脱!ガリガリ!

 

今年の9月に弟の結婚式に出席した時のこと。

 

 

「五郎さん、えらい痩せましたね」

 

 

7〜8年ぶりに会った弟の友人から言われました。

 

 

私的には「そうかなぁ?」という感じなんですが、

別の機会で久しぶりに会った知人からも

「痩せたなぁ」と言われることがありました。

 

 

「やっぱり、肉を食わへんからとちゃうか?」

 

 

確かに、そうかもしれません。

 

お肉を食べなくなって約10年。

 

私の場合は全く太らなくなりました。

 

だからといって、身体を大きくするために

お肉を食べるというのは自分の生き方に合いません。

 

 

 

ウチの奥さんにも聞いてみました。

 

 

「そんなに痩せてるかなぁ?」

 

 

「うん。ガリガリやで」

 

 

「・・・え!そうなん!?

 

 (テレビに出ている細身の俳優さんを指差し)

 

 まさか、この人よりも?」

 

 

「うん。ガリガリやで」

 

 

「マジか!?(汗)」

 

 

 

そんなわけで、少し身体を鍛えることにしました。

 

 

「脱!ガリガリ!」です(笑)

 

 

 

「さて、何をして鍛えようか?」

 

 

スポーツジムへ通うのは多分続かないし、

ただ筋肉をつけるために筋トレするのも面白くないし、

飽きた時に困るから運動器具も買いたくない。

 

 

「う〜む。何がいいやろ?」

 

 

しばらく考えていたら、

ボクシングをしていた頃の体型が

一番自分好みだったことを思い出しました。

 

サンドバックでフック系のパンチをガンガン打つと、

背中全体が大きくなるんですね。

 

 

「でも、ボクシングジムへ通うのもちょっと違うなぁ。

 

 自宅にサンドバックでもあれば。

 

 いやいや。

 

 そもそも取り付けられへんし、

 あったらあったで近所迷惑になるから無理やしなぁ」

 

 

サンドバックを打つ時みたいに、

身体に負荷がかる状態でパンチを打てれば・・・

 

 

 「そうか!

 

  重りを持ってシャドーボクシングをしたらええんや!」

 

 

そう決意して、軽いダンベルを2つ買いました。

 

 

 

 

100均のダイソーさんで一つ108円の計216円。

 

この値段なら、飽きてやめたとしても全く後悔しないでしょう。

 

 

ちなみにこのダンベル、

商品のタグに「約1キロ」と書かれていただけあって、

量ってみると本当に「約1キロ」でした。

 

しかも、それぞれに違う「約1キロ」(笑)

 

 

 

 

 

 

ダンベルを使うシャドーボクシングは10分程度。

 

 

オーソドックススタイル(左足が前で右足が後ろ)と

サウスポースタイル(右足が前で左足が後ろ)の両方の構え方で、

ストレート、フック、アッパー、

ボディへのフック・アッパーを丁寧に繰り返す。

 

それぞれの動きとダンベルの重さに身体が馴染んできたら、

色んなコンビネーションに発展させていく。

 

身体が火照ってほどほどに息が上がってきたらダンベルを置き、

同じコンビネーションを短く繰り返す。

 

ダンベルの重さから解放された途端、パンチが格段に速くなる。

 

これが結構気持ちいいんです。

 

現役でやっていた頃より今の方が、

フォームもハンドスピードも良くなっているように感じています。

 

 

これでだいたい10分。

 

 

少し物足りないぐらいのこの長さがちょうどいいようで、

9月の後半から12月10日の現在までほぼ毎日続いています。

 

たったこれだけの運動でも身体が少しずつ大きくなってきました。

 

 

ただ、「脱!ガリガリ!」ではじめたこのシャドーボクシングですが、

今は体型を変えることよりも、パンチの質を良くすることや

運動自体の爽快感を得ることが目的になっています。

 

やはり私の心と身体には、

適度に息が上がるぐらいの運動が合っているようです。

 

 

ダンベルを持ってシャドーボクシング。

 

体型を変えたい方には結構おすすめですよ。

 

 


ここ最近のあれこれ

 

wonder ワンダー君は太陽

 

 

映画館で観ようと思っていたら、

すでに公開が終わっていて観られなかった作品。

 

 

先週、DVDで観ました。

 

 

 

 

「心が洗われる」ってよくいいますが、

本当にそういう気持ちになりました。

 

 

いい映画でした。

 

 

 

 

数日前から、英語の動画でウクレレを練習しています。

 

 

たまたまYouTubeで、

Cynthia Linさんという女性のレッスン動画を見つけ、

 

試しに再生してみると、コードの進行やその押さえ方、

右手の使い方など説明がとても丁寧でした。

 

 

使っているウクレレの音もいいし、

何よりも彼女の歌声が素晴らしい!

 

 

今は『Moon River』と

『Fly Me to the Moon』を練習中です。

 

 

 

 

 

そして一番驚いたのが、

英語がわからない私にも内容が理解できることです。

 

(もちろん、「なんとなく」ですよ)

 

 

この動画でウクレレを練習したら、

少しは英語がわかるようになるかもしれません。

 

 

やはり、「楽しいこと」と「勉強」を

上手くミックスするのが上達のコツですね。

 

 

 

 

最後に、昨日湧いてきた言葉です。

 

 

 喜びや充実感を求める行為の中に

 喜びや充実感があれば、
 その行為は喜びや充実感につながる。

 

 

 喜びや充実感を求める行為の中に

 喜びや充実感がなければ、
 その行為は喜びや充実感にはつながらない。

 

 


ある日の風景

 

 

 

 

 

 

 


お猿さん

 

昨日、たまたま猿回しを見ました。

 

 

場所は下御門商店街

 

 

 

 

 

 

 

神戸モンキーズ劇場から来たわかばちゃんの芸に、

観客みんなが大盛り上がりでした。

 

 

 

 

 

お猿さんもかわいいですね。

 

 

 

 


字の練習

ここのところかなり字が乱れてきたので、

数年ぶりに字の練習をしています。

 

 

 

 

美しい見本の字を見ながら書いていると、

自分の字の乱れの理由がよくわかります。

 

 

 

 

縦線も横線も曲線も書いていて落ち着きがない。

 

いつも適当に「シャッ!」と誤魔化して書いているから、

線にスジが通っていない。

 

だから、ゆっくり書けない。

 

 

これはスポーツでも音楽でもダンスでも整体でも何でも同じで、

その人の身体の使い方にスジが通っていたら、

スローで自分の動きを表現できたり説明ができます。

 

逆に、自分の中でスジが通っていなくて

いつも誤魔化してやっていたら、

スローでは表現できなくなる。

 

 

「よし。時々こうやって整えていこう」

 

 

なんて思いつつ、またサボってしまいそうですが(汗)

 

 

 

 

心もこれと同じですね。

 

 

望まない現実に反応して

自分の心を乱れるままに任せておくと、

乱れている状態が当たり前になってしまいます。

 

 

乱れたら、その都度自分で整える。

 

 

気分がホッとする方へ思考を転換したり、

好きなものを見たり触れたり、

何かに熱中したり、好みの現実を妄想したり、

心を躍らせながら望みを書き出したり・・・。

 

 

誰かに機嫌を取ってもらおうなんて、

虫のいいことは考えない。

 

自分の心は自分でなおす。

 

 

 

 

そういうことを日々自分でやっていけば、

心を整えるのがどんどん上手くなります。

 

 

字が上手くなるのと同じですね。

 

 

ただし、やり続けないとまた乱れてくる。

 

 

これまた字と同じ(笑)

 

 

そして、このことには終わりも完成もありません。

 

 

自分が望めば、永遠に成長し続けることができる。

 

 

 

 

この人生って、素晴らしいなぁと思います。

 

 


高山→富山 その2

朝市でリンゴを堪能した後は、

朝8時台のバスに乗って富山へ。

 

途中、バスは白川郷で停車。

 

10分休憩の間に大急ぎで写真を撮りに行きました。

 

 

 

 

 

そして、富山駅に到着。

 

 

あいにくの雨でした。

 

 

 

 

小腹が空いたので、駅近くの「立山そば」さんで

白エビ天ぷら蕎麦を注文。

 

 

 

 

これも当たりでした。

 

 

食べている間に雨が止んだので、

富山市役所の展望台へ。

 

 

 

 

それでもまだ時間があったので30分だけカラオケへ。

 

熱唱してスッキリ!

 

 

 

そして、今回の旅のメイン。

 

 

 

 

弟の結婚式の会場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんにちは、友よ。

 

 わたしたちは共同創造者としてここにいる。

 

 結婚して関係を結ぶにあたって、

 わたしは二人が考えられるすべての面で

 満たされることを期待する。

 

 わたしは自分が何者で、

 あなたが何者であるかを発見したいと願う。

 

 だがもっと大切なのは、

 わたしが幸せであって、だからこそあなたにも

 幸せのインスピレーションを与えられることだ。

 

 

 わたしはあなたの人生の責任を負うことはしない。

 

 わたしの人生はわたしの責任だ。

 

 そしてこれから

 楽しい人生を過ごすことを楽しみにしている。

 

 この生涯をともに歩むことで、わたしたちは究極的に

 あらゆる前向きの経験をすることができるだろう。

 

 それをすることが、わたしの意志だから。

 

 二人が楽しいときを過ごしている間は、

 ともにいよう。

 

 そして楽しいときを過ごせなくなったら、

 ——気持ちのうえで、あるいは実際に——離れていよう。

 

 ネガティブさがわたしたちを分かつまで。

 

 

(エイブラハムが提案する完璧な「パートナー」の誓い)

 

 

   ————『理想のパートナーと引き寄せの法則』より

 

 

 

 

 

ちえこさん、たかし、結婚おめでとう!!

 

 

ふたりのおかげで、いい旅ができました。

 

 


高山→富山

16日と17日は高山市と富山市へ行ってきました。

 

16日の夕方に飛騨高山に入り、

ずっと行きたかったサウンドガーデンさんへ。

 

 

 

 

私が仕事着にしている白いシャツは、

ここのオーナーさんがデザインしたものがほとんどです。

 

いつもこの方のブログを読むと、

服作りに対するこだわりや情熱など共感するところが多々あって、

いつかお会いしたいなぁと思っていました。

 

 

そして今回、やっと念願が叶いました。

 

 

・・・で、また白いシャツを買いました(笑)

 

 

 

夜は飲み屋街をぶらぶら散歩。

 

 

この日は一人で居酒屋さんに入る気分にならなかったので、

お蕎麦屋さんで夕食をとることにしました。

 

 

 

 

注文したのは、炊き込みご飯と冷たいおろし蕎麦。

 

 

 

 

 

私的には大満足でした。

 

 

 

翌朝は早起きして高山名物の朝市へ。

 

 

 

 

 

 

「なんか爽やかなものが食べたいなぁ」

 

 

と探していると、果物屋さんで、

食べやすい大きさに切られたリンゴが

袋詰めにして売られていました。

 

リンゴ1個分ぐらいの量で、価格は100円。

 

 

「!!」

 

 

一口食べてその美味さに驚きました。

 

 

リンゴを食べながら朝市の端まで歩き、

戻る足で同じお店でもう一袋購入。

 

 

「やっぱり美味い!」

 

 

こんなに美味しいリンゴに出会ったのは初めてかもしれません。

 

 

「もう一袋買っても良かったなぁ・・・」

 

 

ちなみに、今日(18日)岐阜から来られたお客さまに聞いたところ、

高山のリンゴは特別に美味しいそうです。

 

あと桃も。

 

 

 

最後の写真は、鍛冶橋にある「足長像」と「手長像」。

 

 

 

 

 

この旅の日記は次につづきます。

 

 

 

 


停電

今日の朝9時頃〜11時頃まで、

我が家の周辺は停電でした。

 

停電自体何年ぶりだろう?という感じですが、

こんなに長時間の停電は初めてでした。

 

 

「ネットで調べよ」

 

 

と、ノートパソコンを立ち上げるも、

インターネットがつながらない。

 

 

「あれ?・・・そうか!

 Wi-Fiのルーターの電源も切れてんのか」

 

 

私はスマホを持っていないので、

こうなったらもうお手上げです(涙)

 

 

通りに出ると、近所の人の姿がチラホラ。

 

やっぱりこういう時は、外に出て確認してしまうもんですね。

 

 

「停電してるのはウチだけか?」って。

 

 

ウチだけじゃなくて安心しました(笑)

 

 

 

午前中来られたお客さまに

「停電なんで、エアコンつかなくてすいません」と言いつつ、

「なんで謝ってんねやろ?」と苦笑い。

 

 

幸い、今日は朝から涼しかったので、

エアコンも扇風機もなしで過ごせました。

 

 

いつもはトラックや車がよく通る家の前の道も、

日曜日の今日は静かです。

 

 

音楽もない静かな部屋。

 

 

窓からは涼しい風と鳥の声。

 

 

停電のことは忘れて、

静かな空間で、静かな施術がおこなえました。

 

 

 

 

仕事の後、電気が無事に復旧しているのを確認して一安心。

 

 

関西電力のホームページで確認すると、

我が家の付近だけ2時間近くも停電していました。

 

 

 

停電は困りますが、

こういうことがあって初めて

電気のありがたみがわかりますね。

 

 


保冷剤

今年の夏は暑いですね〜。

 

最近の私の散歩のお供は、

日傘と保冷剤です。

 

いつもこれくらいの大きさの保冷剤を

ハンカチに包んで持って外出します。

 

 

 

 

おもしろいもので、

保冷剤を片手に持っているだけで

全身が感じる暑さがグンと和らぎます。

 

 

環境にもよりますが、

保冷剤がもつのはだいたい1時間ぐらい。

 

勤務先に冷蔵庫があれば、通勤にも使えますね。

 

出社時に溶けた保冷剤を会社で凍らせておけば、

帰り道も涼しくいられます。

 

 

あと、保冷剤は文鳥の温度管理にも使えますよ。

 

伊藤美代子さん著の『文鳥の救急箱 100問100答』によると、

室温が33℃くらいまでなら文鳥は安全だそうです。

 

この本の中には保冷剤をクーラーがわりに使う方法が書かれていて、

私も少し涼しい午前中に外出する時には、

ケージの上に大き目の保冷剤をタオルにくるんで置いています。

 

ケージの中に手を入れると、保冷剤の真下はひんやり。

 

さすがに日中の猛暑時にはエアコンをつけて外出しますが、

1時間ぐらいの外出なら保冷剤があれば安心ですね。

 

 

 

 

 

暑い夏を工夫しながら乗り切りましょう。

 

 


ジーパン

先日、ジーパンを買いました。

 

程よくダメージ加工がされていて、

シルエットが太めで、

くるぶしぐらいの丈のジーパン。

 

色もデザインも好みで、おまけに日本製。

値段もかなりお手頃で納得の買い物でした。

 

 

 

 

 

 

この猛暑にジーパンはどうかなぁ・・・と思いきや、

 

外を歩いてみると、意外に涼しい!

 

 

厚いデニム生地が太いシルエットを崩さないから、

肌とジーパンとの間に常に空間があるし、

短めの足元からは風が入ってくる。

 

 

歩いていると下半身全体に風が通ります。

 

 

「好きな服を快適に着られる」

 

 

この仕事をするようになってから

めっきり履かなくたったジーパンですが、

このジーパンを履いて気分が「イヒ!」と上がりました。

 

 

 

ジーパンと言えば・・・。

 

 

今から20年ぐらい前はビンテージブームでした。

 

 

ビンテージのジーパンやジージャンが、

古着屋さんで超高値で売られていました。

 

 

「え?これ?10万円?」

 

「まじか?あれが50万円?」とか。

 

 

ジーパンにそんなお金は出せる人は僅かでしょうし、

ビンテージの数も限られています。

 

そこで、当時と似た製法で作られた新品のレプリカジーンズを買って、

カッコよく「縦落ちさせる」というのが流行りました。

 

 

自分でジーパンを「育てる」感じです。

 

 

ファッション雑誌にも特集記事がよくありました。

 

 

「どうやって縦落ちさせるか」

 

「どのレプリカブランドが人気か」

 

 

みたいな記事です。

 

 

かく言う私もジーパンにはまった一人で、

真っさらのレプリカジーンズを買って「育てて」いました。

 

 

買ってすぐのジーパンは濃紺で、生地もゴワゴワ。

 

それをまず洗濯して乾燥機にかけて目一杯縮ませる。

 

 

その後はひたすら履く。

 

 

今の状態は好みではない濃紺のジーパンをひたすら履き続けたら、

ビンテージみたいなカッコいい縦落ちになると期待して・・・。

 

 

ジーパンは元々作業着。

ビンテージや古着がカッコよく縦落ちしているのは、

当時の人が作業着として履きまくっていたから。

 

 

スーツで仕事をしていた私はそういう環境にはなかったので、

私服になれる週末には必ずジーパンを履いていました。

 

履いている時間を増やすために、

ジーパンを履いて寝たりもしました。

 

 

縦落ちのためには、我慢、我慢。

 

 

洗濯し過ぎると全体的にのペーっと薄くなるから、

なるべくなら洗わない。

 

洗う時も水洗いがベター。

洗濯洗剤には蛍光漂白剤が入っているから。

 

 

しょっちゅう履くけど、「ちゃんと洗わない」という。

 

 

・・・当然臭いです(笑)

 

 

 

馴染んでくるまではゴワゴワして履き心地も悪い。

 

縦落ちしていないから、色や見た目が好みじゃない。

 

丈も普通なので夏に履くと暑い。

 

そして、まあまあ臭い。

 

 

でもこのジーパンをカッコよく縦落ちさせたいから、

多少のことは我慢して履く。

 

 

 

1年ぐらい経って徐々に縦落ちしてきても、

ビンテージのカッコいい風合いと比べて不満に思う。

 

 

「もっとカッコよくならんかなぁ・・・」

 

 

好みのジーパンに育てるために不快感を我慢したり、

他のカッコいいジーパンと比べて自分のを不満に思ったり。

 

カッコよく縦落ちした「未来」ばかりを期待して、

「今」のジーパンの状態にずっと満足しない。

 

 

 

このジーパンを履き続けて何年か経ちました。

 

生地というのは適度に洗わないと弱ってくるんですね。

 

いい感じの色になってきた頃には、

あらゆるところが破れはじめました。

 

 

修理屋さんで「たたいてもらう」と破れは直りますが、

「たたいた」ところは生地が硬くなって履き心地が悪くなる。

 

そして、履き続けていると、

硬くなった生地の周囲に負担がかかって、

今度はそこが破れてくる。

 

 

また、たたいてもらう。

 

 

また破れる。

 

 

この繰り返し。

 

 

結局、縦落ちになった「未来」を楽しめたのはほんの束の間で、

たたきまくって履き心地が悪くなったジーパンだけが残りました。

 

 

 

これって、「生き方」にも似ていますね。

 

 

「今を犠牲にして、我慢して

 苦労して努力した先に喜びや成功がある」

 

 

・・・みたいな生き方。

 

 

たかがジーパンで大袈裟な話と思われるかもしれませんが、

当時の私にはそういう思考パターンがあったと思います。

 

 

 

20年以上前に買って育てたジーパン。

 

今はほぼ履いていませんが、

なんだか当時の自分が愛おしいので捨てずに持っています。

 

 

 

 

 

 

今の私には、「今の状態」を楽しめる服の方がしっくりきます。

 

 

そんなに好きじゃない色のジーパンを我慢して履いたり、

縦落ちのためにゴワゴワのジーパンを寝る時まで履いたり、

臭いのに洗わないというのは・・・もう無理ですね(笑)

 

 

いつでも「今」の自分に心地いいものを身にまとって、

いつでも「今」を気分よく生きたいから。

 

 

色んな過去の自分を経て、

今の生き方の好みはそうなりました。

 

 


| 1/36PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode