生は、この上なく美しいバラ色の空と、

 燃えるような赤に染まった雲とともに、

 鳥たちが木々の上で歌うすばらしい夜明けのような状態となる。

 

 喜びとともにあれば、

 あなたは年老いることをやめ、永遠に生きるようになる。

 

 というのも、人生はもはや単調でつらいものではなく、

 さらに多くを求めたくなるような驚くべき冒険となるからだ。

 

 喜びが目に見えるとき、

 あなたは内面にある自己の王国とひとつになっている。

 

 

 そのような状態にあるとき、

 あなたはユートピアを見つけたことになるのだ。

 

 

 

 

 喜びにあふれた状態になるためには、

 どうすればいいのだろうか?

 

 

 もし自分が望むのであれば、自分の人生のあらゆる瞬間が、

 喜びを表現するための自由と機会を

 自分に与えてくれているのだと知ることによってである。

 

 そして、幸せや喜びや神から自分を切り離すに値するものなど、

 何ひとつないのだと知ることによってである。

 

 実際にそんなものは何もないのだ。

 

 そして、自分自身を完璧に愛しつくすことによってである。

 

 

 自分を愛するとき、

 あなたは神を愛していることになるからだ。

 

 

     ———————『ラムサ ホワイトブック』より

 

 

 

 

 

「喜び」とは、

特別な状態ではなく、当たり前の在り方です。

 

 

なぜなら、私たちの本質が「神」だから。

 

 

日常に埋もれて自分の本質を忘れそうになったら、

時々立ち止まって、このことを思い出してみてください。

 

 

 

 

私たち一人ひとりが「神」です。

 

 


答え

 

「今いい気分になるにはどうすればいいか?

 どうやったら今より少しでも気持ちを楽にできるか?」

 

 

仕事柄、色んな悩みに触れることがありますが、

どの問題についても「答え」はこのことに尽きると思います。

 

 

 

 

理想のパートナーと引き寄せの法則』より

 

 

 

 なんらかの物事や状況に関心を集中して

 嫌な気分になるとき、

 嫌な気分になる原因はその物事や状況ではない。

 

 その対象について考えたとき、

 あなたのなかで「波動の分離」が起こるから

 嫌な気分になる。

 

 言い換えれば、

 「源(ソース)」が関心を向けないことに

 あなたが関心を向けることを選んだからである。

 

 あなたのなかの「源(ソース)」が

 嫌な気分になるようなことに関心を向けないのには、

 ちゃんとした理由がある。

 

 「源(ソース)」は

 引き寄せのパワーを理解しているから、

 望まないことの創造を増幅させたくない。

 

 けれどあなたはそれをしてしまい、

 嫌な気分になる。必ず。

 

 

 逆に、情熱や幸せや愛や意欲を感じるなら、

 あなたが選択した思考は

 あなたの大きな部分が没入しているものと同じものだ。

 

 だから、あなたとあなたの「源(ソース)」は分離せず、

 パワーと明晰さと「よいあり方(ウェル・ビーイング)」が

 うまく組み合わされた、

 あるいは協力しあう関係を創造することになる。

 

 

 

 

 「感情というナビゲーションシステム」の理解以上に

 大切なことはない。

 

 自分には重要な波動の視点が二つあることと、

 それが互いにどう関係しているかがわかれば、

 意識的に楽しい「意図的創造」を行う鍵を手に入れられる。

 

 そこがわかっていないと、

 荒れる海に浮かぶ小さなコルクのように、

 波と風に翻弄されてどうしようもなくなる。

 

 

 どんな瞬間でも、あなたがアクセスできる感情は

 実は二つしかない。

 

 今よりもっといい気分になるか、

 あるいはもっと嫌な気分になるかのどちらかだ。

 

 今どこにいて何を見つめているにしても、

 そこで可能ないちばんいい気分になるぞと決意すれば、

 

 「内なる存在」「源(ソース)」、

 そして自分の願望のすべてといい関係を結べる。

 

 そうすれば、あなたの人生はいつでも楽しいものになる。

 

 

 

 

 

今見ているものを見ていて、

自分はどんな気分になっているか?

 

今考えていることを考えていて、

自分はどんな気分になっているか?

 

今話していることを話していて、

自分はどんな気分になっているか?

 

 

いい気分なら、そのまま続けよう。

 

悪い気分なら、見るものを変えよう。

思考や会話の方向を変えよう。

 

 

「今より少しでも気分を良くするためには何をするべきか?」

 

 

自分の人生を創造するために大切なことは、

自分が今どんな気分なのかを知っておくことと、

自分の気分は自分の力で良くできると知っておくことです。

 

 

 

 あなたがいい気分でいること以上に大切なことはありません。

 

 

 

 

 

 

エイブラハムの言葉がイマイチ合わないという方は、

アニータ・ムアジャーニさんの動画をご覧になってみてください。

 

 

臨死体験の後、末期ガンから生還した彼女の言葉は

クリアでシンプル。

 

そして、愛が溢れています。

 

 

※右下の「字幕」をクリックすると日本語字幕が出てきます。

 

 

 

 

 


許し

 

 許しは「わたしは負けた」とか

 「間違っていたのはわたしで、あなたは正しかった」と

 認めることではありません。

 

 誰かの誤った行いを忘れることでもありません。

 

 許しとは、自らの魂を自由にし、

 自分という存在の無限性を理解することなのです。

 

 安らぎに満ちた状態と充実したエネルギーは、

 許しの心を持ちことによって与えられる報酬なのです。

 

 

   ——————『天使と歩むライトワーカーの道』より

 

 

 

 

 

「許し」とは、

恨みや怒りや悲しみの牢獄から、

自分自身を解放するためにおこなうもの。

 

決して、許せない誰かや何かに得をさせて、

許した自分が損をすることにはなりません。

 

損をするどころか、誰かや何かを許す度に、

自由と安らぎという人生最高の宝が手に入ります。

 

 

どうしても許せない時は、

許せない出来事を忘れる時間を積極的に作りましょう。

 

 

 

 

私の場合は、こうやって色んなことを忘れています。

 

 

 

 


答えは湧いてくる

疑問の答えは、考えて考えて

考え抜いた後に出てくるものではなくて、

機嫌良く待っていれば自然に湧いてくるもの。

 

 

「答えは湧いてくる」

 

 

ここ最近、そういうものなんだとよく感じます。

 

 

 

 

 

今日のエイブラハム 日めくりカレンダーも、

(Google翻訳によると)そんな内容でした。

 

 

 

 

 

 Whatever the subject of your desire, there is an orchestration that

 is being taken care of in response to the Wouldn't It Be Nice If …?

 game that you are playing. So whenever you play this game and you

 trust that everything else will come into alignment — it will.

 

 

 

 

 

答えが自然に湧いてくるのと同じように、

宇宙を信頼して待っていれば、私たちの中で生まれた

「もしこうなったら素敵じゃない?」という願望もきっと叶います。

 

 

 

 


私の世界

 

 

「自分の心」を大切にする

今の生き方をはじめて約2年半。

 

 

ここ最近私が感じるのは、

「私たちは同じ世界を生きていない」ということです。

 

 

 

 

「一人ひとりが違う世界を生きている」

 

 

このことをとても強く感じます。

 

 

 

 

 

 あなたが幸せになる唯一の方法は、

 幸せでいようと自分で決意することだ。

 

 他人の幸せの責任を引き受けようとするのは、

 不可能を可能にしようとすることで、

 あなた自身の波動の乱れが大きくなるだけだ。

 

 

    —————『お金と引き寄せの法則』より

 

 

 

私は「私の世界」を大切に今を生きています。

 

 

 

 

そして「私の世界」が幸せで満たされた時にはじめて、

「誰かの世界」の役に立てると思っています。

 

 

 

 


理論と感覚の両立

 

 

先日、占部弦楽器製作所さんへ見学に行った時に、

占部さんがこう仰っていました。

 

 

「私の中にはウクレレについての完璧な物理学がある」

 

 

その上で、ボディの厚みなどは、

使用する木材に合わせて感覚で変えていくそうです。

 

 

 

 

 

 

明確な「理論」の上に立って、

「感覚」を自由に使う。

 

 

ウクレレ作りもオステオパシーも同じだと思いました。

 

 

そして、この「理論と感覚の両立」は、

芸術にもスポーツにも趣味にも

どんな仕事にも欠かせないことですね。

 

 

 

 

占部さん、Poçoさん、

貴重な時間をありがとうございました。

 

 

この日もいい一日でした。

 

 

 

 


| 1/57PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode