ウクレレのブリッジ保護に一手間

 

ウチにあるコアロハのウクレレは、

ブリッジの溝に引っ掛けて弦を張るタイプ。

 

 

 

 

ここに結び目をつくった弦を引っ掛けるんですが、

木がすり減って溝が少し広がってきました。

 

 

 

 

特に、向かって左側の4弦の溝幅が広く、

弦を張る時に結び目ごと抜けることもしばしば。

 

 

ネットで検索すると、

こういう時は弦の結び目にビーズをかますと良いらしい。

 

100均でビーズの詰め合わせを買い、

一番薄いビーズを選んでセットしたものの、

 

ボディとブリッジの隙間が2mmしかなく、

そのスペースに「ビーズ+結び目」を入れるのは相当きつい。

 

無理に押し込むと、

ウクレレに傷がつきそうなので断念しました。

 

 

「なんかもっと薄くて使いやすいもの・・・」

 

 

と考えていたら、思い浮かんだのが、

ノートについているプラスチック製の表紙でした。

 

 

早速、使っていないノートの表紙を4×10mmにカットし、

真ん中にキリで穴を開けます。

 

 

 

 

これに弦を通して結び目を作る。

 

 

 

 

そのままブリッジの溝に引っ掛けると、うまくはまりました。

 

 

 

 

これなら弦が抜けることもなさそうです。

 

ついでに、全部の弦にもセットしました。

 

 

 

 

プラスチックなので「もしかしたら音が悪くなるかも?」

とも思いましたが、コアロハは元々音がよく鳴るからか、

私的には今のところ影響は感じていません。

 

 

ただ、音よりもブリッジ溝の劣化の方が気になっていたので、

これで一安心です。

 

 

 

 

最後はウクレレに群がるニコちゃん&ふくちゃんです。

 

 

 

 

 

おふたりとも、すっかりウクレレに慣れました。

 

 

 

 


ダダリオのフロロカーボン弦

 

今のところ一番気に入っているウクレレ弦です。

 

 

『D'Addario(ダダリオ)EJ99SC』

 

 

 

 

フロロカーボンだけど音が柔らかく、弦の太さや感触も好みです。

 

私が持っているハワイアンコアのウクレレとも相性がいいですね。

 

 

ウクレレをはじめてそろそろ1年半。

 

 

数は少ないながらも色んな弦を試した結果、

今の自分に合う弦に出合えてとても満足しています。

 

 


花、くせのうた

 

最近ウクレレで練習している2曲です。

 

 

 

 

 

 

ウクレレをはじめてもうすぐ1年と5ヶ月。

 

 

弾きながら歌うことにも随分慣れてきました。

 

 

「ずっと好きでやり続けられることなら、

 何歳からはじめても成長できる」

 

 

元々このことに一切疑いはありませんが、

本当にそうだと実感しています。

 

 


クリップチューナーとカポタスト

 

ここ最近のお気に入りです。

 

 

 

 

ダダリオのクリップチューナー

(NS Micro Headstock Tuner PW-CT-12)と、

 

同じくダダリオのウクレレ用カポタスト

(NS Ukulele Capo Pro PW-CP-12)。

 

 

クリップチューナーは、

ヘッドの前からはディスプレイが見えない仕組みになっています。

 

 

 

 

プレイヤー側からはこのようにちゃんと見えます。

 

 

 

 

軽くて小さいので、チューナーを着けたままでも演奏できます。

 

ただ、ペグの近くに着けるとペグを回しにくくなるので要注意。

 

 

 

 

カポタストはご覧の通りコンパクトなので、

弦を押さえる時にあまり邪魔になりません。

 

 

 

 

このカポのおかげで、弾き語りのレパートリーが増えました。

 

スガシカオさんの『坂の途中』もその一つです。

 

 

 

 

こういう使いやすい商品があるおかげで、

今まで以上にウクレレを楽しめています。

 

 


ライブ

 

1日(土)の夜は、神戸へ。

 

弟二人のライブを観に行ってきました。

 

 

 

 

 

「二人とも上手いなぁ。凄いなぁ。

 

 大したもんやなぁ」

 

 

と、一人で感心。

 

 

ウクレレをやり出してから、

人の演奏を見る目が随分変わりました。

 

 

「私も近い未来に・・・。

 ここよりもうちょっと静かでゆるい場所がいいかな。

 あと、禁煙の場所がいいなぁ」

 

 

・・・などなど。

 

 

色んな「願望のロケット」が打ち上がった夜でした。

 

 


ココニイルコト

 

ここ数日は、スガシカオさんのこの曲を練習しています。

 

 

 

 

ネットのコード譜では弾き方がよくわからなかったので、

10日ほど前にスガシカオさんのソングブックを購入しました。

 

ギター弾き語り用の楽譜が

67曲収録されている分厚い本です。

 

楽譜は読めないものの、

それを見つつ原曲を聴きつつウクレレを弾いていると、

そこそこカタチになってきました。

 

 

『坂の途中』同様、この曲も大好きな曲で、

「やっぱりいい曲だなぁ」と思いながら練習しています。

 

 

 

少し前の記事に、

アニータ・ムアジャーニさんの動画をご紹介しました。

 

 

「自分を充電式のライトボールだとイメージしてみてください。

 

 人生がいかなる状況にあったとしても、

 自分のバッテリーを充電するものを見つけるのです。

 

 愛を感じている時、楽しいと感じている時、

 パッションに溢れている時、

 あなたのバッテリーは充電されています。

 

 バッテリーが充電されると、

 あなたの光はもっと明るくなります。

 

 

 自分を光の存在として見ることです。

 

 光の存在として見て、こう自問することです。

 

 『私の光は明るく輝いている?』」

 

 

 

歌うことやウクレレを弾くことは、

私のバッテリーを充電する行為です。

 

エイブラハム流に言うと、

「ソースにつながる」「ヴォルテックスに入る」ですね。

 

美味しいごはんも、おやつも、お笑い番組も、昼寝も、

好きなモノを身につけることも、愛や感謝を表現する人と接することも、

コーヒーも、本も、動物も、散歩も、瞑想も、チベット体操も、

 

私を充電して光を増してくれます。

 

 

「ココニイルコト 」

 

 

充電をしている時は、過去でも未来でもなく

「今ここ」を生きている時とも言えますね。

 

 

アニータさんの動画も充電になりますよ。

 

お時間がある方はご覧ください。

 

 

 

 


ウクレレ発表会

 

昨日の午後は整体院をお休みして、

ウクレレの発表会に参加してきました。

 

 

 

 

場所は、大阪中之島にある中央公会堂。

 

 

 

 

実は、ウクレレの発表会に出るのは今回で2度目です。

 

 

昨年は見学だけのつもりが急遽飛び入りで参加することになり、

サザンオールスターズの『慕情』を歌いましたが、

 

普段はそらで弾ける曲なのに、

緊張してコードは間違うは途中何度もアカペラになるはで、

ボロボロの結果でした(汗)

 

心の準備ができていないと、

持っている力の半分も発揮できなくなるものなんですね。

 

そんな自分を知れた良い経験になりました。

 

 

 

今回はスガシカオさんの『坂の途中』を歌いました。

 

 

 

 

声を張りすぎたり、ストロークが雑だったり、

コードを間違えかけたところなんかもありましたが、

まぁ、昨年よりはマシにできたと思います。

 

 

 

帰りは歩きたくなったので、

最寄りの淀屋橋駅をスルーして南へ向かって歩きました。

 

 

 

 

この日は成人の日。

 

 

普段はオンの街がオフになっている空気感がとても心地よく、

リラックスした街の空気を一人楽しみながら歩きました。

 

 

 

 

 

 

 

歩き疲れたところで電車に乗り、

 

会場で飲んだビールのおかげもあって、

電車に揺られてウトウトしながら家に帰りました。

 

 

今年はもうちょっと練習して、

またどこかで気持ち良く歌おうと思います。

 

 


弾き語り

先週末はウクレレを持って大阪へ。

 

とあるバーでおこなわれた『弾き語り会』に

初めて参加してきました。

 

 

 

 

開始時間の少し前に着くと、

参加者はまだ誰も来ていない様子。

 

 

「ひとりで始めちゃってもいいですか?」

 

 

「どうぞどうぞ」とお店のマスター。

 

 

しばらくビールで喉を潤してからチューニング。

 

 

1曲目は、最近練習しているサザンの

『ラチエン通りのシスター』にしました。

 

 

 

 

イントロを弾き始めると、我ながらいい感じ。

そのまま大きなミスもなく最後まで歌えて大満足です。

 

 

その勢いで何曲か歌っていると、

参加者が1人来られましたが、

今日は喉が枯れていて歌えないとのこと。

 

 

「じゃあ、遠慮なく歌ってていいですか?」

 

 

「どうぞどうぞ」と私の横に座る男性。

 

 

また調子に乗って何曲か歌っていると、ガヤガヤと沢山の声。

今度は大人3名と子供3名の参加者です。

 

 

「え?子供も弾き語りするの?」と思っていたら、

彼らはただ親について来ただけの様で、

ピザやポテトを食べながらゲームを楽しんでいました。

 

 

さて、大人は大人でウクレレを弾きながら、

順番に好きな曲を弾いて歌います。

 

私はもう十分に歌ったので(数えてみたら8曲でした)、

聴き役に回りました。

 

 

しばらくすると、

一通り料理を作り終えたマスターもギターで参加。

 

 

「なんか弾きましょうか?」

 

 

「じゃあ、ミスチルの『サイン』をお願いします」と、

新しく入って来られた男性。

 

 

マスターのギターをバックにその男性が何曲か歌います。

 

 

「めっちゃ贅沢なカラオケですね(笑)」

 

 

・・・なんて話していたら、

「声が合いそうだから」とすすめられた私も、

マッキーの『どんなときも』と『遠く遠く』を歌いました。

 

 

2曲とも普段はまず歌わない曲ですが、

「みんなが知っている曲」って、盛り上がりますね。

 

 

「こういう誰でも知っている曲もレパートリーに入れよう」

 

 

歌いながらそう思いました。

 

 

あと、ウクレレを弾きながら何曲も歌った後だったので、

歌だけに集中できる時の「歌いやすさ」も改めて感じました。

 

 

 

お酒を飲める場所で弾き語りをするというのも私の理想で、

ちょうどいいデビュー戦でした。

 

 

「人前で弾き語りをする」

 

 

夢がひとつ叶った、いい夜でした。

 

 


尼崎の夜空を見上げて

10月のウクレレレッスンは、

槇原敬之さんの『尼崎の夜空を見上げて』と、

SPANOVAの『終わらせてしまえ』の2曲の弾き語りと、

 

サザンオールスターズの

『SEA SIDE WOMAN BLUES』の

イントロ部分の弾き方を教えてもらいました。

 

 

 

 

『尼崎の夜空を見上げて』は、

2006年にリリースされたアルバム

LIFE IN DOWNTOWN』に入っている1曲。

 

 

ちょうどこの2006年の年末に、

私は10年勤めた会社を辞めるのですが、

 

今思えば、このアルバムがリリースされた頃が、

心身ともに一番きつい時期でした。

 

 

自分自身でつくり上げた色んなモノに縛られて

(もちろん当時はそうとは理解していませんでした)、

がんじがらめになって、

自分の人生が不自由で仕方ありませんでした。

 

 

そんな時に聴くマッキーの声は心に沁みました。

 

 

特に『尼崎の夜空を見上げて』と、

アルバム1曲目の『いつでも帰っておいで』には

時々泣かされました。

 

 

それから会社を辞める決心ができて、

随分心が解放されました。

 

 

かつての私のように行き詰まってどうしようもない時は、

一旦終わらせてしまって、別の景色を見るのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

あれから13年。

 

 

 

『尼崎の夜空を見上げて』をウクレレで練習している自分は、

とても自由になったなぁと思います。

 

 

近所のスーパーにて。

 

 

 

 


ウクレレと1年

昨年の9月にウクレレを始めてから、

早いものでもう1年が経ちました。

 

 

先月、家族で集まる機会があって、

その時にウクレレを持って行きました。

 

ずっと音楽をやっている弟から、

「普通に弾けててびっくりした」と褒められて、

かなりいい気分になりました(笑)

 

 

この1年、生活や仕事や人間関係など、

 

色んなことでちょっと考え込みそうになったり、

現実の問題に取り組みそうになったら、

ウクレレを弾いて過ごしました。

 

 

ネットで好きな曲のコード譜を調べたり、

YouTubeでウクレレの動画を観たり、

弾き語りをしている人の演奏を真似てみたり。

 

ネットで弾き方がわからない曲は、

毎月のレッスンで先生に耳コピでコード譜を書いてもらい、

弾き方を教えてもらって、翌日からちょっとずつ練習。

 

 

現実の不安や悩みや問題を考えるよりも、

単純に「弾きたいから」ウクレレを弾いて、

音楽で心を満たしました。

 

 

そうしたら、自然に毎日が平和になりました。

 

 

いい趣味に出会えたなぁと思います。

 

 

 

 

ウクレレと1年過ごしてみて、

下手なりになんとなく弾き語りができるようになった曲は

どれぐらいあるだろうか?

 

 

いい機会なので、練習した順に書き出してみました。

 

 

(敬称略)

 

 

慕情/サザンオールスターズ 

 

防波堤で見た景色/BIGIN

 

ホームにて/中島みゆき

 

Don't Worry Be Happy/Bobby McFerrin

 

Banana Pancakes/Jack Johnson

 

家族の風景/ハナレグミ

 

THANK YOU FOR THE MUSIC/bonobos

 

Don't Know why/Norah Jones

 

SEA SIDE WOMAN BLUES/サザンオールスターズ

 

砂の花/ORIGINAL LOVE

 

パレード/山下達郎

 

遠い街角(The wanderin' street)/桑田佳祐

 

MERRY X'MAS IN SUMMER/KUWATA BAND

 

am08:59/Rickie-G

 

愛する女性とのすれ違い/サザンオールスターズ

 

空に星が綺麗/斉藤和義

 

One Day/Matisyahu

 

ありふれた言葉/ハナレグミ(ROCKING TIMEのカバー)

 

 

 

今はこの2曲を練習中です。

 

 

 

 

 

これ以外にも、まだちゃんと弾けていない曲も、

これから弾いてみたい曲も沢山あって、

 

ウクレレとのお付き合いは、まだまだ長くなりそうです。

 

 

 

 


| 1/10PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode