気分を味わう

 

「気分を味わう」という行為は、

 

自分が今どこに立っているのかを

地図で確認することと似ています。

 

 

仮に今「悪い気分」だったとしても、

それに目を背けたり見ないフリをすると、

自分が立っている場所がわからなくなります。

 

 

 

 

逆に「いい気分」だったとしても、

それを当たり前のように通り過ぎさせてしまうと、

せっかく明確になった現在地がぼやけてしまいます。

 

 

 

 

「いい気分」も「悪い気分」も、

本当は良くも悪くもないただの「エネルギー」。

 

 

あまり重く捉えずにじっくり味わってあげると、

自分の今がよくわかります。

 

 


呪文

 

先日は、あてもなく歩きました。

 

 

 

 

分かれ道に出合うたび、

「どっちに行きたい?」と自分に聞いて、

その通りの道を選んであげる。

 

 

想像の中で、小5か小6ぐらいの自分と手をつないで、

二人で旅をしているようにゆっくり歩いてみる。

 

 

あの頃の自分の手の大きさや感触、

横で歩いている様子をイメージしながら。

 

 

子どもの自分のペースに合わせてゆっくり歩くと、

自然と「今」にいられます。

 

 

でも目的地へ急ぐと、途端に「今」が消えていく。

 

 

 

 

 

「今ここ」

 

 

 

 

自分が「今」にいないときは、

そう言葉にするだけで「今」に戻れます。

 

 

 

「今ここ」

 

 

 

 

さまよっていた心が、「今」を感じ始める。

 

 

 

「今ここ、今ここ、今ここ」

 

 

 

 

どこにいても「今」に戻れる。

 

 

とても便利な呪文です。

 

 

 

特に、自然を眺めながらこの呪文を唱えると、

自分の中に静かで確かなパワーが戻りますよ。

 

 

 

 


今ここ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生は、過去でも未来でもない。

 

 

人生は、「今ここ」。

 

 

人生は、「今ここ」を味わって生きること。

 

 

 

不安でも悲しみでも絶望でも、

 

 

安心で喜びでも情熱でも、

 

 

どんな「今」でも存分に味わったらいい。

 

 

 

なにかを達成しても、しなくてもいい。

 

 

他人の評価を得ても、得なくてもいい。

 

 

目的地に着いても、着かなくてもいい。

 

 

 

目的地を目指して歩いている「今ここ」を、

存分に味わいながら生きる。

 

 

それが、この人生を生きる意味。

 

 

 

 


視野の違い

 

目の横に手で壁をつくると、視野が狭くなります。

 

 

この状態で見える景色が、「物質次元にいる私」の視野です。

 

 

きっと、こんな感じ。

 

 

 

 

 

でも、壁をつくっていた手を離すと・・・

 

 

先ほどまでは見えていなかった景色(全体像)が見えます。

 

これが、「非物質次元にいる私」の視野です。

 

 

 

 

これはバシャールが言っていた、

「物質次元の視野」と「非物質次元の視野」との違いです。

 

 

とてもわかりやすい例えですね。

 

 

 

物質次元にいる私たちが見ている景色は、

全体像のほんの一部でしかない。

 

 

だから、物質次元の視野で、

悩みや問題の解決策が見えないことでも・・・

 

 

 

 

非物資次元の視野で全体像を眺めると、

問題の解決策やそこへ向かうための道筋もよく見える。

 

 

 

 

 

物資次元にいる私たちがその景色を見ることはできませんが、

「それがある」と信じることはできます。

 

 

「私が見て感じているのは、

 この世界のほんの一部だけだ」と。

 

 

信じると、「答え」を待つことができます。

 

 

 

少し前に自殺のニュースが続きました。

 

 

「自殺をしたあの人たちは、今頃どうなっているんでしょうか?」

 

 

あるお客さまから聞かれました。

 

 

「多分、向こうで目覚めて、

 『あぁ〜、しまったぁ!』と、思っていると思いますよ」

 

 

 

「もう死ぬしか道はない」と思って命を絶ったはずなのに、

死んだはずの自分が「存在している」ことに気づく。

 

 

そして、全体像が見える「非物質次元の目」で

当時の自分がいた世界を見たら、そこにちゃんと解決策もあった。

 

 

「あっちゃ〜、やってしもたぁ!(汗)」

 

 

私なら確実にそうなります。

 

 

 

「もうアカン、終わりや」

 

 

「どうしたらええかわからん」

 

 

「先が見えない」

 

 

こういう時は必ずこの視野で見ています。

 

 

まずはそのことに気づくといいですね。

 

 

そして気づいたら、アレコレ考えるのも

行動するのもやめて立ち止まる。

 

 

立ち止まって、今の自分の気持ちも状態も否定せず、

どんな自分でいるのも自分に許可し続ける。

 

 

それをベースにやり続けてから、

ちょっとずつ感情の階段を登っていく。

 

 

私なら問題だと思っていることを見ずに、

何か別のもので気持ちをホッとさせたり、

余裕があれば気が楽になる考え方を探します。

 

あとは何かに夢中になったり、走ったり、

ストレッチや体操をしたり、何もかも忘れて昼寝をします。

 

 

やがて感情が「安心」に近づいてくると、

「このままでもええか(笑)」と思えてきたり、

 

インスピレーションが湧いたり、

自分に必要な情報や人に出会ったりします。

 

 

行動するのはその後で充分です。

 

 

物質次元で生きる私たちが、

非物質次元の視野に近づく方法。

 

 

それは、非物質次元にいる私の本体、

「ソース(ハイヤーセルフ)」と波動を合わせること。

 

 

つまり「いい気分」になることです。

 

 

「気分を整えて整えて・・・

 答えを待っていることすら忘れて整え続ける」

 

 

長々と書いて、今日言いたかったのはこれでした。

 

 

 

そして、答えはソースがちゃんと知っているから、

焦って死なずに、ゆっくりと気長に待ちましょう。

 

 

だって私たちは、

死んでも死なない永遠の存在ですから。

 

 


本当はどうしたい?

 

「何の制約もなかったら、今本当はどうしたい?」

 

 

「今自由に何をしてもいいんだったら、本当は何をしたい?」

 

 

 

今朝、これを自分に聞いてみたら、

すぐに答えが湧いてきました。

 

 

「お風呂に浸かりたい!」

 

 

 

 

いつも朝はシャワーだけなんですが、

お湯に入っているところを想像したら身も心も緩みました。

 

 

ただ、これを想像している時は

文鳥のニコちゃん・ふくちゃんのケージを掃除中だったので、

今すぐ実践するのは心に抵抗が生まれます。

 

 

 

「え〜っと、心に抵抗が生まれない道筋は・・・

 

 このままケージの掃除と餌の用意をして、

 チベット体操はお風呂の後に。

 

 いやいや、お風呂の後だと汗が止まらないから、

 チベット体操は先にしよう。

 

 あと、今日はゴミの日だから先にゴミも出して、

 それからゆっくりお風呂に入ろう。

 

 いつものコーヒーを飲む時間はなくなるけど、どうだろう?

 

 うん。今日はコーヒーよりお風呂の方がいいな」

 

 

 

・・・という思考を経て、

 

 

その通りの行動の後にゆっくりお風呂に入りました。

 

 

お風呂から上がると身も心もビックリするほど緩んで、

昨日から続いていた鼻炎まですっかりおさまりました。

 

 

 

 

「今本当はどうしたい?」

 

    ↓

 

「お風呂に浸かりたい」

 

    ↓

 

「じゃあ、心に抵抗が生まれない道筋でお風呂に入ろう」

 

    ↓

 

「(実際に入って)あぁ〜、気持ちええなぁ」

 

 

 

これは本当に小さな小さな出来事ですが、

立派な「望みの実現」です。

 

 

 

そして、お風呂の中で思いました。

 

 

「これって『成功体験』やん!」

 

 

そうなんです。

 

 

たったこれだけで、

「私の望みが現実になった」という「成功体験」なんです。

 

 

 

 

「今本当はどうしたい?」

 

 

自分に聞いて感じて、自分の正直な望みを知る。

 

心に抵抗が生まれない範囲で、

その望みを行動に移してあげる。

 

 

 

「今本当は何をしたい?」

 

 

1日の中で思い出す度に聞いてあげてください。

 

 

もしも行動に移さなかったとしても、

自分の正直を知るだけで大きな価値があります。

 

 

 

 

お時間がある方はこの動画もご覧ください。

 

 

 

 


サンプル

 

「サンプル」・・・見本、標本。

 

 

実際に「サンプル」を見ると、

「望み」の詳細が明確になっていきます。

 

 

「これはアリやな」

 

「あれはイマイチ」

 

「あそこはもっとこういうのがええな」

 

 

やがてドンピシャのサンプルに出会うと、

心が「踊って」教えてくれます。

 

 

「これや〜!!」と。

 

 

心踊るサンプルに出会ったら、

後は機嫌良く待つだけ。

 

 

そうすると、現実化しやすくなります。

 

 

 

 

今から約11年前、整体院を開業をする時の話です。

 

 

私が「日本家屋で整体院をしよう」と思ったのは、

奈良の朱鯨亭さんへ見学に行ったのがきっかけでした。

 

 

町家の和室で施術をされている様子を

何度も見学しているうちに、

 

 

「こういう家で開業したい!」

 

 

という明確な望みが生まれました。

 

 

その後、開業する決意が固まり不動産屋へ行くも、

好みの物件は出てきませんでした。

 

 

その足で別の不動産屋へ行ってもダメ。

 

また別の不動産屋へ行ってもダメ。

 

インターネットで調べてもいいのが出てこない。

 

 

実際にならまち周辺を歩いて回ったり、

 

食事に入ったお店で

「近所に空き家ってありませんかねぇ?」

なんて聞いてみたりもしましたが、成果はなし。

 

 

「どないしよ?」

 

「一軒家は諦めてマンションにしよか?」

 

「また別の不動産屋探す?」

 

 

夫婦で話し合っても答えが出ない。

 

 

「これは動いてもしゃあない。待とう」

 

 

諦め半分でそう決めました。

 

 

 

 

それからしばらくして、

一番親身になってくれた担当の方から電話がありました。

 

 

「山田さん好みの物件、出ましたよ!」

 

 

翌日見に行くと、玄関入ってすぐに心が決まりした。

 

 

「ここや!」

 

 

それが今の家です。

 

 

 

当時はエイブラハムの教えも何も知らなかったので、

完全にまぐれ当たりですが、私の大きな成功体験です(笑)

 

 

最初は行動!行動!でもがきましたが、

途中で「こらアカンわ」と、諦めたのが良かったですね。

 

 

 

 

もしも何かをしたいという望みが生まれたら、

サンプルを見ることをオススメします。

 

 

お店をしたいなら、自分好みのお店へ実際に足を運んでみる。

 

例えば、整体院なら、

目当ての先生のところへ友人や家族と一緒に行って、

実際に施術をしている所を見せてもらうと、

とてもいいサンプルになります。

 

病気なら、実際に治った人に会ったり、

そういう人が書いた本を読むのもいいですね。

 

 

サンプルを見て望みの詳細が明確になってきたら、

後は焦らず、気分を整えながら待つだけです。

 

 

望みが現実になる前の「今」をちゃんと生きて、

なんだったら現実化を忘れるぐらいで生きていると、

必ずおもしろいことが起こりますよ。

 

 


ソースの視点

 

 皆さんの出自である、見えない世界の「ソース」は、

 いつでも皆さんを明るい目で見守っていますし、

 皆さんを愛していますし、

 

 「すべてであるもの」の拡大・成長に

 皆さんが果たしている重要な役割を高く評価しています。

 

 

 「ソース」はいつも皆さんを高く評価していますし、

 皆さんさえその気になれば、その高い評価が

 皆さんを毛布のように温かく包んでくれます。

 

 

    —————『引き寄せの法則 瞑想CDブック』より

 

 

 

 

 

私たちの本質である「ソース」は、

いつでも私たちを高く評価している。

 

 

行動していなくても、

 

成功していなくても、

 

失敗していても、

 

借金していても、

 

間違いを犯していても、

 

上手くやれていても、上手くやれていなくても。

 

 

どんな私でも、ソースはずっと変わらず愛し続けている。

 

 

現実が嫌になったり、自分を否定しそうになったら、

このことを思い出してみてください。

 

 

どんな状態の私にも、

無条件で100点をくれるソースのことを。

 

 

あと、普段の何でもない時に思い出してみるのもいいですね。

 

 

静かで確かな力が湧いてきます。

 

 

 

 

「ソースの視点」「ハイヤーセルフの視点」

「神の視点」で見るのは、人や物事ではなくまず自分です。

 

 

自分のことを「ソースの目」で見てみる。

 

 

「・・・あぁ、そっかぁ。

 

 今のこんな私でもソースは愛してくれてるんや。

 

 100点くれてるんや」

 

 

これをちゃんと味わってから、

色んなものを見て、判断して、

選択や行動をすればいいと思います。

 

 

エイブラハムが言う

「温かい毛布に包まれている」イメージもいいですね。

 

胸がちょっと温かくなったらソースとつながっている証です。

 

 

そういうモードで「私」が存在できている時は、

自然に「ソースの視点」になっていると思います。

 

 

 

 

ただ、このことを知っていても知っていなくても、

ソースは私たちのことを無条件で愛しています。

 

 


他人への批判が自分を制限する鎖になる

 

「Happyさんって、今どうしてるんかな?」

 

 

ふと思って、数日前に検索してみたら、

ネットの世界に戻って再び大活躍されていました。

 

 

さすが。

 

 

 

YouTubeにあったこの動画がとても良かったので、

興味がある方はご覧ください。

 

 

 

 

「他人への批判は、自分を縛る鎖になる」

 

 

動画を観るとこれがとても腑に落ちます。

 

 

 

 

ネガティブな感情の中には

必ず「気づきの種」があるんですが、

 

自分の中に湧いてきたネガティブな感情って、

普通はあまり直視したくないんです。

 

 

・・・汚いし、理想の自分と程遠いから。

 

 

でも、「これって、どういうことだろう?」

「何に引っかかってるんだろう?」と、

 

ニュートラルな気持ちで自分の中を掘ってみると、

ちゃんと「気づきの種」が出てきます。

 

 

文字通り、全ての答えは自分の中にあるんです。

 

 

そして、それを活かすと、

今まで以上に身軽な自分になれます。

 

 

 

 

自分の中のネガティブな感情を、

観察者の視点で1個1個丁寧に拾える彼女は、

本当に凄いなぁと思いました。

 

 


存在と物質現実について

 

今日は、「存在」と「物質現実」について、

『BASHAR(バシャール)2017』からご紹介します。

 

 

 

 

 

 あなたは存在しています。

 

 

 これが最初の法則です。(←法則については後ほど)

 

 

 あなたは存在することをやめることはできません。

 「存在の形態を変える」ことしかできません。

 あなたが存在しなくなる、ということは不可能です。

 

 したがって、本当に死んでしまうことは決してできません。

 

 なぜなら、定義上でも

 「存在していない状態で存在する」ことができないからです。

 

 [※存在しなくなること自体が不可能]

 

 

 この原則を理解するのはとても大切です。

 

 「存在していない状態」の本質的な性質は、

 それ自体が存在していないということです。

 

 「存在していない」こと自体が存在できないのであれば、

 

 今存在しているのなら、

 あなたが存在しなくなるのは不可能だ、ということです。

 

 

 あなたの存在は「永久」なのです。

 

 姿形が変わっても(亡くなった後も)、

 あなたという存在の根本的な部分、

 

 「あなたの自己認識」

 「あなたの見方・考え方」は、永久です。

 

 

 これは「物質現実が幻想である」

 ということの証明でもあります。

 

 

 なぜかというと、物質現実においては、

 時間の経過とともに、モノが解体していき、

 無くなります。

 

 モノが解体し消滅するという事実が、

 物質次元は現実ではなく、

 幻想であることを証明しています。

 

 モノが消えてなくなる、

 死んでしまうということ自体、

 

 モノが永久ではないということ自体が、

 この「物質現実が幻想であるということの証明」なのです。

 

 [※存在するものは不滅なので、

  無くなる世界は幻想である、という意味]

 

 

 

バシャールが言う「宇宙の法則」は5つあります。

 

以下は『バシャール × ナオキマンショー』からの引用です。

 

 

 

 

 

 1番目は、「あなたが存在している」ということ。

 

 これに関しては、何があっても

 この事実を変えることはできません。

 だからこれは1つの法則なのです。

 

 2番目は、「すべてのものは今、ここにある」

 ということです。

 

 3番目は、「ひとつのものはすべてであり、

 すべてのものはひとつである」ということです。

 

 4番目は、「与えたものを受け取る」ということ。

 

 5番目は、「これらの法則以外のものは、

 すべてが変化する」ということです。

 

 

 これが、不変の法則です。

 

 

 

 

 

私たちは死んでも死なない。

 

 

寿命や病気や事故や自殺で死んで、

この物質次元から消えたように見えても、

実は、非物資次元や別の次元で「私」は存在し続ける。

 

 

永遠に。

 

 

そして、モノが永久ではないこの物質次元は幻想である。

 

 

大いなる幻想。

 

 

大いなるゲーム。

 

 

昔の私は、自己嫌悪や自己犠牲やトラブルや不満という幻想を

よく自分で創造していましたが、

 

今の私は、自己肯定や自己愛や平和や満足という幻想を

よく自分で創造しています。

 

 

 

 

「辛いのも苦しいのも、不安なのも悲しいのも、

 病気なのも不幸なのも失敗したのも、

 本当は全部自分が創った幻想。

 

 めっちゃリアルやけど、実はゲーム。

 だから、本当は何の問題もない。

 

 幻想なんやから、もう少し気楽に生きてみよかなぁ・・・」

 

 

そんなことを思って、

今日は久しぶりに長々と書いて見ました。

 

 

 

しつこいようですが、私たちは死んでも死にません。

 

 

だから、色んな意味で自分を殺すのはやめましょう。

 

 


祈り

 

 

高次元からガイドとサポートをしてくださっているみなさま、

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

今日も愛とつながれますように。

 

 

愛の目で見られますように。

 

 

愛の耳で聴けますように。

 

 

愛の感覚で感じられますように。

 

 

愛の言葉を語れますように。

 

 

愛の仕事をおこなえますように。

 

 

 

 

今日も1日よろしくお願いします。

 

 

 

 


| 1/62PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode