土曜日の風景

9日(金)の夜は赤坂のホテルに宿泊。

 

翌10日(土)の早朝にホテルを出て、

今回の旅の目的地である渋谷まで徒歩で向かいました。

 

 

朝の清々しい空気。

 

知らない街の知らない道。

 

心が自然にウキウキし始めました。

 

 

通り道にあった乃木神社。

 

ここの狛犬さんの前脚の長さに驚きました。

 

 

 

 

青山墓地を通り抜け、

まだ動き出す前の青山の街を歩く。

 

40分ぐらいの徒歩の旅の終点、

渋谷へ着く頃には少し汗ばんでいました。

 

渋谷で今回の目的を済ませたら、

後はぶらぶら観光しました。

 

 

明治神宮へ。

 

 

 

 

 

 

渋谷のスクランブル交差点や、

原宿竹下通りの様子は、

まるでテレビを観ているようでした。

 

 

渋谷の鳩さん。

 

 

 

 

「動物の様子をしばらく見ていると、

 何を考えているかわかるよ」

 

 

友人の言葉に従って、

この鳩さんの様子をじっと見つめる。

 

何を考えているのかまではわかりませんでしたが、

お店のテントの上から人間観察をしているのだけは

しっかり伝わりました。

 

知性を感じる鳩さんでした。

 

 

今回の短い東京旅は、とても良い収穫がありました。

 

 

またいつか、ゆっくり訪れたいと思います。

 

 


昨日の風景

 

 

 

 

 

最後の写真は、佐川急便さんのトラックに貼ってあった絵。

 

 

 

 

題名は『たこのまほう』。

 

名作でした。

 

 


トリバカ 3

 

 

 

 

 


トリバカ

鳥バカの私にぴったりのTシャツと出合いました。

 

 

 

 

ここのところ気候が良いので、

夏を待たずにもう着ています。

 

 

好きな服を着るだけで、いい気分になりますね。

 

 

おかげで今日もご機嫌さんです。

 

 


遅咲きの藤

「この世界の美しいものを見に行こう。

 美しいもの、好きなものを見たい」

 

家から東の方へ歩き出し、

春日大社の参道を歩いていると、

係の方から「遅咲きの藤です」と

萬葉植物園のチラシを渡されました。

 

小銭入れをのぞくと、

ちょうど入場料の500円玉が1枚。

 

 

 

 

植物園に入り、

藤の香りを楽しみながらのんびり散策しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巨木にも惹かれました。

 

 

 

 

 

 

帰り道では、あちこち飛び回る雀をよく見かけました。

 

公園で、路地で、空き地で、

色んな所で近くまで飛んで来てくれる雀さん。

 

大好きな雀をアップで見られて嬉しい限り。

 

 

歩く前に思った通り、

美しいものや好きなものを堪能できたひと時でした。

 

 

 

 


ある日の風景

 

 

 

 


奈良県庁の屋上

ここは最高に見晴らしのいい場所。

 

 

 

先日も一人で景色を楽しんできました。

 

今の気候だと特にいいですね。

 

 

私のおすすめの場所です。

 

 

開放日時などの詳細は、

奈良県のホームページをご覧ください。

 

 


今日の風景

 

 

 

 

 

 

 

 

桜を眺めるだけで、心がホッとしますね。

 

 

最後は、デジカメが怖くて逃げまどうニコちゃんです。

 

 

 

 

 

ええ加減、慣れて欲しいなぁ。

 

 


もうすぐ

 

 

 

佐保川の桜もあと少しで見ごろです。

 

楽しみですね。

 

 


お久しぶりです

「今日こそはブログを書こう」

「明日こそは」と思いつつ日々は過ぎ、

気がつけば2週間も経ってしまいました。

 

いつも見にきてくださっているみなさま、

本当にありがとうございます。

 

 

気候が良くなってくると、

歩く喜びが増しますね。

 

私は相変わらず

ビブラムファイブフィンガーズを履いて歩いています。

 

買い物に用事にと、ほぼ毎日30分から1時間。

長い時は2時間以上歩きます。

 

先日は佐保川沿いをテクテク歩きました。

 

川沿いに沢山のあんどんが並んでいて、

いつも以上に楽しく歩けました。

 

 

『佐保川桜まつり燈火会(とうかえ)』だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の夕方は、3月の半ばにリニューアルオープンした

だんだん』さんへお蕎麦を食べに行ってきました。

 

ウチのお客さまの中にもファンが多いお店です。

 

 

 

 

 

 

この汁差し。特注だそうです。

デザインも蕎麦つゆの切れも良くてイケてました。

 

日本酒でほろ酔いになった後のお蕎麦も美味でした。

 

また、お蕎麦を肴に呑みたいと思います。

 

 

 

ここ最近、意識が少しずつ変化してきました。

 

このことについては、

また近いうちに書きたいと思います。

 

 


| 1/32PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)
子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
高橋 和巳
ショッキングなタイトルの本ですが、深く心に響く良書です。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

おすすめ

3 ON FREE
3 ON FREE (JUGEMレビュー »)
JAM&COOL
『星のカケラ』『想い夜空』『素敵なメロディー』名曲揃いのアルバムです。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode