さよならピャーコ

別れは、
突然やってくるものですね。


1月27日の朝。


自転車で出勤するウチの奥さんを見送りに、
我が家のスズメ、ピャーコと一緒に玄関へ。

「いってらっしゃい!」

いつもならそこで終わりのはずなのに、
なぜかその日はピャーコと外まで見送りに出ようと思いました。

私の手のひらの上で、
落ち着きなく外の世界を見廻すピャーコ。

やがて奥さんの自転車に驚いたのか、
体を細くした途端に羽ばたきました。

私の手のひらを離れ、
私たちの頭上より少し上、
2mぐらいの高さで少し東へ飛んだかと思うと、
いきなり西へ向かって凄い早さで飛び立っていきました。

(あぁ・・・もうあんなに飛べるんや)

呆然と立ちすくむ私たちを振り返りもせず、
前へ前へと飛び続けるピャーコ。

屋根を越え、
電線を越え、
見る見るスピードと高さを上げて南へ曲がり、
やがて私たちの視界が及ばないずっと先へと消えていきました。

我に返って追いかけましたが、
初動が遅れた私たちには
ピャーコを見つけることは叶いませんでした。

 

くるまる







 

ピャーコと私

最近、私の頭の上に乗ってくるピャーコさん。





随分と羽ばたけるようになりました。


「ピャピャピャ!」という声を上げて、
「バサバサバサ!」っと私の頭上へ着地。

しばらく経つとまた、
「ピャピャピャ!」という声を上げて、
「バサバサバサ!」っと下に落ちて行きます。


頭の中が余計な思いで一杯の時には、
このピャーコの「ピャピャピャ!」に助けられます。





ピャーコさまさまです。




 

寝て、伸びて













 

おーい!

「・・・ん?」




「おい」




「おい!」




「おーい!」




「おーい!!」




実際にはただ口を開けているだけなのですが、
誰かを呼んでいる様に見えるピャーコさんでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   12月の整体体操の日程は、こちらをご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ザザザ!!






♪〜 ザザザ!!







ザザザザザ!!

♪〜 ♪〜





・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   12月の整体体操の日程は、こちらをご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

うまうま!



バサバサ!




ごはん、うまうま!




ゴクゴク!




水、うまうま!


・・・いや、あの、




薬はちょっと。

 

今日の風景

浮見堂の近所の鹿さん達。



動物病院で出会った、
グリーンイグアナのみどりちゃん。






みどりちゃんVSピャーコ







 

ある日の風景














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   10月の整体体操の日程は、こちらをご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

生きてます

今日来られたお客さまから、

「スズメちゃん・・・生きてて良かったです」

と言われました。


一昨日の日記の最後の写真。

どうやら、あの安らかな寝顔が、
彼(彼女?)の死を連想させてしまったようです(苦笑)。

ご安心ください。

スズメさんは元気にしておりますよ。


「ピー!ピー!」と鳴くので、
最初の頃は「ピーちゃん!」とか「ピーコ!」と呼んでいましたが、
最近は「ピー」が「ピャー」に聞こえるので、
「ピャーちゃん!」とか「ピャーコ!」と呼んでいます。


いつもエサを入れている「ごますり」の丼。

鳥はどこでも関係なくウンチをするので、
丼の中もピャーのウンチで汚れてきます。

先日、水でキレイに洗いました。

洗った丼を窓の近くでしばらく乾かしていると、
それを知らずにお腹を空かせたピャーが
「バサバサ!」といつも通り中に入ります。

・・・が、エサが無い。

「え?なんで?エサ無いの?」

丼の中を不思議そうに歩き回った挙げ句、
諦めたように「バサバサ!」と羽ばたいて丼の外に出る。

その様子をしばらく見ていると、
納得がいかないのか「バサバサ!」と再び丼の中へ。


「え?なんで?なんで?」


(いやいや、2回入ってもあるわけないやん)






2回入る姿が、
なんとも間抜けで愛らしくて、
やられました。

写真はその時の様子です。

この子のおかげで、
毎日が更に楽しくなりました。


ピャー、ありがとう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   10月の整体体操の日程は、こちらをご覧ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



| 1/2PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)
子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
高橋 和巳
ショッキングなタイトルの本ですが、深く心に響く良書です。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

おすすめ

3 ON FREE
3 ON FREE (JUGEMレビュー »)
JAM&COOL
『星のカケラ』『想い夜空』『素敵なメロディー』名曲揃いのアルバムです。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode