グラウディング

以前の記事にも書きましたが、

散歩中は木に触れることがあります。

 

 

 

 

※以下は、あくまでも私の想像の世界です。

 

 

木を「意識ある存在」として認識すると、

目と目が合うように特定の木に惹かれます。

 

その木の存在を尊重しながら、

ゆっくりと近づく。

 

 

「あ、どうも。

 あの、ちょっと触れてもいいですか」

 

「はい。いいですよ」

 

「じゃあ、よろしくお願いします」

 

 

木からのオッケーサインを感じたら、

両手でそっと触れる。

 

これはエネルギーのやり取りでもなく、

気功とかヒーリングの類いでもなく、

ただ木の存在を感じるだけの時間。

 

木の存在そのものを尊重し、

人の頭蓋や赤ちゃんに触れる時のような感覚で、

ただ優しく触れて待ちます。

 

 

あと、私が心がけているのは以下の6点。

 

 

1)「触れても大丈夫」と感じる木にだけ触れる。

 

2)「私と同様に意識ある神聖な存在である」 

  という認識を、目の前の木に対して持つ。

  それ以外は何の価値判断も持たない。

 

3)自分が楽な体勢で木に触れ、

  感覚がやってくるのを機嫌良く待つ。

 

4)木の外や中が「どうなっているのか」を探らない。

 

5)「何かが起こること」を期待しない。

 

6)自分の手や身体が感じていることを素直に信じる。

  (逆に、何も感じていないことも受け容れる)

 

 

そうしてしばらく待っていると、

木の中の「動き」が手と身体に伝わってきます。

 

木が膨張と収縮を繰り返す動きや、

内部の水の流れを感じることもあるし、

めまいのように全身が揺らされることもあります。

 

根っ子の動きが、足の裏に

「ぐわんぐわん」と伝わってくることもあります。

 

 

それらの動きや感覚を味わうだけの時間です。

 

 

 

 

 

昨日は、買い物帰りに近所の公園を通りかかると、

一本の木に惹かれました。

 

そう、目と目が合った感じです。

 

その木にゆっくりと近寄って、ご挨拶。

 

 

「こんにちは」

 

「どうも」

 

「少しだけ触れますね」

 

「どうぞ、どうぞ」

 

 

いつも通り、両手でそっと触れて待ちます。

 

しばらくすると、私の足から地中へ向かって、

何かがスーッと伸びていく感覚が現れました。

 

意識というかエネルギーというか、

自分の中のそういうものが地中深くへ延々と伸びていく感覚。

 

 

その感覚を感じながら目の前の木へ意識を向けると、

木のエネルギーも私と同様に地中へと向かっている。

 

まるで、地球の核へと向かう「下りのエレベーター」に、

木と一緒に乗っている感じ。

 

 

これは初めての感覚でしたが、

とても心地よい感覚。

 

・・・とは言え、

長い長いエレベーターです。

 

 

「これはいつまで続くのかな?」

 

 

と思いながらも、

事の成り行きを木にまかせていると、

1分ぐらいで降りていく感覚は終了。

 

 

今度は、「上りのエレベーター」になりました。

 

これも下り同様で大変心地よい。

 

 

そして、動きが止まりました。

 

どうやら終点の様です。

 

 

木のエネルギーが根っ子から幹を伝い、

木の全身を満たしていく。

 

それは、末端の枝の方にまで広がっていきます。

 

そして、私のエネルギーが

「木と一緒に自分の中に戻った」と感じた瞬間、

木に触れている両手が「じわ〜っ」と温くなりました。

 

冬で冷たいはずの木が、

不思議なことにとっても温かいんです。

 

 

「へ〜(顔はニヤニヤ)」

 

 

その温かさを十分に堪能してから、

両手をそっと離す。

 

 

手を離した後で今の自分を感じてみると、

心と身体が爽やかに安定していました。

 

 

 

 

 

 

ある本には「自然が最高の教師だ」

と書かれていました。

 

また別の本には「木はあらゆる情報を知っている」

とも書かれていました。

 

 

私が昨日の数分間で学んだことは、

「グラウディング」でした。

 

こんな凄いグラウディングは生まれて初めてで、

この体験をさせてくれた木に心から感謝をしました。

 

 

これからも、自然から学ぶことを続けていきたいと思いました。

 

 


雨の水曜日

 

 

 

雨。

 

雨に煙る山々を眺めていたら、

雨もいいもんだなぁと思いました。

 

 

 

 


マイ奈良 2月号

奈良のタウン誌『マイ奈良』の
2月号に原稿を書きました。

 

 

「セルフ・ストレッチ」という連載の16回目です。

 

 

今回の内容は、「翼突筋(よくとつきん)」という

アゴの筋肉のストレッチです。

 

 

『マイ奈良』は奈良の書店で販売されている他、

奈良の一部地域の朝日新聞購読者にも配布されています。

 

カフェやショップにも置かれていますので、

興味がある方は手に取ってみてください。

 

 

 

 

 

 

・・・余談ですが、

私には本を書きたいという夢があります。

 

自費出版のお誘いは時々いただきますが、

まだ叶っていない夢です。

 

 

でもこのマイ奈良2月号を見て、

 

「それに近いことを

 もう何年も前からやっていたんだなぁ(笑)」と、

 

今更ながら気づいた次第です。

 

 

水が氷になっていくように、

人間が生み出した思考もちゃんと物質化していく。

 

過去に宇宙へ「オーダー」したものは、

自分自身がその実現を疑わない限り、

現実化の方向へちゃんと近づいていくんだ!

 

 

ということに気づけた午後でした。

 

 


生きる道

「私の人生って、このままでいいんですか?」

 

「自分が今感じていることって、これで正解ですか?」

 

「この選択は間違っているのでしょうか?」

 

「私が進むべき本当の道はどこにありますか?」

 

「自分の天職って何でしょう?」

 

「私の今世の目的は何ですか?」

 

「本当の自分って・・・?」

 

 

神仏や、万能感がある誰か

(成功者、メンター、宗教家、霊能者、占い師など)に指示を仰ぎたい。

 

自分が進むべき確固たる道を、誰かに示して欲しい。

 

 

私もかつてはそうでした。

 

そして、色んな存在に「答え」を求めました。

 

 

でもその答えは、全て自分の中にあるんです。

 

 

 

 

 

 

  ————『ラムサ ホワイトブック』より

 

 

 

 あなただけが、自分にとって

 最高の恋人となることができるのだ。

 

 あなただけが、自分にとって最高の友、

 最高の教師となることができるのだ。

 

 あなたに教えをもたらしてくれる声で、

 あなた自身の声よりも偉大なものは

 けっして現れない。

 

 あなたに教えをもたらしてくれる言葉で、

 自分自身が書く言葉よりも偉大なものは

 けっして現れない。

 

 あなた自身の今日の姿こそが、

 あなたがこれまで求めてきた

 あらゆるものに対する答えなのだ。

 

 しかし、どうしてもあなたが、

 自分自身の外側に進むべき道や

 崇拝すべき存在を求めようとするならば、

 

 あなたはけっして、

 本当の意味で神の栄光を見ることはないし、

 知ることもない。

 

 自分自身を通して、そして自分自身への

 愛を宣言することを通してしか、

 自分の神性や、覚醒や、可能性の開花といったものを

 実現することはできない。

 

 あなたの人生に平安と幸せと

 充足感をもたらすただひとつの道は、

 自分自身を崇拝し、愛することである。

 

 なぜなら、それは神を愛することだからだ。

 

 そして、ほかの誰よりも自分自身を愛するのだ。

 

 そうすればあなたは、

 人類全体を受け容れることができる愛と

 ゆるぎのない強さを持つことができるからだ。

 

 

 

今の私は、ラムサのこの言葉が好きです。

 

 

自分が生きる道とは、

 

「今ここに存在しているそのままの自分」を

 

受け容れた時の自分にしかわかりません。

 

 

それは、誰かに教えてもらうものではない。

 

自分の中から湧き出てくる、

「気づき」という経験だけが教えてくれるもの。

 

 

 

「じゃあ、あなたはそれがわかったのか?」

 

 

「はい。

 明日もまた気ままに生きるのが、

 私の生きる道です」

 

 

 

今の答えはそんな感じです。

 

 

あと、この本を読んで、

 

「ラムサのように自由に空を飛びまわりたい」

 

というのが今世の夢のひとつに加わりました(笑)

 

 


現実から目をそらす

ある事柄や人間関係について

良い結果が想像できない時は、

しばらくそこから「目をそらす」といいです。

 

目の前の現実を見て気分が悪くなって、

なかなか気持ちを切り替えられない時は、

別のことで「いい気分」になればいい。

 

「今の感情」が「未来の現実」を創るのですから、

感情を整えるために現実から目をそらすのは

全然アリです。

 

 

私の場合は、好きな本を読みます。

 

こういう時は物語がいいですね。

 

それも楽しくてワクワクするものがいいです。

 

 

昨日は、まだ良い結果が想像できない

個人的な問題について考えて、

しばらくモヤモヤしてしまいました。

 

その時に私が発信していたエネルギーは、

「怒り」「不安」「恐れ」「苦しみ」でした。

 

これらの感情を持ち続けて、

「いい気分」の未来を創造できるはずがありません。

 

 

「これ、考え続けるのや〜めた!」

 

 

そんなわけで、現実から100%目をそらすために、

大好きな『サラとソロモンの友情』を読み直しました。

 

 

 

 

主人公の少女サラとその友人セス、

そして二人を見守る賢いふくろうのソロモン。

 

この物語を読んでいたら、

途中からその問題のことはどうでも良くなって、

心が勝手に元気になりました。

 

そして、本を最後まで読み終わる頃には、

感動してちょっと涙ぐんでいました。

 

 

 

 いい状態のもとで《流れ》につながっていることは、

 いつだってたやすい。

 

 だが、誰よりも優れた創造者は、

 どんなことがあろうと《流れ》につながっていられる。

 

 それが、すぐれた創造者であるゆえんなんだ。

 

 

 あのね、いいときだけの創造者と、

 いつでもの創造者がいるんだ。

 

 いいときだけの創造者になることはたやすい。

 

 すべてが思いどおりに運んでいるときは満足できるが、

 どんな局面でも波動を、いい精神状態を保てるとしたら、

 それこそ真の創造性の表れなんだ。

 

 

 

現実から目をそらす方法は、

マンガでも映画でも音楽でも

スポーツでもペットと遊ぶことでも、

自分が好きなことなら何でもいいんです。

 

要は、目の前の問題を忘れて、

ホッとした気分になったり少しでも元気になれれば、

どんな方法でもいいんです。

 

(ただし、過度の飲酒やドラッグは例外ですよ)

 

 

感情がポジティブな方向へ近づけば、

現実に対する視点が自然に変わって、

問題の解決策や、自分が望む未来をイメージしやすくなります。

 

 

 

 

ちなみに、今朝は今朝で

全然別の件でかなり腹が立ちました。

 

 

「いつも心の話を書いている割には、

 あんたの心しょっちゅう乱れてるなぁ」

 

 

という話ですが・・・そうなんです。

 

問題が起こればジャンジャン乱れます(笑)

 

 

今日はムカつく現実から目をそらして、

仕事の合間にパソコンで映画を観ました。

 

 

園子温監督の『ラブ&ピース』という作品です。

 

 

 

 

観終わった後は「気分爽快!」。

 

私がムカムカした現実は、

映画を観た後も何一つ変わっていませんが、

今はその現実を見ても心は平和なまま。

 

ニコニコと穏やかでいられるようになりました。

 

 

 

目の前の現実を変えることよりも、

今の自分の感情を変えることだけに注力する。

 

どんな方法を使ってでも変える。

 

現実を良く見られない時は、そこから一旦目をそらす。

 

 

この効果は絶大ですよ。

 

 


| 1/389PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

プロフィール

ブログ内検索

リンク

Amazon

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

おすすめ

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫) (JUGEMレビュー »)
エンリケ・バリオス
アミの優しい言葉の全てに、宇宙の真理があふれています。読むたびに新しい発見があり、何度読んでも心に響きます。アミに逢いたいなぁ。

おすすめ

メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道
メッセンジャー―ストロヴォロスの賢者への道 (JUGEMレビュー »)
キリアコス・C. マルキデス
世界一のヒーラーと呼ばれたダスカロスについて書かれた本。最初は用語が難しくて読みにくく感じますが、読み進めていく内にダスカロスの魅力に引き込まれていきます。出来ることなら生前にお会いしたかった。スピリチュアル初心者にも上級者にもおすすめです。

おすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-
ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- (JUGEMレビュー »)
エックハルト・トール
「いまに在る」とは?それを教えてくれる名著です。

おすすめ

シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる
シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ―真実の愛であなたが変わる (JUGEMレビュー »)
トニー オーツセン
人は何の為に生まれて来たのか?死んだらどうなるのか?迷いの中にいた時に出会った本です。シルバーバーチが私の人生観を大きく変えてくれました。白樺の名前はここからいただきました。

おすすめ

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)
子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
高橋 和巳
ショッキングなタイトルの本ですが、深く心に響く良書です。

おすすめ

Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫)
Q&Aこころの子育て―誕生から思春期までの48章 (朝日文庫) (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄
我が子と接することに悩む方、誰かを教育する立場にある方、親との関係に悩む方は手に取ってみてください。きっと肩の荷がおりますよ。

おすすめ

ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD]
ジョゼと虎と魚たち(通常版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

甘くて切なくて悲しくて優しい物語。エンディングで流れる、くるりの『ハイウェイ』が心に沁みます。

コメント

トラックバック

その他

ブログを携帯で読む

qrcode