ライト

 

「自分を充電式のライトボールのようにイメージして、

 そのライトをいかに輝かせるかを考える」

 

 

アニータ・ムアジャーニさんが仰っていた言葉です。

 

 

 

あなたが苦しんでいる時、

心配したり自己否定をしている時、

ライトは暗くなっています。

 

暗い未来を想像している時、

誰かや何かを批判している時、

誰かや何かのために自分を犠牲にしている時、

 

バッテリーはどんどん減っていきます。

 

 

それとは反対に、喜んでいる時、

安心して落ち着いている時、

自分の中に愛や力強さを感じている時、

 

子どもや動物に愛情を感じている時、

(どうやって実現するかは脇に置いて)

明るい未来を想像してワクワクしている時、

 

好きな服を着ている時、

好きなことをしている時、

自分を受け容れている時、

 

ライトは明るく光っていて、

同時に充電もされています。

 

 

今、自分のライトは光っているか?

 

バッテリーはちゃんと充電できているか?

 

 

外出する前には必ずスマホを充電するように、

仕事に行く前や人と会う前、何かの行動をする前には、

自分自身のバッテリーもしっかり充電しておく。

 

例えば、家や仕事を探す前にも

(それがネットの検索であっても)、

事前に充電しておくことをおすすめします。

 

 

なぜなら、自分のライトが輝いているかどうかが、

これから出会う人や現実に大きな影響を及ぼすからです。

 

 

 

 

ちょうど今日は満月。

 

 

2019年の残り19日も、

自分のライトを輝かせながら生きていきたいと思います。

 

 

 

興味がある方は、アニータさんのこちらの動画もご覧ください。

 

 

 

 


翼突筋のストレッチ

今回ご紹介するのは、上下のアゴをつないでいる

「翼突筋(よくとつきん)」という筋肉のストレッチです。

 

 

翼突筋は、口の開閉や下アゴを左右に動かす時に働く筋肉。

 

 

この筋肉のストレッチは口の中から行います。

 

まずは手をキレイに洗いましょう。

 

 

 

 

それでは右手の人差し指を、

左の歯の外側からゆっくりと差し込んでください。

 

歯茎や口の粘膜を傷つけないように

優しくおこなってください。

 

 


一番奥の歯よりも少し奥まで指を入れると、

指の背(爪がある側)に筋肉を感じられると思います。

 

感じられたら、

そこで上下の歯を優しく噛み合わせてください。

 

 

そのまま3秒保持。

 

 

これでストレッチ終了です。

 

 

次は左の人差し指を使って、

右側の翼突筋のストレッチをおこないます。

 

筋肉に痛みを感じられた方は、

慣れるまでは軽く噛み合わせるだけにしましょう。

 

 

ストレッチは1回につき、

左右各3秒ずつでOKです。

 

 

 

アゴは、顔の中でも一番と言っていいぐらいよく動かす部位。

 

話す時にも食べる時にもあくびをする時にも動かします。

 

 

それだけに、筋肉の使い方にもクセが出やすいところ。

 

 

日常的にアゴのバランスを整えておくと、

顔全体のバランスも整いやすくなります。

 

 

ちなみに、私はこのストレッチを毎日続けていたら、

ほうれい線が薄くなりました。

 

 

 

 

もちろんアゴの不調にも効果が期待できますよ。

 

 

ストレッチをやってみて心地よく感じられた方は、

歯磨き後の習慣にしてみてください。

 

 

ただし、爪が長い方は無理をしないでくださいね。

 

 


ある日の風景

 

 

 

 

 


最高の組み合わせ

 

 

 十分な収入が得られる仕事を見つけ、

 得たお金で好きなことをして幸せになろうとするよりも、

 幸せに生きることを「キャリア」にしなさい。

 

 幸せな気分でいることがなによりも重要だと考えれば

 ——そして「生活のために」することが幸せであれば——

 あなたは最高の組み合わせを発見したことになる。

 

 

      —————『お金と引き寄せの法則』より

 

 

 

昨日、10年間を振り返った長い記事を書きましたが、

私が伝えたかったのはこのことです。

 

 

誰もが自分独自の「最高の組み合わせ」を発見して、

その体験を味わい尽くすために、

この物質世界に生まれて来たのだと思います。

 

 

「最高の組み合わせ」は、私にもありました。

 

 

 

 

そして、どんな人にも必ずあります。

 

 

 

 

これを読んでくださっているあなたにも。

 

 


10年

2009年の12月1日に

奈良で白樺整体院をオープンして、

今年で丸10年を迎えました。

 

この10年間にお会いした沢山のお客さまに、

心より感謝いたします。

 

そして、このブログを読んでくださっている

まだお会いしたことのないみなさまにも。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

思い起こせば10年前の夏。

 

 

前の年の年末に会社員を辞め、農業を目指すも道が開かず、

施術に慣れるためにとアルバイトで入った整骨院でしたが、

保険治療が自分の理想と合いませんでした。

 

 

「でも、僅かでも収入を得ながら修行する方法は、

 これしかないしなぁ・・・」

 

 

仕方なくバイトを続ける日々でしたが、

ウチの奥さんの一言で目が覚めました。

 

 

「毎日奈良まで整体の見学に通ったらええやん」

 

 

お金の損得を抜きに「自分がどうしたいのか?」を考えたら、

まさにそれが私の理想でした。

 

 

整骨院のアルバイトを半年で辞め、

当時師事していた先生のところへ見学に通うことに。

 

 

2009年7月16日。

 

 

初めて施術を見学した帰り、

奈良公園でノートをまとめながら開業を決意しました。

 

 

 

 

「これは自分にもできる。これがやりたい!」

 

 

この時感じた「静かな高揚感」は、今でも身体に残っています。

 

 

その後も見学に通う日々は続きました。

 

何も隠さず全部見せてくださった先生の懐の深さに、

今でも感謝しています。

 

 

 

そして、11月に兵庫から奈良へ引っ越し、12月1日に開業。

 

 

先生のように「予約が取れない整体院」

 

 

になるかと思いきや・・・

 

 

開業して1年経っても2年経っても、

私の売り上げだけではとても食えない日々が続きました。

 

 

その間も色んな整体のセミナーに出たり、

マーケティングの本を読んだりしましたが、

結果にも繋がらないし自分の心も満足しませんでした。

 

 

 

2012年7月。

 

 

オステオパシー誇張法の勉強会に初めて参加した時、

やっと理想のカタチに出会えました。

 

 

 

 

「こんな凄いことができるようになりたい!」

 

 

この時の驚き、憧れ、ときめきの感覚も

ちゃんと身体に残っています。

 

 

その後、オステオパシー誇張法の

勉強会には毎月必ず通うようになり、

施術方法も少しずつ誇張法に切り替えていきました。

 

 

9月には、東京でおこなわれた誇張法の宿泊セミナーに参加。

 

当時は本当にお金が無かったので、

移動は行きも帰りも夜行バスです。

 

 

「五郎ちゃん、誇張法やってたら絶対食えるから。

 大丈夫だよ」

 

 

セミナーの帰りに大先輩から言われた一言です。

 

 

 

2012年の冬にはその言葉の通りになりました。

 

 

 

2014年からは、

「オステオパシー」そのものを深く学ぶようになり、

 

 

 

 

解剖学や発生学など座学のセミナーや、

海外の先生が講師をするセミナーにも参加しました。

 

夜行バスで東京へ行く回数も増えました。

 

 

その年の12月。

 

 

ベロニク先生とフランソワ先生の2日間のセミナーで、

自分の知覚の変化を感じました。

 

 

 

 

 相手の中にある治す力を知覚する。

 

 熊が子どもを自然に産むように、

 自然なプロセスをただ知覚する。

 

 内在する力を信じる。

 

 術者が何かをするのではない。

 

 それがオステオパシー。

 

 自然から学ぶ。

 

 

この時も「静かな高揚感」を感じました。

 

 

 

2015年のマルク先生の発生学のセミナーで、

頭蓋骨と仙骨との「つながり」の意味をちゃんと知りました。

 

 

 

 

通訳の人も含めて参加者一同「へ〜!ほ〜!」と納得。

 

 

その年の9月には、

解剖実習でマレーシアにも行きました。

 

 

 

2016年。

 

 

アメリカの病院で新生児から老人までを手技で治療をしておられる、

エリザベス先生の内臓マニピュレーションのセミナーで、

また知覚が大きく変化しました。

 

 

 

 

マーガレット先生のセミナーでは、

頭蓋骨の細部の動きと、全身を感じることの理解が深まりました。

 

 

 

 

今私が施術でおこなっている「感じ方」のベースには、

アンリ先生の教えが色濃くあります。

 

 

 

 

 

彼が教えてくれた哲学の授業も、

実際に見せてくれた治療も、私の中に深く残っています。

 

 

 

 

 

2017年。

 

 

この年の1月初旬に出るセミナーの直前に、

人生初の痔になりました。

 

 

「行きたくないなぁ。

 でももうお金払ってるしなぁ・・・」

 

 

こんなに「行きたくない」と思ったことは初めてでしたが、

その思いをグッとこらえて家を出発。

 

痔でトイレに行くのが怖いから、

固形物を食べることはなるべく控えました。

 

身体は痩せ細る一方でしたが、

根が真面目な私はノートもしっかり取り、

解剖学の筆記テストも実技テストも頑張りました。

 

 

そして、7日間のセミナーから帰ると高熱で寝込みました(笑)

 

 

 

このセミナーを最後に、

「誰かから学ぶこと」を一旦やめることにしました。

 

 

 

 

 

その後は、Happyさんの本や動画をきっかけに、

『引き寄せの法則』で有名な『エイブラハムの教え』に再び出会い、

今回はちゃんと実践してみることにしました。

 

 

そうすると、このブログでもよく書いている通り、

自分の「心」や「今の気持ち」を大切にするようになって、

この人生を生きるのが本当に楽になりました。

 

 

そして、今に至ります。

 

 

10年前の自分が今の自分を見たら、

たいそう喜ぶだろうと思います。

 

 

そういう自分になれました。

 

 

 

オステオパシーを含めて施術の仕事には

勉強が必要なのですが、苦しんだらダメですね。

 

いや、ダメというか、苦しんだことよりも、

楽しくてウキウキしてワクワクした内容しか、

本当の意味で自分の中で活きてこないんです。

 

 

あくまでも私の場合はそうでした。

 

 

 

10年は大きな節目なので、

「ちょっと振り返ってみようかな」と書き出したら

とても長くなってしまいました。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

 

11年目の今も、自分の心を大切に、

楽しく穏やかに人生を生きる人でありたいと思います。

 

 


| 1/454PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode