Banana Pancakes

 

 

『Banana Pancakes』 Jack Johnson

 

 

In Between Dreams』というアルバムに収録されている曲。

 

 

この曲は以前から好きでしたが、今聴くと更にいいです。

 

 

以前はこの歌が言っていることの意味が

ちゃんとわかってなかったんですね。

 

 

下記のサイトに歌詞の和訳があります。

 

http://www.nextenglish.net/banana-pancakes-jack-johnson

 

 

この曲をウクレレで弾き語りできたら

最高に気持ちいいだろうなぁ。

 

 

・・・と妄想中です。

 

 


ガズレレのガズさん

 

簡単ウクレレ教室ガズレレ』のガズさん。

 

 

この方の動画は本当にわかりやすいです。

 

 

 

 

私のように、ウクレレで弾き語りがしたい方には

特にオススメです。

 

 

もちろん、音楽の専門知識がなくても全く問題ありません。

 

 

「ノリ」だけでいけます。

 

 

「チャ!」を入れた8ビートは、

この動画を何度も観て反復練習しました。

 

 

 

 

今は16ビートを練習中です。

 

 

 

 

 

 

ウクレレをはじめようという方は、

ガズさんのYouTube完全ガイドをどうぞ。

 

 

https://gazzlele.com/youtube/

 

 

ウクレレはじめてもうすぐ2カ月。

 

 

ウクレレのおかげで、

今まで以上に毎日が楽しくなりました。

 

 


秦基博さんの『花』。

 

いい歌です。

 

 

 

 

歌詞を見ながら歌ったら、涙が出ました。

 

 


ウクレレ、その後

この間の日記にも書いた通り、

現在サザンオールスターズの『慕情』を練習中です。

 

練習する度に少しずつ上手く弾けるようになり、

そうなると楽しいもので、

時間があればウクレレに手を伸ばしています。

 

そうやってほぼ毎日練習していたら、

下手なりにもぼちぼち弾けるようになってきました。

 

 

ちなみに『慕情』はこんな曲。

 

桑田さんの『慕情』とはちょっと雰囲気は違いますが、

桜井和寿さんが歌っている動画です。

 

 

 

 

ただ、1曲だけをずっと弾き続けていると、

さすがに飽きてくるものですね。

 

同じようなテンポで弾けそうな曲がないかなぁと考えていると、

中島みゆきさんの『ホームにて』が頭に浮かびました。

 

 

手島葵さんのカバーです。

 

 

 

 

早速ネットでギターのコード譜を検索し、

これまたネットで画像検索したウクレレのコード表と見比べながら、

歌詞とコードをノートに書く。

 

分数コードなどの難しいコードは

ウクレレでどう押さえていいのか全くわからないので、

知っている簡単なコードを弾きながらなんとなく置き換える。

 

 

歌いながら通しで弾いてみると、

それなりに「弾き語り」になりました。

 

こうなってくると俄然楽しくなってきます。

 

 

同じように、BEGINの『防波堤で見た景色』も

ギターのコードをウクレレに置き換えてやってみると、

それなりに「弾き語り」になりました。

 

 

 

 

カラオケも楽しいけど、

自分で演奏して歌うはその何倍も楽しいですね。

 

 

音楽っていいなぁと思います。

 

 

ヴォルテックスに入るツールがまた増えました。

 

 


慕情

先週、ウクレレのレッスンを受けてきました。

 

今回で2回目のレッスンです。

 

まずは、先月に習った『涙のキッス』を

講師の先生にチェックしてもらいます。

 

 

「8ビートの『チャ!』の手をもっと速く動かすと、

 切れのある演奏になりますよ」

 

 

とアドバイスをいただき、それを受けてしばらく練習。

 

 

「で、次に何かやりたい曲はありますか?」

 

 

「え?もう次ですか?・・・じゃあ、

 同じくサザンの『慕情』という曲をやりたいです」 

 

 

「『慕情』?どんな曲かなぁ?」

 

 

先生はスマホで動画を検索し、

しばらく聴き入った後、

紙にサラサラっとコード進行を書く。

 

 

「よし、こんな感じかな」

 

 

「早っ!もうできたんですか?」

 

 

「山田さん、合わせてみましょか。

 ちょっと歌ってみて」

 

 

「はい。

 

 ♪夢の〜中で交わしたキッスは〜」

 

 

そのままサビまで合わせると、

『慕情』の世界観とバッチリ合ったウクレレ演奏。

 

こういう上手い演奏をバックに歌うと、

カラオケの何倍も気持ちいいんですね。

 

この短時間で知らない曲をここまで仕上げるなんて、

「さすがプロやなぁ」と感心しました。

 

 

「すごい!こんなんできたら最高ですね!」

 

 

「じゃあ、次はこれを練習しましょか」

 

 

「・・・マジっすか?(汗)」

 

 

 

コードの数が前回の倍以上になり、

小指以外の4本指で弾くアルペジオも難しいんですが、

『慕情』はずっとやりたかった曲。

 

 

今年の夏にエントリーしたカラオケ世界大会の

東京本選でも歌おうと思っていた曲です。

 

(・・・が、結果はあえなく大阪予選で落選)

 

 

 

その時サラサラっと書いてもらったコード進行がこれ。

 

 

 

 

レッスンから1週間が経ち、

時間があればウクレレを弾いています。

 

好きな曲だから、弾いていておもしろいんですね。

 

下手は下手なりに毎日練習していると

少しずつ形になってきました。

 

 

私にとっての『慕情』は、カラオケじゃなくて、

自分が演奏して歌う曲だったんだなぁと今は感じています。

 

 

いつか人前で気持ちよく弾き語りができる日を楽しみに、

今日もお家で♪ポロンポロン弾いています。

 

 


ウクレレはじめました

 

 

最近、ウクレレをはじめました。

 

 

9月の終わりにレッスンへ行き、

そこで初めてウクレレを弾きました。

 

 

ギターは15年ほど前にやって数ヶ月で断念したのですが、

ウクレレは弾いてみた感触でなんとかなりそうな気がしました。

 

 

現在、講師の先生が作ってくださった簡易バージョンのコード進行で、

サザンオールスターズの『涙のキッス』を練習中です。

 

 

歌いながら弾くって、結構難しいもんですね。

 

 

アルペジオだと指がしどろもどろ。

 

「チャ!」を入れた8ビートだと、

右手のリズムに引っ張られて歌のテンポがガタガタ。

 

 

 

いつか気持ち良く弾き語りができたら・・・

 

いつかオリジナルの曲を作って歌えたら・・・

 

 

願望の達成はまだ先のようです。

 

 

とりあえず、飽きるまでは続けてみようと思います。

 

 


エリカ・バドゥ

Erykah Badu: NPR Music Tiny Desk Concert

 

 

しばらく見ない間に随分見かけが変わったんですが、

やっぱり彼女の歌が好きです。

 

 

なんだったら泣けちゃうくらい好きです。

 

 

エリカ・バドゥさん。

 

 

完全に彼女のリズムと間に合わせて

バンドに演奏させるところも大好きです。

 

 

私もいつかこういう歌を歌える人になりたいと思いました。

 

 


NOW YOU KNOW BETTER

 

 Now here you are a little older than before

 you really been through it and

 you might go through some more

 but if there's one precious thing you've learned,

 it's that you can't  just take what is given,

 cuz now you know better 'bout   

 

 loving, cheatin, people leaving

 dying, living, losin and forgiving

 growin, sayin no and, being who you are

 

 Now you, now you, now you know better

 

 

 今ここにいるのは、少し歳を取ったあなた

 いろんなことを経験してきたし、

 これからだってまだまだいろんなことを経験するはず

 

 でもあなたが学んだ大切なことがひとつあるとすれば

 それは与えられるものは何でも受け入れられないということ

 

 だって今ではよくわかっているのだから

 

 愛することや、だますこと、人が別れること

 死ぬことや、生きること、失うことや、許すこと

 成長することや、ノーと言うこと、

 

 そしてあるがままの自分でいることについて

 

 今ではあなたは、今のあなたは、うんとよくわかっている

 

 

 

2000年に発売された

MONDO GROSSO のアルバム『MG4』に入っている、

『NOW YOU KNOW BETTER』という歌の一節です。

 

Amel Larrieux(アメール・ラリュー)の歌声が素晴らしくて、

久しぶりに聴いたら涙が出ました。

 

YouTubeに動画がなかったので

このブログには貼り付けられませんが、

下記のサイトで観られます。

 

よければご覧ください。

 

http://www.nicozon.net/watch/sm2785929

 

 

ついでにアルバムの最後の曲、

『1974ーWAY HOMEー』も。

 

この曲を聴くと、

心の奥にある懐かしい部分をくすぐられました。

 

https://www.dailymotion.com/video/x8r5t5

 

 

 

 

久しぶりにこのアルバムを聴きながら

ドライブをしたくなりました。

 

 


音楽

先月末にbonobosのライブを観に行ってから、

これまでよりも音楽を聴くようになりました。

 

ここ最近気に入っているのは、Robert Glasper。

 

夜のドライブに合いそうな曲です。

 

アルバム『Black Radio』と『Black Radio 2』から。

 

 

Afro Blue(Feat. Erykah Badu)

 

 

声帯から届いた音を、

優しい蜜で包みこんでから声にする。

 

そんなエリカ・バドゥの歌が好きです。

 

 

レディシの声もまたいいですね。

 

 

Gonna Be Alright(Feat. Ladisi)

 

 

レイラ・ハサウェイも。

 

 

Cherish The Day(Feat. Lalah Hathaway)

 

 

そして、ノラ・ジョーンズも。

 

 

Let It Ride(Feat. Norah Jones)

 

 

流れる景色と音楽との相性は抜群ですが、

今は車を持っていないので、家でボケ〜っと聴いています。

 

 

何もしないで家で聴く音楽。

 

 

これもなかなかいいもんです。

 

 


bonobos

 

「なんか最近、この曲ばっかり頭の中に流れるなぁ」

 

っていう時がありますね。

 

 

ひと月ぐらい前の数日間、

私の頭の中に流れていたのはこの曲でした。

 

 

 

 つまらないことを ずっと言ってやるのさ

 

 くだらないことを 死ぬまで側で

 

 いつだって間違ったことを言ってやるのさ

 

 あなたの寝顔に手を合わせながら

 

 つまらないことさ くだらないことさ

 

 いつだって間違って

 

 でも信じるってそういうもんでしょ

 

 

 

bonobos(ボノボ)の『LOVERS ROCK』という曲。

 

10年以上前に発表されたアルバム

electlyric』に収録されている曲なんですが、

普段はほとんど頭に浮かんでこないし、

口ずさむこともない曲です。

 

でもなぜかその数日間(特に朝)、

『LOVERS ROCK』ばかりが頭の中に流れていました。

 

 

 

5月の後半になって、

ビルボードライブ大阪からメールマガジンが届きました。

 

内容は主に、新規の公演を知らせるものです。

 

いつもはほとんど内容を読まないのに、

その時は最後まで目を通していました。

 

 

「 ! 」

 

 

ここまで読んだらもうお気づきですね。

 

 

そう。

 

bonobosの名前があったんです。

 

 

『electlyric』以降10数年のbonobosを全く知らないので、

ビルボードライブの特集ページを読んで、

そこに貼ってあるYouTube動画を観ました。

 

 

そしたら一気にやられました。

 

私にとっては、その多くが「どストライク」でした。

 

 

『Cruisin' Cruisin'』

 

 

『23区』

 

 

『Gospel In Terminal』

 

 

それからいくつも動画を観ました。

 

観れば観るほど心がウキウキ躍ったので、

その気持ちのままに予約をすることにしました。

 

 

公演日は昨日、5月31日(木)でした。

 

 

 

 

久しぶりのビルボードライブ。

 

 

私は50組目の入場だったのですが、

幸運にも中央に近い1番前のテーブルに座れました。

 

 

 

 

今から10年ほど前だったか。

 

会社員を辞めて道に迷っていた頃に、

ビルボードライブの求人に応募したことがありました。

 

自分がこの先どこへ進んだらいいのかわからない。

全く先が見えなかった時期ですね。

 

料理もできないのに調理スタッフに応募して、

面接を受けて見事にすべりました(笑)

 

 

そんなことを思い出しつつ、ビールをぐびぐび。

 

 

 

そして開演時間。

 

 

メンバーが順にステージに登場し、

音が鳴りはじめた瞬間に身体の中が震えました。

 

 

身体の中からエネルギーが湧いてくる感覚。

 

おしっこをした後に「ぶるっ」とくる感じが、

もっと心地よく全身に行き渡るような感覚。

 

ちょっと大袈裟に言うなら、

ドラゴンボールの孫悟空がスーパーサイヤ人になる時、

全身からエネルギーが「ぶわ〜っ!」と出るような感覚。

 

 

「あぁ、気持ちいいなぁ〜」

 

 

その音が続く先にあったのは、

『LOVERS ROCK』でした。

 

 

ひと月前に感じていたのはこれだったのかと、

一人納得。

 

 

その後もライブを存分に楽しみました。

 

 

やっぱりビルボードライブはいいですね。

 

自分の周りにちゃんとスペースがあるから、

ゆとりを持ってライブを楽しめる。

 

 

 

アンコール。

 

 

最後の曲は『In rainbow, I'm a rainbow too』でした。

 

YouTubeで何度も観て、

ライブでは絶対聴きたいと思っていた曲です。

 

 

 

 

最高に気持ちいい時間でした。

 

自分の中と外にある良質なエネルギーに浸れました。

 

好きなエネルギーとシンクロしていたことにも気づけました。

 

 

この夜の喜びが、未来の自分へのギフトになる。

 

 

このエネルギーの感覚を覚えておいて、

また味わいたいと思います。

 

 

bonobosのみなさん、

素晴らしい音楽をありがとうございました。

 

 


| 1/8PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode